スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ 一ヶ月お休みします。 

お知らせ     2016年02月18日

一ヶ月お休みします。
これからもブログ見にきてください。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

まなせどうさん [Daily Motion動画]

[Daily Motion動画]



 歴史秘話ヒストリア 2016年1月13日まなせどうさん


歴史秘話ヒストリア 2016年1月13日

歴史秘話ヒストリア 2016年1月13日 投稿者 Japanfilm
公開日: 01/13/2016 45:12

全国の不正選挙協力者の皆さんへ R K's blog 2016/01/26 18:192016/01/26 18:19

Richard Koshimizu's blog


 全国の不正選挙協力者の皆さんへ



画像



人気ブログランキングへ

今までは『ちゃんと報酬は払うし、株のインサイダー情報は流すから』と裏社会から耳打ちされて、びくびくしながらも、内乱罪相当の重大犯罪に加担してこられたと思います。

しかしながら、裏社会さんには、もはやたくさんの扶養家族を養っていく原資がありません。既に報酬は、現金ではなく「約束手形」でしか配られてないのではないですか?

インサイダー情報にしても、市場が「売り一色」になっている今、ちょっとやそっとのGPIF資金投入では、株価は上向きには動きません。ユダヤ金融筋も原油の下落で日本株を買い支えるどころか、売り払って損失補てんに充てています。官製相場で、ちょっと上げてみたところで、すぐに元の木阿弥です。少しでも上がったら売り抜こうと待ち構えていた、運用損を抱えた連中が、一斉に売りに出るので、続落しちゃいます。

ということで、インサイダー情報を貰って特定銘柄を買ってみたら、逆に大損をしたなんて言うことありませんか?

つまりですね。皆さん方の頼りにしている裏社会はもう機能していないんですよ。「近々、大きな戦争を起こすから軍事株を買っておけ」なんて囁かれても信用しないでください。大戦争を引き起こす余力なんてないんですよ。せいぜい、極東か中東で小競り合い程度です。そんなものでは、起死回生のホームランにはならない。

ということで、そろそろ、目先の利益を確保して自分だけ逃亡するモードに入っている内乱罪仲間も出てきていると思いますよ。7月の選挙で不正に加担などしたら、あなただけ損しますよ。不正は全国規模でやらなければならないのに、逃亡者が出たら、選挙結果はハチャメチャになります。

不正ができずに、民意通り、自民大敗の選挙区があちこちに出現したりですね。そうなると、国民は、不正選挙の存在に気づきます。偽票を書いてきた創価学会員から、不正選挙内部告発も出てきやすい状況になると思いますね。

むしろ、今のうちに「まともな国民」の側に席を移動しておかないと....

大衆の怒りの的になりたいですか?

ご無事を祈ります。

リチャード・コシミズでした。


翁長知事の次の挑戦は新党をつくって安倍暴政と戦う事だ 新党憲法9条 2016年1月24日  

天木直人のブログ


 翁長知事の次の挑戦は新党をつくって安倍暴政と戦う事だ 新党憲法9条



 日本の戦後史は対米従属の70年であったが、その対米従属の中でも、際立っているのが米軍による日本支配である。

 その事を私は繰り返し書いてきた。


 その典型が日米合同委員会の存在である。

 日本の主権回復とほぼ同時につくられたこの日米合同委員会は、いまでも国民の見えないところで定期的に開かれ、日米関係を決めている。

 その実態は、米軍による日本支配である。

 そのメンバーを見ればそれがわかる。

 つまり米国側の出席者はすべて米国の軍人であるが、日本側は自衛隊幹部と官僚たちだ。

 しかも実質的に政策をつくる課長クラスだ。

 つまり米軍が日本の官僚(米国は占領当時から、日本は上に行けば行くほど馬鹿で、下に行けば行くほど物事がわかっている事を知っている)と自衛隊を通じて、日本を間接統治しているのだ。

 そしてまたひとつ、その動かぬ証拠が見つかった。

 きょう1月24日の朝日新聞が一面トップでスクープ報道した。

 自衛隊と米軍が2012年、尖閣有事の際の共同軍事作戦を計画していた事がわかったと。

 こう書けば自衛隊と米軍は対等のように聞こえるが、いうまでもなく日本の自衛隊は米軍の指揮・命令下にある。

 米国の命令で日本が尖閣を巡って戦争させられるということだ。

 日中戦争を想定したそのような軍事作戦を研究されていたのだ。

 それが安倍政権下なら、まだ驚きは少ない。

 衝撃的なのは、それが2012年、すなわち野田民主党政権下で行われていたということだ。

 ならば社会党や共産党政権だったらどうか。

 結果は同じだろう。

 なにしろ社会党は村山社会党党首が政権を取ったとたんに、自衛隊と日米安保体制を認めた。

 共産党が政権を取る可能性がないことは、今度の国民連合政権構想が否定された事で明らかだが、それでも共産党までもが連合政権ができるなら日米安保反対は棚上げすると言った。

