FC2ブログ

NHKプロジェクトX|第065回 「白鷺舞え 空前の解体工事」~姫路城・定年前の大仕事~ [Daily Motion動画]

[Daily Motion動画]



 「白鷺舞え 空前の解体工事」~姫路城
・定年前の大仕事~ NHKプロジェクトX 第065回


NHKプロジェクトX|第065回 「白鷺舞え
空前の解体工事」~姫路城・定年前の大仕事~

NHKプロジェクトX|第065回 「白鷺舞え 空前の解体工事」~姫路城・定年前の大仕事... 投稿者 dialymotionjapan
http://dai.ly/x3izwp5
 
公開日: 12/22/2015 43分00


【悲しくも感動する話】東洋には、すばらしい国がある【硫黄島の戦い】 / アメリカの青年達よ。 東洋には、すばらしい国がある。 / 【戦争感動秘話】台湾人の元軍人が靖国神社に初めて訪れた時のこと

[You-Tube動画]


【悲しくも感動する話】東洋には、すばらしい国がある【硫黄島の戦い】
/ アメリカの青年達よ。 東洋には、すばらしい国がある。
/ 【戦争感動秘話】台湾人の元軍人が靖国神社に初めて訪れた時のこと

【悲しくも感動する話】東洋には、
すばらしい国がある【硫黄島の戦い】

https://youtu.be/hsMYiKU5eFE
 2014/07/27 に公開 2分52

 【悲しくも感動する話】東洋には、すばらしい国がある【硫黄島の戦い】
心に響きましたら高評価&コメントお願い致します。

---------
涙腺崩壊ちゃんねるでは、
泣ける話、感動する話を配信しています。

たまには思いっきり泣きたい時もありますよね。
涙活でぜひ心のデトックス。

https://www.youtube.com/user/ruisenho...

▼泣ける話.com(ブログ)もやってます。
http://www.fbstar.biz/fb/tube/

アメリカの青年達よ。 東洋には、すばらしい国がある。

https://youtu.be/v4DBb5-bfkw
 2015/02/20 に公開 3分59
東日本大震災で全てを失った僕が
どうやって半年で都会に一軒家を持つことが出来たのか↓
http://banana-asp.net/ad/688/264935

硫黄島での涙が出てくるお話です。敵兵であるアメリカ軍に対して感謝の意を綴る気高さ­には敬意を表します。

それにしてもなんでこんな作戦をしたのか...自衛のための軍備は必要ですが、やはり­戦争はなくさないとだめだと思いますね。

★BGM:http://dova-s.jp/
★BGM:http://musmus.main.jp/ 著作権について↓
当チャンネルは著作権の侵害を目的として運営はしておりません。
万が一、それに該当する箇所がありましたら
下記までご連絡いただければ、迅速に対処、又は、削除致します。
advance1812@gmail.com


【戦争感動秘話】台湾人の元軍人が
靖国神社に初めて訪れた時のこと

https://youtu.be/EjYQA_wKABY
 2014/11/02 に公開 1分41

 世界から愛される日本の更新情報をツイッターで受け取る⇒https://twitter.com/bot30629606


大正 童謡 誕生物語 / 子どもの心に歌を / その時歴史が動いた  [Daily Motion動画]

[Daily Motion動画]



 大正 童謡 誕生物語 / 子どもの心に歌を / その時歴史が動いた



大正 童謡 誕生物語 / 子どもの心に歌を
/ その時歴史が動いた

大正 童謡 誕生物語 / 子どもの心に歌を / その時... 投稿者 byzantinedeslergreatbasileus

公開日: 04/03/2015 42分30


歌麿をめぐる五人の女(1946年)- 溝口健二 / Five Women Around Utamaro - Ke  [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 歌麿をめぐる五人の女(1946年)- 溝口健二


歌麿をめぐる五人の女(1946年)-
溝口健二 / Five Women Around Utamaro - Ke

https://youtu.be/N3QTN8guQWA
 2015/11/08 に公開 1時間34分47

 製作:松竹映畫株式會社 - 京都撮影所 公開:昭和21年(1946年)12月15日 監督:溝口健二 / 脚色:依田義賢 / 原作:邦枝完二 『歌麿をめぐる女達』




親日家 アインシュタイン の悲劇 その時歴史が動いた [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 親日家 アインシュタイン 悲劇 その時歴史が動いた


