スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相馬」の詩人が突きつける福島の現実  太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの H.26/07/21

太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの


 「相馬」の詩人が突きつける福島の現実


太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの 2014年7月21日 (月)

何十万人もの人生を奪った福島の原発事故により、理屈あわせ職人の霞ヶ関官僚による後付けの安全基準がいかに悲惨な現実を生むかということを思い知らされました。しかし、その検証も、事故処理もそこそこに、なにもなかったかのように原発の再稼動が進められようとしています。

求められていた欧米並みの安全確保も実現されないまま、川内原発の安全審査が終わり、原発再稼動のカウントダウンに入ったようですが、福島の犠牲の上で得られた教訓を生かすこともなく、「とにかく再稼動させる」ことにまい進する意味がわかりません。

今回のような広域避難体制の確保どころか、マネーゲームがらみの買収された職員による誤作動(福島原発1号機の熱暴走の原因?過去記事参照)とかテロ活動を完全に防ぐ体制もできていないうえに、万が一の熱暴走発生時の最終防護装置などもできていない段階で、通り一遍の津波耐性と地震耐性でOKを出しそうなんですが、やはり巷でいわれているように「極度」の「暗愚」の世襲坊ちゃんで、霞ヶ関のシナリオで簡単に誘導される「パペット」坊ちゃんということなんでしょうか?

政治に二度と福島のような事故を起こさないという真摯な思いがあれば、容易に破壊工作員を潜入させれる電力会社にまかせるのでなく、国防施設並みの国家管理にすべきではないかという意見があってもいいと思いますが、「集団的自衛権」にはご執着のくせに、よりリスクの大きい「原発テロ」「マネーゲームテロ」にたいして「平和ぼけ」全開をかましているわけですから、つくづく「暗愚」なパペット坊ちゃん政権だと思います。

そんなアフォにまみれた永田町にうんざりさせられっぱなしの中で、福島県南相馬市在住の詩人若松丈太郎さんが突きつける「福島の現実」が心につきささりました。

福島の現実を受け止め、その犠牲の上に重ねられる日本の未来を見据えたとき、先にあるのは、今進められようとしているような「安直な再稼動」ではないはずだと実感します。

以下引用

「なかったことにできるのか」・・・若松丈太郎



いたるところの道にバリケードをしつらえ

人びとが入れない区域を設定した

人が手を入れない耕地には

いちめんにセイタカアワダチソウが茂る

人びとのこころに悲憤が泡だつ



夏に湿気のおおいこの国の風土では

人が住まない家屋のなかは

いたることろにじっとりと黴が生える

ありとあらゆるものを腐らせる

人びとのこころまでも患わせる



小児甲状腺がん発症者および疑いある者三百倍

「核災」関連死者千七百三十人超

避難者はいまも十万人超

このあと二年後も帰還できない人五万人超

燃料デブリ取り出しの願望的開始目標二○二○年



無惨としか言いようがない現実がある

あったことを終わったことにするつもりか

あったことをなかったことにするつもりか

おなじことをくりかえすために

いまあることをなかったことにできるのか

引用以上

2014年7月21日 (月)


スポンサーサイト

天皇廃絶を策してせん滅された織田信長☆6月発電量 太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの H.26/07/07

太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの


 天皇廃絶を策してせん滅された織田信長☆6月発電量


太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの 2014年7月 7日 (月)

昨日のNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」で、従来の「怨恨説」と違う「本能寺の変」の背景描写がされていて感慨深かったです。

いわゆる「天皇廃絶阻止説」というものですが、「信長誅殺説」を思いついて記事にした10年前は、まだまだ「歴史人物の人気ベスト3の常連の織田信長」を冒涜する「とんでもない珍説」の部類だったと思います。

それが「安土城の発掘」で、信長が宗教施設を中心に作っていて「日本国王」になろうとしていた痕跡が見つかり新たな見方が増え、今ではNHKの大河ドラマでも取り入れられるほどになったということですから、勝者によって伝えられた「従来の歴史」をうのみにしないで、常に裏読みする「歴史解析」の必要性をあらためて実感しますね。

Photo

幕末ものでも、明治維新=絶対正義で、欧米化をすすめた長州人=革命のヒーローという刷り込みがされ、いまだに日本の政治権力の中枢永田町では、アベ総理のような長州系の人脈が力をもっていますが、「公武合体」を希望した孝明天皇を毒殺して、権力の独占を狙った「朝鮮半島由来の我欲絶大DNA」の長州人をそこまで評価できるか・・・といえば大いに疑問のわくところです。

(来年の大河ドラマは長州出身のアベ総理へのよいしょのために慣例のローテーションを破って幕末もので[長州よいしょ]の内容になるらしいですから、長州人のあつかましさはいまだに健在です。)