 これを要するに、米軍による日本支配は、どのような政権になっても変わらない、変われない、ということだ。

 そのような米軍に絶対服従の日本が、いま安倍政権の下で、憲法9条否定いというもっともわかりやすい形で完成しようとしているのである。

 この深刻性を果たしてどれほどの日本国民が知っているだろうか

(了)


フォードの日本撤退報道が見事に暴いたTPP交渉の売国ぶり新党憲法9条 2016年1月27日  

天木直人のブログ



 フォードの日本撤退報道が見事に暴いたTPP交渉の売国ぶり


 フォード社の日本からの完全撤退を報じるきょう1月27日の東京新聞の記事は、今度のTPP交渉の売国ぶりを見事に暴いて見せてくれた。

 さんざん報じられた今度のTPP交渉で、その交渉の中心は日米二国間交渉だった。

 そしてその日米二国間交渉の中でも、メディアがさかんに取り上げた項目は、農産品と並んで米国車の日本市場シェア拡大のための優遇的規制緩和策だった。

 ところが、日本が譲歩して与えた優遇策を盛り込んだTPP協定の発効を待たずして、フォードは日本からの完全撤退を発表した。

 それを知った日本政府の交渉担当者は「交渉の苦労は一体なんだったのか」と徒労感をにじませていると東京新聞は書いている。

 そこまではまだ許せる。

 そんな事も分からずに交渉していたの、と交渉担当者の情報不足を叱ればいいだけだ。

 ところが、日本政府の関係筋は次のようにも語っているというのだ。

 すなわち、米国政府も、米国車の販売不振が日本の規制のせいではないことを分かっていたはずだ、欧州車は順調に輸出を伸ばしており、日本の規制が外国車に不利とはいえないからだ、と。

 そしてさらに次の様に語っているという。

 それでも米国政府が日本に強硬な姿勢を取り続けた背景には、「米国内の議員や業界の理解を得るために強い姿勢を見せ続ける必要があっただろうし、軟化する時に農産品など別の項目で日本から譲歩を引き出す狙いもあっただろう」と。

 ここまでわかっていながら、日本は車もコメ大幅譲歩した。

 まさしくTPP交渉は売国的だったということだ。

 米国の不当な要求を知っていながら、日本の国内産業を犠牲にしてまでも米国の利益実現に協力した。

 それがTPP交渉の正体だったということだ。

 収賄疑惑に関する甘利大臣の発言はウソだらけだが、そのウソを追及して首を取る前に、TPPのウソも白状させなければいけない
 (了)


ソロモン王の栄華は終わった。  R K's blog 2016/01/27 09:14

Richard Koshimizu's blog


 ソロモン王の栄華終わった。



Richard Koshimizu's blog 2016/01/27 09:14
コメント 6

人気ブログランキングへ

 以前、ソロモン・ブラザースという米国の投資銀行がありました。

 現在は、ダビデ・ロックフェラー大王さまのシティ・グループの傘下にあり、ソロモン・スミス・バーニーとして存続していますが、ソロモン・ブランドは消滅してしまっています。

 さて、ソロモンとは、イスラエルのダビデ王の息子であるソロモン王のことを指します。ダビデ王は家臣の嫁に横恋慕して家臣を殺してしまい、二人の間に息子二人をもうけました。その二人目がソロモンです。

  ソロモンは王位につくと、ユーフラテス川からガザまで領土を拡大しました。エルサレム神殿を作ったのもソロモン王です。

 彼は長く王位にあり、イスラエルの繁栄を実現しました。しかし、自分の出身部族であるユダ族を優遇するなどして、他部族の反感を買った、また、重税を課して民衆の負担を増し、享楽に興じて財政を悪化させた。

 ソロモンの死後、ソロモンの政策の矛盾が一気に噴出し、イスラエルは南北に分裂、対立することになった。10氏族による北イスラエル(首都、サマリア)と2部族によるユダ王国(首都、エルサレム)に分かれたのです。そして、北王国はアッシリアにより紀元前722年に滅ぼされ、10氏族の行方は分からなくなった。南王国は、紀元前586年、新バビロニアにより滅ぼされた。そして、バビロニアに連行され、虜囚となった。

 イスラエルはいったん、地球上から消滅したのです。

 紀元前に消滅したイスラエル王国を再現したのが、アドルフ・ロスチャイルド・ヒットラー男爵です。ヒットラーは、ナチスという隠れシ オニスト組織を使って、欧州のユダヤ人を中東に追い出し、戦後、イスラエルを建国させることに成功したのです。ヒットラーは、ユダヤの故国を回復したユダヤ教徒の英雄なのです。

 しかし、それだけでは、シオニストは満足しないのです。21世紀の今、シオニスト・ユダヤ人たちは、ソロモン王の築いた王国の版図を回復し、さらには旧約聖書に記載のあるユーフラテス川からナイル川までの「大イスラエル帝国」を実現しようと企んだのです。

 だから、シリア内戦を惹起してアサド政権を打倒しようと躍起になったのです。

 しかし、救世主、ウラジミール・プーチンはシオニストの姦計を見破り、シリア謀略を粉砕した。大イスラエル計画はとん挫したのです。そして、シオニストの世界経済支配の構造も実質的に崩壊してしまった。

 それどころか、シオニスト陣営は、米ロックフェラー、欧州ロスチャイルドに分裂し、後者は、もはや、プーチン氏に半ば白旗を上げている。前者だけが、敗戦と分かっていながら無駄な抵抗を続けているのです。まるで、紀元前の北王国と南王国の分裂のようです。

 歴史は繰り返します。北も南も、遅かれ早かれ≪消滅≫します。w

 ソロモン・ブラザース&シスターズの皆さん、あなた方の近未来を解説させていただきました。あなた方の未来は、「虜囚」「離散」「行方不明」です。善良なる民を甚振った罪を一生かけて償ってください。

リチャード・コシミズでした


奴隷はなぜ逃げないのか-SMAP独立騒動から (by 石井 孝明)どこえ行く、日本。2016 年 1 月 21 日 

どこえ行く、日本。


 奴隷はなぜ逃げないのか-SMAP独立騒動から (by 石井 孝明)



-国民視聴者をさらに白痴状態に固定化させるための罠なのか。TPPなど最重要政治課題隠しのためなのか。ベッキー不倫騒動すったもんだの後、さらなるスマップ解散騒動でてんやわんやだった。スマップ問題は国会でも取り上げられたらしいが五輪がらみもありけっこう根が深いのらしい。今回の転載文は、スマップ騒動から見えてくるこの国の目に見えない「奴隷制」についての論考である。それは近年サタニズムNWO完成とぴったり歩調を合わせているかに見えるこの国で、ますます顕著になってきていると私は考える。それは他でもない、戦前から続く天皇制ヒエラルキー(これはNWOとタイアップしているのだろう)による階級社会の、大多数国民が追い込まれつつある視えざる奴隷制社会の顕在化であろう。なおお分かりかと思うが奴隷の反対語は「自由」である。そして『引き寄せの法則』のエイブラハム説くところでは、「自由は人生の基盤」なのである。悪政治家&悪官僚群などにより、国民をさらに縛るための膨大な数の悪法が次々に制定され、今や国民は息苦しい(生き苦しい)ほどがんじがらめに管理され「どこに自由がござるのじゃ」という状態である。本来自由であるはずの私たちには、こんな奴隷的拘束状態で生きなければならないいわれなどまったくないのだ。まずはそういう現状であることをよく認識すること、脱却はそこからスタートする。 (大場光太郎・記)-

11258

奴隷はなぜ逃げないのか-SMAP独立騒動から --- 石井 孝明
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/826.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2016 年 1 月 21 日 15:08:00
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160119-00010005-agora-soci

男性芸能人グループSMAPの独立が騒動になった。彼らは独立をあきらめ、ジャニーズ事務所の傘下に戻るという。

芸能ネタはよく知らないが、所属事務所の経営者姉弟は、80才代という。しかもその経営者は、青少年に対する性的虐待疑惑まである。芸能界にはトラブル状態の独立した人の仕事を干す、「中世的」な慣行があるらしい。老人に労働者の自由が束縛され、社会とメディア(特にテレビと雑誌)が小さなエージェント風情にひれ伏す。生放送で5人を黒服で反省の言葉を述べさせるのも「制裁」のニオイがして気味が悪い。