親日家 アインシュタイン の悲劇 その時歴史が動いた

https://youtu.be/RbW6FmWrKIg
 2015/06/26 に公開 42分29


【感動】日本人の信仰 神道と宗教の違い / 中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾 [You-Tube動画]

[You-Tube動画]


 【感動】 日本人の信仰 神道宗教の違い
/ 中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾


【感動】日本人の信仰 神道と宗教の違い
 世界が賞賛する日本人らしさの原点

https://youtu.be/SkFQ6ufrgq4 2014/06/03 に公開 3分15

 もっと深く日本を学びたい方はコチラ
http://www.wafuu.net/s/wacon

日本はなぜアジアの国々から愛されるのか
http://bit.ly/1B1FaA0

日本関連本
http://astore.amazon.co.jp/japanlove0...

天皇弥栄
日本を良くしたい!!
日本人に日本を好きになって欲しい

日本人の根底、文化には神道が根付いています
日本神話の古事記を読みましょう
世界、外国人は日本が好きな人が多い
BGM
http://amachamusic.chagasi.com
http://shw.in/sozai/

中国人が靖国神社で気付いた「反日」の矛盾
.
https://youtu.be/EAUxY3HW46A
 2014/05/21 に公開 2分27


俳諧の本質的概論 寺田寅彦 インターネットの図書館 青空文庫 2003年3月6日作成  


はいく



 俳諧の本質的概論 寺田寅彦


青空文庫 2003年3月6日作成

 古い昔から日本民族に固有な、五と七との音数律による詩形の一系統がある。

 これが記紀の時代に現われて以来今日に至るまで短歌俳句はもちろん各種の歌謡民謡にまでも瀰漫びまんしている。この大きな体系の中に古今を通じて画然と一つの大きな線を引いているものが三十一字の短歌である。その線の途中から枝分かれをして連歌が生じ、それからまた枝が出て俳諧はいかい連句れんくが生じた。発句すなわち今の俳句はやはり連歌時代からこれらの枝の節々を飾る花実のごときものであった。後に俳諧から分岐した雑俳の枝頭には川柳が芽を吹いた。

 連歌から俳諧への流路には幾多の複雑な曲折があったようである。優雅と滑稽こっけい、貴族的なものと平民的なものとの不規則に週期的な消長角逐があった。それが貞門ていもん談林だんりんを経て芭蕉ばしょうという一つの大きなふちに合流し融合した観がある。この合流点を通った後に俳諧は再び四方に分散していくつもの別々の細流に分かれたようにも思われる。

 一方において記紀万葉以来の詩に現われた民族的国民的に固有な人世観世界観の変遷を追跡して行くと、無垢むくな原始的な祖先日本人の思想が外来の宗教や哲学の影響を受けて漸々に変わって行く様子がうかがわれるのであるが、この方面から見ても蕉門俳諧の完成期における作品の中には神儒仏はもちろん、老荘に至るまでのあらゆる思想がことごとく融合して一団となっているように見える。そうして、儒家は儒になずみ仏徒は仏にこだわっている間に、門外の俳人たちはこれらのどれにもすがりつかないでしかもあらゆるものを取り込み消化してそのエッセンスを固有日本人の財産にしてしまったように見える。すなわち芭蕉は純日本人であったのである。

 こういう意味において、俳諧の本質を説くことは、日本の詩全体の本質を説くことであり、やがてはまた日本人の宗教と哲学をも説くことになるであろう。しかしそれは容易のわざではない。ここではただそういう意識を心頭に置き、そうしてその上に立って蕉門俳諧そのものの本質に関する若干の管見を述べるよりほかに現在の自分の取るべき道はないのである。

 俳諧はわが国の文化の諸相を貫ぬく風雅の精神の発現の一相である。風雅という文字の文献的起原は何であろうとも、日本古来のいわゆる風雅の精神の根本的要素は、心の拘束されない自由な状態であると思われる。思無邪おもいよこしまなしであり、浩然こうぜんの気であり、涅槃ねはんであり天国である。忙中に閑ある余裕の態度であり、死生の境に立って認識をあやまらない心持ちである。「風雅の誠をせめよ」というは、わたくしを去った止水明鏡の心をもって物の実相本情に観入し、松のことは松に、竹のことは竹に聞いて、いわゆる格物致知の認識の大道から自然に誠意正心の門に入ることをすすめたものとも見られるのである。この点で風雅の精神は一面においてはまた自然科学の精神にも通うところがあると言わなければならない。かくのごとく格を定め理を知る境界からさらに進んで格を忘れ理を忘るる域に達するを風雅の極致としたものである。この理想はまた一方においてわが国古来のあらゆる芸道はもちろん、ひいてはいろいろの武術の極意とも連関していると見なければならない。また一方においては西欧のユーモアと称するものにまでも一脈の相通ずるものをもっているのである。「絞首台上のユーモア」にはどこかに俳諧のにおいがないと言われない。