最近では「明治時代との比較で暗黒時代のようにいわれていた江戸時代ですが、実は文化的に豊かだった」ということも見直されているようです。

西洋的な合理主義が「マネー絶対主義の迷宮」に入り込み、未来が見えなくなっている今だからこそ、勝者によって書かれた歴史の裏側に光をあてて、次の時代の羅針盤を得る必要があると思います。

真相は定かではありませんが、信長とその子の信忠が「本能寺の変」で「せん滅」されていなければ、世界一の歴史を持つ天皇制も断絶されていた可能性は大いにあるわけで、「信長」から見たら「謀反人」の明智光秀ですが、日本国から見たら「身を挺して天皇を守った英雄」ということになります。


続きを読む

太陽光蓄電システム見積もり公開☆各家庭での電力自給が現実化してきた  太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの H.26/07/01

太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの


 太陽光蓄電システム見積もり公開☆各家庭での電力自給現実化してきた


太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの 2014年7月 1日 (火)

太陽光蓄電システム見積もり公開☆各家庭での電力自給が現実化してきた

「太陽光発電なんて昼間だけだし、天候に左右されるから実用的でない」という刷り込みをされてきた人も多いようですが、蓄放電をクラウド管理できる蓄電システムとの組み合わせで、そんな自然エネルギー否定派の放つ呪文が、まったくの迷信にすぎない時代が現実のものになってきました。

最近発表されたシャープのクラウドHEMSと組み合わせた太陽光発電4kw+蓄電4.8kwシステムは、薄利販売すれば、蓄電設備補助金を差し引くと費用負担170万円未満で設備償却8年という現実的な価格で提供でき、現実的に普及できるレベルになっています。
※残念ながら補助金がなくなってしまいましたので、償却年数は11年程度に伸びていますが、化石燃料とか原子力発電に頼らない暮らしを広げたいと考える人にしてみれば、実質的な費用負担なくそうした最先端の文化的暮らしを始めることができるわけですから、おおいに検討の余地があると思います。

以下参考資料(クリック拡大)
Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

シャープさんの場合は定置型の蓄電池を組み込んだシステムですが、三菱電機さんの場合は、蓄電容量の大きい(シャープさんの4倍程度)蓄電池を搭載した三菱自動車さん、日産自動車さん電気自動車を組み込んだシステムを売り出すようで、家庭をめぐるエネルギー状況が一挙に変化しそうです。

原子力村で無駄に使われる2兆円のお金を転用して、各電力会社の変電設備単位で日本ガイシさんのNAS電池などをどんどん設置して、エネルギーインフラの大転換をしたら、それこそ世界をリードする日本経済の再生成長戦略になると思うのですが、ユダ金系の金ころがしとかコリアン渡来系人材ピンはね事業者への利益誘導みたいな税制改悪、規制改悪ばかり先行させて、「成長戦略」とか自信満々に語っているアベ政権って「どこの国の人」なんでしょうか・・・・。

ニュースによると、低賃金重労働で荒稼ぎをする欲豚ブラック企業の税を少なくするために、従業員の生活を守るために赤字でやりくりしている企業からも税金をとろうとしているらしいから、あぜんとしてしまいますね。

アベ政権の経済ブレーンのヘイゾーユダ金工作員なんかは、日本人の平均年収は高すぎる・・・理想の平均年収は300万円くらいといってましたが、税金を払うためにこれまで守ってきた従業員の給与とか雇用を守りきれなくなる企業がたくさんでてくるのは見えています。

そんなふざけた政策を打ち出している政権が支持率50%なんて、国民の判断能力は大丈夫なんでしょうか?

やっぱ孝明天皇を毒殺して「会津」を抹殺し、明治維新後の日本の政治権力の中枢を乗っ取ったえげつない「チョウシュウ人」の血を持つ人種はやることが違います。

|

« 人間愛のない連中には本当の祖国愛はない | トップページ

「太陽光発電関連情報」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事



談話を曲解悪用された河野洋平は真実を伝え、国連の事実誤認を解く義務がある… 太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの H.25/05/26

太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの

[重要]

 談話を曲解悪用された河野洋平は真実を伝え、国連の事実誤認を解く義務がある
「事実誤認の国連人権委員会☆このままでは韓国の百回のうそ真実にされてしまう」


太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの 2013年5月26日 (日)

 一連の橋下慰安婦発言をめぐる騒動も、アメリカ軍に対する風俗活用発言の謝罪と撤回でけりがつきそうですが、橋下発言の中の「日本国あるいは日本軍として強制連行したという事実はない」という部分に対して国連の内部から疑問が出されたのは意外でした。

Photo_3

 結局「日本が韓国女性を強制連行し性奴隷にした」という事実無根の話が、いつのまにか世界では常識的事実として事実誤認されてしまっているということなんですね。サムスンの金の力でバンクーバー五輪での女子フィギアの審査員を買収した韓国ですが、アメリカ議会、主要新聞まで抱き込んで歴史的事実まで塗り替えようとしているわけですからうかうかしていられないと思いましたね。