SMAPは日本で一番人気があるグループで、影響力があるとされるのに、自由に行動できない。日本が抱える閉塞感とつながるような変な騒動だった。

たまたま「奴隷」をめぐる知識を得た。それが騒動に奇妙に当てはまるので、紹介してみよう。もちろんSMAPを「奴隷」と誹謗するつもりはない。「状況が似ている」という指摘であり、この文章は精緻な論証というよりも感想だ。

奴隷はなぜ逃げないのか

現代人の私たちが必ず思うのは、「なぜ奴隷は逃げないのか」ということだ。

『奴隷のしつけ方』(太田出版)という本を読んだ。著者はローマ帝国の元老院議員「マルクス・シドニウス・ファルクス」とされるが、実際は解説者として登場するケンブリッジ大学の歴史学の教授のジェリー・トナー氏だ。英国的な品のいいジョークだ。

場所と時代によって違うが、ローマ帝国では最盛期(紀元前1世紀から紀元後2世紀)、総人口の約4割前後の奴隷がいたようだ。なぜそれほどたくさんいた奴隷が制度を覆さなかったのか。その理由は、私が理解したところでは、「自由を求めて立ち上がるよりも、今の状況がましだ」という状況を、さまざまな知恵を集めて体制側が作ったことにある。

道具は「恐怖」と「利益」だ。この本では奴隷への体罰を奨励、ただし財産であるために傷つけないようにすることを強調する。性的な要求を充たし、食事、睡眠などの休息を与える方が生産性を上げることを、当時の記録から探り紹介している。そして知識人もいた家内奴隷は、「解放」を餌にすることを勧めている。

私たちは現代の感覚で奴隷制度を見るから、「なぜ奴隷は立ち上がらないのか」という感想を抱く。当時の奴隷は、戦時捕虜、また奴隷の子どもが大半だ。前者は異境の地で奴隷になる、後者は生まれたときからの奴隷で他の世界を知らない。情報も人口の9割超が文字を知らず、印刷物や電子情報はない。反逆は軍が出動し、たいてい死刑となる。「脱走」や「蜂起」、「ストライキ」は古代人の選択肢では浮かばない発想だ。それよりも現状維持の方が幸せになる。

SMAPは10代から芸能活動をジャニーズ事務所で行い、他の世界を知らない。仕事を干される恐怖をちらつかせながら、名声、給料の優遇などの利益を事務所は与えた。「独立する」という選択肢は、かつての奴隷と同じように大変な冒険となる。「アメとムチ」は、奴隷制度の時から人事管理の鉄則だ。もちろんSMAPと事務所の関係の詳細は知らないが、数千年前からの「奴隷」と「所有者」の関係と似た状況が生まれていたのかもしれない。古代・中世的な変な世界ではよくありがちだ。

奴隷から抜け出すためには

では奴隷から抜け出すにはどうすればいいのか。別の例を示してみよう。物理学者のカール・セーガンは、科学教育の重要性を訴える『人はなぜエセ科学に騙されるのか』(新潮社)で、逃亡奴隷でのち黒人解放運動の中心になったフレデリック・ダグラス(1818-1895)の半生を紹介している。

奴隷の目から見た19世紀のアメリカ南部は凄惨な場所だ。ダグラスは「餓えない」という「アメ」の状況以外は、「ムチ」を使った体罰の恐怖の中で少年時代を送る。ある日、白人たちが紙を前に口を動かしていることに気づく。19世紀中頃まで欧米圏では黙読よりも、声を出し読書をするのが一般的だった。その切れ端で文字の存在を知る。そこから文字を独学し、そして親切な主人の妻の教育で本と新聞を読めるようになる。奴隷への教育は法律で禁じられていた。

しかし自己教育で、農場以外の世界を知り、そして自我が芽生えた。他と比較して、自分のあり方を考えるようになった。そして「自分の体を主人から盗む」ことを考え、実行、つまり脱走する。彼は、物理的な面だけではなく、精神的な面でも奴隷ではなくなった。

彼はその後、新聞に寄稿を始め、出版をするようになる。教育を受けるアフリカ系アメリカ人はほぼ皆無の中で、彼は時代の中心の一つになっていく。情報と教育が彼を成長させ、テロや誹謗から守り、自己実現の手段となっていった。