 風雅の精神の萌芽ほうがのようなものは記紀の歌にも本文の中にも至るところに発露しているように思われる。ただその時代にはそれがまだ寂滅の思想にしみない積極的な姿で現われている。しかるに万葉から古今こきんを経るに従って、この精神には外来の宗教哲学の消極的保守的な色彩がだんだん濃厚に浸潤して来た。すなわち普通の意味でのびを帯びて来たのである。この寂滅あるいは虚無的な色彩が中古のあらゆる文化に滲透しんとうしているのは人の知るところである。

 しかし本来の風雅の道は決して人を退嬰的たいえいてきにするためのものではなかったと思う。上は摂政関白武将より下は士農工商あらゆる階級の間に行なわれ、これらの人々の社会人としての活動生活の侶伴りょはんとなってそれを助け導いて来たと思われる。風雅の心のない武将は人を御することも下手へたであり、風雅の道を解しない商人はおそらく金もうけも充分でなかったであろうし、朝顔の一はちを備えない裏長屋には夫婦げんかの回数が多かったであろうと思われる。これが日本人である。風雅の道はいかなる積極的活動的なる日本にも存在すべきものなのである。

 風雅は自我を去ることによって得らるる心の自由であり、万象の正しい認識であるということから、和歌で理想とした典雅幽玄、俳諧の魂とされたさびしおりというものがおのずから生まれて来るのである。幽玄でなく、さびしおりのないということは、露骨であり我慢であり、認識不足であり、従って浅薄であり粗雑であるということである。芭蕉のいわゆるびとはびしいことでなく仏教の寂滅でもない。しおりとは悲しいことや弱々しいことでは決してない。物の哀れというのも安直な感傷や宋襄そうじょうじんを意味するものでは決してない。これらはそういう自我の主観的な感情の動きをさすのではなくて、事物の表面の外殻がいかくを破ったその奥底に存在する真の本体を正しく認める時に当然認めらるべき物の本情の相貌そうぼうをさしていうのである。これを認めるにはとらわれぬ心が必要である。たとえば仏教思想の表面的な姿にのみとらわれた凡庸の歌人は、花の散るのを見ては常套的じょうとうてきの無常を感じて平凡なる歌をんだに過ぎないであろうが、それは決してさびしおりではない。芭蕉のさびしおりは、もっと深いところに進入しているのである。たとえば、黙々相対して花を守る老翁の「心の色」にさびを感じ、秋風にからびた十団子とおだんごの「心の姿」にしおりを感じたのは畢竟ひっきょう曇らぬ自分自身の目で凡人以上の深さに観照を進めた結果おのずから感得したものである。このほかには言い現わす方法のない、ただ発句によってのみ現わしうるものをそのままに発句にしたのである。

 寂びしおりを理想とするということは、おそらく芭蕉以前かなり遠い過去にさかのぼることができるであろうということは、連歌に関する心敬しんぎょうの言葉からも判読される。「余情」や「面影」を尊び「いわぬところに心をかけ」、「ひえさびたる趣」を愛したのであるが、それらの古人の理想を十二分に実現した最初の人が芭蕉であったのである。

 さび、しおり、おもかげ、余情等種々な符号で現わされたものはすべて対象の表層における識閾しきいきよりも以下に潜在する真実の相貌そうぼうであって、しかも、それは散文的な言葉では言い現わすことができなくてほんとうの純粋の意味での詩によってのみ現わされうるものである。饒舌じょうぜつよりはむしろ沈黙によって現わされうるものを十七字の幻術によってきわめていきいきと表現しようというのが俳諧の使命である。ホーマーやダンテの多弁では到底描くことのできない真実を、つば元まできり込んで、西瓜すいかを切るごとく、大木を倒すごとき意気込みをもって摘出し描写するのである。

 この幻術の秘訣ひけつはどこにあるかと言えば、それは象徴の暗示によって読者の連想の活動を刺激するという修辞学的の方法によるほかはない。この方法が西欧で自覚的にもっぱら行なわれこれが本来の詩というものの本質であるとして高調されるに至ったのは比較的新しいことであり、そういう思想の余波として仏国などで俳諧が研究され模倣されるようになったようである。しかしこの方法の極度に発達したものがすでに芭蕉晩年の俳諧において見いださるるのである。

 暗示の力は文句の長さに反比例する。俳句の詩形の短いのは当然のことである。
 仏人メートル氏が俳句について述べていた中に「俳諧は読者を共同作者とする」という意味の言葉があったと思う。実際読者の中に句の提供する暗示に反応し共鳴すべきものがなかったら、俳句というものは成立しない。俳句の全然わからなかったらしいチャンバーレン氏の言ったように、それはただ油絵か何かの画題のようなものに過ぎなくなり、芭蕉の有名な句でも「枯れ枝にからすのいる秋景」になってしまうであろう。この、画題と俳句との相違はどこから生まれるかというと、それは対象の象徴的心像の選択と、その排列と、句をはたらかせる言葉のさばきとであり、なかんずく重要なのは「てにをは」の使用である。それよりも大切なのは十七字の定型的詩形から来る音数律的な律動感である。

 短い詩ほど詩形の規約の厳重さを要求する。そうでなければ、詩だか画題だか格言だかわからなくなる。のみならず、近来わが国諸学者の研究もあるように、七五の音数律はわが国語の性質と必然的に結びついたもので人為的な理屈の勝手にはならないものである。この基礎的な科学的事実を無視した奇形の俳句は、放逸であっても自由ではない。俳諧の流るるごとき自由はむしろその二千年来の惰性と運動量をもつところの詩形自身の響きの中にのみ可能である。俳諧はうたいものなりというはこの事である。一知半解の西洋人が芭蕉をオーレリアスやエピクテータスにたとえたりする誤謬ごびゅうの出発点の一つはここにもある。同じ誤謬に立脚した変態の俳句などは、自分の皮膚の黄色いことを忘れた日本人のむだな訓練によってゆがめられた心にのみ感興を呼び起こすであろう。

続きを読む

中国・韓国と日本を分けた「朱子学」と「陽明学」 / 中韓にノーベル賞が取れない理由~團藤法学から日本の卓越性を探る JBPRESS 2015.11.9(月)

JBpress


 中国・韓国と日本を分けた「朱子学」と「陽明学」



JBPRESS 伊東 乾 2015.11.9(月) 18:50

 中韓にノーベル賞が取れない理由~團藤法学から日本の卓越性を探る
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45205?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related

 2014年に世間を騒がせたSTAP細胞詐欺事件に関連して、既存のホームページをコピー・ペーストして博士論文と称した件に関連して、早稲田大学はその事実があった学位について、適切な段階を踏まえて学位を撤回、剥奪したと報じられました。

小保方氏、STAP細胞論文撤回に同意

「STAP細胞」論文問題について都内で開かれた記者会見で謝罪する理化学研究所の関係者ら(2014年4月1日撮影)〔AFPBB News

 早稲田の名誉回復のためにも必要な第一歩と思います。

 また、早稲田大学に限らず、日本全国の大学院で、学位審査に伴って「コピペチェック・ソフトウエア」が導入されるなど、甚大な影響を生み出してしまった現状を見るにつけ、徹底した再発防止と、そもそもこのような情けない非生産的な事態を引き起こさない、抜本的な解決、人材育成と高度な研究成果創造という、学芸の王道をまっとうすべきと強く思います。

 個人的な意見として、このような悪質な「コピーペースト」が発覚した時点で、不正行為を行った学生は学籍剥奪が適当と思います。

 入試でいえば、カンニングに相当しますから、それがばれた時点で受験資格停止となりますから、全く相応と思います。

 今回の早稲田大学の措置は、カンニングがばれた受験生に、1年の猶予を与えるからもう一度更改の余地を見せてみよ、とまで寛容に応じているもので、私がもし関連の問題収拾を担当したなら、学位以前に博士課程の最終試験受験資格、つまり学籍の抹消が適切、と答申を出すと思います。