 韓国女性を強制連行して「性奴隷」とすることは、戦前の日本でも犯罪行為であり、取り締まり対象であったことは当時の陸軍省通達・地元新聞報道からもうかがえる明白な事実です。

Photo_2

Photo

 本人の意思に反して「売春婦」にさせられたとしても、「朝鮮(韓国)の人買い」とそれに便宜を図った一部の腐敗日本人の犯罪行為によるもので、「日本」および「日本軍」は、管理者としての責任があったとしても、犯罪行為の実行者でなかったのは明確です。

 ですから「日本」による強制連行を否定した橋下発言は事実を述べただけで、国連に問題視されるようなものではないはずです。
 にもかかわらず「強制連行の否定」が「歴史的事実の否定」と断罪されるとしたら、「朝鮮(韓国)の人買い」の犯罪行為を見逃してしまった管理責任を認めて謝罪した「河野談話」が曲解悪用されて「うそが真実にされてしまった」ということなんだと思います。

 河野談話というのは、事実検証というより当時慰安婦(売春婦)だった韓国女性の証言を鵜呑みにしたにもかかわらず、日本国としての強制連行の事実を確認できなかったことをふまえ、韓国女性の立場を配慮して、管理責任というあいまいな事実認定と謝罪でお茶を濁したものです。

 しかし、その談話の文脈で使われた「日本軍の関与」という言葉が独り歩きして、いつのまにか「日本軍による強制連行を日本政府が認めた」談話ということになってしまい、韓国マネーにどっぷりつかったホンダなるアメリカ国会議員により、「20万人もの韓国(朝鮮)女性が日本軍により強制連行され、性奴隷とされた」というメガトン級のうその根拠とされているわけですからとんでもない話だと思いますね。

 さすが「息するようにうそがつける」遺伝子を持つ連中はすごいと思いますよ。
河野談話もいつのまにか日本による強制連行を日本政府が認めた談話にされて、国際社会が事実誤認する出汁にされているわけですから、河野洋平には責任を持って外国記者向けに記者会見を開いて、事実誤認を正すべきだと思います。

続きを読む

インディーズ番組=感電パラレル(日本エレキテル連合)にはまりました  太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの H.26/06/11

太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの


 インディーズ番組=感電パラレル(日本エレキテル連合)にはまりました


太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの 2014年6月11日 (水)

 巨大宗教団体とか情報工作機関の電通に支配されている日本の芸能界とかテレビでは、大手芸能プロダクションの力に乗っかってるだけの力のない芸能人がのさばってたりします。

 ただ、そんな大きな力のバックアップがあろうとなかろうと、いいものはいいし、面白いものは面白いわけで、インターネットとかストリートとかで着実に評価が広がっていって、大手が仕掛けたつくりもののメジャータレントたちをあっさり超越してしまうというのも事実です。

 歌の世界ですと、「コブクロ」とか「いきものがかり」とか「モモクロ」とかいまでは超メジャーな存在ですが、もとはといえばインデイーズあがりなわけですから、真に実力があるタレントならば、あっさり大手プロダクションの力を超越してしまうという時代に成りつつあるのかもしれないと思います。

 小さな個人でも、いいものを発信すれば確実に評価される機会を得られる。ネット普及のおかげで、そうしたチャンスがひろがり、巨大なプロモーションの力にも対抗できるようになったということはすばらしいと思いますね。地密な活動で着実に評価を積み上げている多くの隠れた才能たちが、巨大なメディアプロモーション権力の壁を崩すありの一穴となってくれることに期待しつつ、インディーズの世界でがんばってる連中を後押ししてあげたいです。

 巨大宗教の勧誘をことわったら芸能界をほされるとか、電通プロモーションに反するコメンテーターは番組をはずされるとか・・・・そんなアフォなことが横行する日本ですがネットを媒介とした草の根メディアの力でそうしたアフォなことをやって増長している連中をぎゃふんといわせてやりたいですね。

元NSCと元松竹芸能の彼女たちが年収20万円から再起をはかって連発するコントは、人間の本性についてリアルであり、人間愛にあふれ、そしてなにより大爆笑させてくれます。

 ぜひyou tubeのチャンネル登録をしてあげてください!

Photo

 日本エレキテル連合 感電パラレル ケンとクミ「マンガのタイトル考えよう」 




感電パラレル ナニワシンドローム ケンとクミ動画一覧

|

« 暴利むさぼるブラック企業の法人税減税のために赤字企業の増税をする=反日ウヨあべ坊ちゃん | トップページ | 10年以内に現在年収500万円も残業代ゼロになる残業代ゼロ政策のトリック »


「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事



プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。