SMAPの人々に教育がないとは思わない。どの人も歌、俳優業にぬきんでて、しっかりした人々だ。しかし「相手と戦う」「交渉する」という世間知、情報戦は海千山千の芸能事務所社長の方が秀でていたのだろう。戦うにはまず情報を集め、また対応策を知り、対策を打つことが必要だ。

自らを「解放」するには何が必要か

そして奴隷をめぐる話は現代的な意味を持つ。奴隷は世界のどこにも存在しない建前になっているが、約3000万人の人が奴隷的状況(売買、自由の束縛など)になっている。ISは支配地域に、奴隷制度を引いている。

日本社会にも笑えない面がある。日本のサラリーマンの統計を取ると、かなり多くの人が他の欧米諸国と違って、「今の仕事が好きではない」「会社を辞めたい」というそうだ。SMAPのように独立願望を持ちながら、それがなかなか実現しない。

この一因は雇用が流動化しないためだ。かつての奴隷たちがそうだったように一度入った企業に勤め続ける「自由を求めて立ち上がるよりも、今の状況がましだ」という状況が作られている。日本の雇用制度が政府と企業、社会体制の集合的な意識の中で、雇用を固定化した形になっている。

働くことに不満があるなら、大きな視点から今の制度の矛盾を理解し、飛び出る場合には準備を慎重にすることが必要だ。ちなみに筆者は、調子に乗ってサラリーマンを止めてフリーランスのジャーナリストになりその大変さによって、後悔と解放感の入り交じる不思議な状況に今陥っている。蜂起した奴隷剣闘士スパルタクスのような暴発も、苦難と破滅の道だ。時代は違うが、ダグラスのように「学ぶ」こと、そして「情報」が、働き方を変える重要な契機になるだろう。

SMAPの話を、芸能ネタとして消費するだけではなく、私たちが働き方を考える契機にしたい。自由で、人それぞれが満足できる働き方を選べる社会にすることに向けて。

最後に、SMAPはどんな形でもいいから、またその素晴らしい才能で、私たちを楽しませ、幸せにしてほしい。

石井 孝明
【関連記事】
日本のサラリーマンはSMAPである
「SMAP解散」速報記事ヨミトキ!?
「SMAP解散」はフェアな報道なのか?
SMAPの人生を考えるとゾッとしなくも
炎上芸能人で学ぶ炎上儲けのからくり
最終更新:1月19日(火)17時31分  

(転載終わり)



未来世紀ジパング 160118 【新生スーチー政権ミャンマーは 日本人が集結!】  [Daily Motion動画]

[Daily Motion動画]


 未来世紀ジパング 160118 【新生スーチー政権ミャンマーは 日本人が集結!】


未来世紀ジパング 160118 【新生スーチー政権ミャンマーは
日本人が集結!】

未来世紀ジパング 160118 【新生スーチー政権ミャンマーは 日本人が集結... 投稿者 G2A35

http://dai.ly/x3n3fyr
公開日: 01/18/2016公開日: 01/18/201 42:35 

歴史秘話ヒストリア 2016年1月20日 [Daily Motion動画]

[Daily Motion動画]



 歴史秘話ヒストリア
 太平洋戦争終結に纏わる秘蔵資料 2016年1月20日


歴史秘話ヒストリア 2016年1月20日

歴史秘話ヒストリア 2016年1月20日 投稿者 Japan_TV
http://dai.ly/x3nglxs
公開日: 01/20/2016 44分58


平成26年豊前坊高住神社春季大祭 / 柴燈大護摩修法 / 平成26年豊前坊高住神社春季大祭 / 山伏問答 [You-Tube動画]

[You-Tube動画]


 平成26年豊前坊高住神社春季大祭 柴燈大護摩修法 / 山伏問答


平成26年豊前坊高住神社
春季大祭/柴燈大護摩修法

https://youtu.be/eknyxeoFHiY
2014/03/22 に公開 45分13

平成26年3月21日(春分の日)
1.火渡しの儀
2.山伏問答
3.宝斧作法
4.宝弓加持作法(破魔矢)
5.宝剣加持作法
6.柴燈大護摩修法
7.火生三昧(火渡修法)

当日の詳細、各動画は大渓水ブログで紹介中です。
http://ameblo.jp/daikeisui/entry-1180...

平成26年豊前坊高住神社春季大祭/山伏問答

https://youtu.be/cBz8CIf1awk
2014/03/22 に公開

 平成26年3月21日(春分の日)

 山伏問答(9:57~)のやりとり、各動画は大渓水ブログで紹介中です。
http://ameblo.jp/daikeisui/entry-1180...


プロフィール

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。