 なぜなら、このような事例を放置するなら「なんだ、あれでいいんだ」と後輩たちが錯覚し、累犯の再発を防ぐとことができないからです。

 良くも悪しくも「前例」にひっぱられる日本です。そういう「悪しき前例」を徹底して払拭することが、こうした病状の根治に必要不可欠と思います。

 前例の尊重・・・。今回は、この観点を巡って、ノーベル賞に相当するような学芸の創造性を考えてみたいと思います。

 不適切なシステムは不適切な結果を生む

 このところ「中国や韓国、台湾や北朝鮮の現状を見るに、ノーベル賞などの評価に相当する研究成果を期待するのにはいくつか明確な難がある可能性」を指摘しています。

 誤解のないように再三強調しておきますが、これらは各々の国の文化や民族性、個人の資質などを指してものを言っているのではありません。

 党が指導しドグマが承認しなければ是認されない意思決定システム、全体主義的な体制、個人の自発性や自由な創意工夫を尊重しない空気・・・端的に言うなら「不十全な学術ガバナンス」が懸念される学術研究行政のもとでは、有産な成果を期待するのは難しい、という観測を示しているものです。

 事実、これらの国を飛び出し、自由の天地で存分に力を発揮して、大きな成果を挙げている人・・・科学者であれ、文学者、芸術家であれ・・・は枚挙の暇がありません。

 拙劣な学術ガバナンスの状況で、有産な成果が得られにくい・・・。当然のことであると同時に、これはまた、日本も同様に拙劣な研究行政の状況に陥るなら、同じような情けないことに容易に陥りう得るいう、警句を発しているつもりです。


以下は会員制です…


JBpress Premium 会員へのご登録について
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45205?utm_source=yahoonews&utm_medium=related&utm_campaign=link&utm_content=related

JBpress Premium は、より便利にJBpressをお使いいただける有料会員サービスです。 こちらの記事を含む有料会員限定記事をお読みいただけるほか、スマートフォン向け最適化機能など、各種の特典がございます。
JBpress Premiumのご説明はこちらをご覧ください。

民謡日本一シンガー 朝倉さや 特集~なまりうた [You-Tube動画]

[You-Tube動画]


 民謡日本一シンガー(朝倉さや)特集~なまりうた


 今こそ方言革命だ!英語をぶっどばせ
 日本人には小学校英語教育無用!



【民謡日本一】朝倉さや「東京〜山形弁だべ〜」PV

http://youtu.be/vFvfbboSKaE

【民謡日本一】あずさ2号/狩人【山形弁カバー】替え歌

http://youtu.be/Vly2vZVAoeE

朝倉さや出演_大沢悠里のゆうゆうワイド11 06

http://youtu.be/pM3B9rToOWE 2013/11/06

【民謡日本一】話題のタッチ/岩崎良美【山形弁カバー】アニメOP

http://youtu.be/MPox1pVRD2Y

【民謡日本一】山形弁ロビンソン スピッツ

http://youtu.be/ysqMAO29fUo

癒しのなまり歌姫・朝倉さや「ひだまりの詩(山形弁バージョン)」
.
http://youtu.be/wFm8f6nDfBo

 民謡日本一シンガー(朝倉さや)特集~なまりうた

http://youtu.be/NF6aLsCqlfI

【民謡日本一】上を向いて歩こう【泣ける名曲カバー】

http://youtu.be/n4898HYblWI



方言革命 朝倉さや 美しき日本の心 ② [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 方言革命 朝倉さや 美しき日本の心 ②


【民謡日本一】あなたに逢いたくて/ 松田聖子【山形弁カバー】

http://youtu.be/Jpt7qAhiC_A

【民謡日本一】残酷な天使のテーゼ 盆踊り【三味線弾いてカバー】

http://youtu.be/bAnEFQlNEPc

【民謡日本一】創聖のアクエリオン 三味線で【カバー】

http://youtu.be/ncufHdIJ3qU

【民謡日本一】さくら(独唱) 森山直太朗【カバーPV】

http://youtu.be/08hu8rzg2xA

【民謡日本一】Let It Go ありのままで【アナと雪の女王】松たか子

http://youtu.be/PNF61cqMwNo

【民謡日本一】木綿のハンカチーフ/山形弁【カバー】

http://youtu.be/ChO4qwnEbwc

【民謡日本一】 花 泣きなさい 笑いなさい【名曲カバー】

http://youtu.be/w36j4JcTxDQ


プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR