FC2ブログ

飯山一郎氏が突然豹変した裏に何が隠されていたのか…。 「一圓融合 心田開発」 管理人

一円融合 心田開発

[再掲]
「ファイルの一部を消して、逃げるように去って行った…。」とのことですが、私は削除していない。


 飯山一郎氏が突然豹変した裏に何が隠されていたのか…。 明るく憂える者


「元編集長は、一言の弁解もせず釈明もせず…、逆上したのかココのファイルの一部を消して、逃げるように去って行った…。」

 私は「リチャード・コシミズ独立党員」であり、今回の不正選挙裁判の原告の一人でもあります。
 不正選挙裁判の目的は、不正選挙の実態を広く国民の皆様に知って頂くためです。
 この「一圓融合 心田開発」でも現在のメインテーマは、不正選挙裁判を世に知らしめることです。このことは『文殊菩薩(ブログ版)』の読者もご存知だったと思います。
 
 その私がなぜ、不正選挙・リチャード・コシミズ関連の記事をわざわざ自ら消さなければならないのか?
 私が削除する理由は何もありません、それは毎日『文殊菩薩(ブログ版)』を閲覧して頂いた皆さんが、一番よく理解してくれていると思います。
 私は、断じて削除していません。

 また、辞任にあたり『文殊菩薩(ブログ版)』の多くの読者の皆様に挨拶しようとすると、既に10月12日午後の時点でログインできなかった。そこで已むを得ずに「放知技」に投稿しました。
 明るく憂える者

辞任挨拶

 今回の独立党不正選挙裁判に対する裏社会の隠蔽工作は執拗であり、東京高裁でのセキュリティーチェックはとても厳しいものがあります。
 その裏社会からの『文殊菩薩(ブログ版)』への圧力もただならぬものがあったろうと推察します。
 
 私が当初、この件についてのコメントを差し控えさせて頂いたのは、飯山一郎氏の身を案じたからなのです。

 それを、「一言の弁解もせず釈明もせず…逆上したのかココのファイルの一部を消して、逃げるように去って行った…。」とは、無念であり、言語道断です。
 
 私は、断じて削除などしていない!

 ログインすらできなかったのです、既に私が削除などできる状況ではなかったのです。
 そのことは、飯山一郎氏が一番ご存知のはずです。
 そして、読者からの「放知技」へのコメントによると、その後に「リチャード・コシミズの本 不正選挙の紹介記事、不正選挙に負けない動画、リチャード・コシミズのカテゴリー他不正選挙がらみの記事」が消されていたということです。
  明るく憂える者

放知技 江戸っ子
放知技 江戸っ子②



 ロッキード事件、リクルート事件、最近では小沢違法献金捏造事件などユダヤアメリカに敵対する政治勢力はCIAの下部組織である東京地検特捜部によってことごとく潰されてきた。そして新たにターゲットとなったのが、医療法人 徳洲会だ…。『文殊菩薩』 2013-11-14(20:36)

このブログの元編集長は在任中、徳洲会叩きを連発していた。これを私(飯山一郎)は諌めた。しかし、無思索・無反省のまま徳洲会叩きを続けたので、私は以下のような文章を投稿して元編集長を叱責した。

 ・ 諫言の文章: 「徳洲会の選挙違反事件」に関して、飯山一郎の見解
 ・ 叱責の文章: 【飯山一郎のコメント】

しかし元編集長は、一言の弁解もせず釈明もせず…、逆上したのかココのファイルの一部を消して、逃げるように去って行った…。
ヒトを叩くのは好きだが、自分が叩かれるとシッポを巻く。困った老犬だったが…、どこかで遠吠えをしているという噂も聞く。虚に吠えているんだろう(爆)

さて、本稿は短文であるが寸鉄のごとく要点を突いている。
その感性、反骨心、思想、そして筆力、どれも真のジャーナリズム精神がみなぎっている。ご精読のほど。(飯山一郎)



 当ブログの古いファイルの欠落がヒドイ。これは元編集長が逆上して削除してしまったため。立つ鳥跡を濁した…鴨。 『文殊菩薩』 2013-11-09(04:23)

旧『文殊菩薩』

上は昔の『文殊菩薩(ブログ版)』のヘッダーである。当時の編集長は「明るく憂える者」氏。で、この元編集長の近況なんだが、最近…、
「リチャコシ氏関係の資料を飯山一郎が削除した」と書いてるらしい。

しかし事実は全く逆で、私にUFOと「太古水」の件で叱責されて興奮して逆上、発作的に「退任の弁」をアップしようとしたが、なぜか投稿できなかった。この時に色々いじくりまわし、故意か錯誤か分からんが元編集長自身が色んなファイルを削除してしまった

そのせいで当ブログの古いファイルの欠落がヒドイ状態。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。

飯島某という人は、その程度の人なのです。

何かの圧力で人が豹変した訳でもなく、自分の損得だけで動いている人間です。その為には、でっち上げ、なりすまし、裏工作も厭わないタフな老人ではあります。

誰かを叩いて自己アピールすることに余念がないだけの非人格者ですねので触らないのが一番だと思います。

判る人は判って何時か離れていくんです、管理人さんみたいに・・・。

文殊菩薩の愛読者でした

私も被害者の一人で、同じことが繰り返されると予想しておりましたが、
まさか、憂国の士さんの身に降りかかるとは思ってもいなかったです。
あそこまで、はっきりきっぱり書かれると、E山氏のいうことを信じてしまう人も多いのだろうなと思います。ある種の天才・異才ですね。

嘘を平気で連発する飯山一郎

 はやし浩司さんの青銅鏡研究をコメントして以来、文殊菩薩(ブログ版)の変貌ぶりは或る域を超えて気味が悪いくらいです。それ以来、覗いたこともありません。
自称オーナー飯山一郎の自慢げなコメントが頻繁に現れ、本人が気が付いていないのか、それとも、耄碌したのか知りませんが、年おり爺の自慢非常識論が展開される
文殊菩薩(ブログ版)の変貌ぶりはもう読むにも値しないし救いようも無いようですね。
(飯山一郎)は、恥ずかしい限りー>常識を疑わない日本人。 これは、私が自称オーナー飯山一郎を分析した一部分です。

海外より

関東甲信越生まれE山爺

鹿児島の黒豹なんて噴飯
ヒトを捌いて喰っていた鴨よ

客観と主観

行雲流水さんの多様な客観的な理解の仕方に共鳴し、一円融合 心田開発を毎日拝見しております。
下記の文を飯山一郎氏に読ませてあげたいですね。
まあ、無理でしょうが金に気が狂ったのか耄碌したのかもう救いようの無いような方に変貌したのは事実ですね。

自分自身の持つ観念や考え方に気づいてください。
あなたが「事実だ」として受け入れているどのような考えも事柄も、これまで学校や本や新聞テレビなど他から受け入れた多くの考えも、あなた自身が正しいと判断し思い込み自分の知識として内に持ち込んだ観念だという事を知る必要があります。常識を捨てる事は勇気が必要です。昔、人類は世界は地球では無い何処まで続くか解らない平らな地平だと信じていたのです。もし、あなたが世界は丸い球体だなどと言ったら、精神異常者に見なされたでしょう。後に、世界は球体として認識され、天動説が信じられてきました。、ポーランド出身のコペルニクスによって地動説が証明されるまで太陽が地球を回っていたのですよ。常識と違う別な考え方を主張すれば精神異常者に見なされたでしょう。アインシュタインも所詮地球上の物差しに制約された地球上の小さな物理理論家なのです。

自分自身の持つ観念や考え方に気づいてください。

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR