FC2ブログ

西洋に脈打つ「聖女の革命家」 エハン塾 魂を抜かれた日本人 2015/03/21

[You-Tube動画] [必見!]



 西洋に脈打つ「聖女の革命家」 ジャンヌ・ダルク、マザー・テレサ エハン塾


 魂を抜かれた日本人



ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの宇宙観:聖女の革命家

https://youtu.be/fCuYr0-_zPw

 2015/03/21 にライブ配信 1時間41分31

しまはら



「今さら聞けない、皇室・国旗・国歌の基礎の基礎」村田春樹氏in岡崎 27年6月6日 / 【村田春樹】「なぜ日の丸を愛し君が代を尊ぶのか」2014/10/5 /

[You-Tube動画]



 「今さら聞けない、皇室・国旗・国歌基礎の基礎」村田春樹氏



「今さら聞けない、皇室・国旗・国歌の
基礎の基礎」村田春樹氏in岡崎 27年6月6日

https://youtu.be/J8ifnmknJoQ
 2015/06/09 に公開 1時間34分51

【村田春樹】「なぜ日の丸を愛し君が代を尊ぶのか」2014/10/5

https://youtu.be/hG6DUHTytSc
 2014/10/05 に公開 47分08


【武田鉄矢】今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史 [You-Tube動画] 

[You-Tube動画]



 【武田鉄矢】今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史
 / 【黄文雄】 日本人とはこんなに違う中国人と韓国人
 / 韓国反日記念館実態


【武田鉄矢】今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史

https://youtu.be/wqqlvoQp7w4
 2014/01/09 に公開 29分58

 ※popularmovie999より再アップです。
 元動画「武田鉄矢が語る!今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史」
 武田鉄矢さんが、今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史について語っています。

 中国・韓国人が今までしてきたいことをあげながら、彼らの本性を暴きます。

 武田鉄矢 今朝の三枚おろし 20121224放送分より
画像:http://www.officiallyjd.com/archives/...

【黄文雄】 日本人とはこんなに違う中国人と韓国人[桜H24/10/19]

https://youtu.be/elLWWzaQJFk
 2012/10/19 に公開 20分33

 台湾の御出身で日本文化にも造詣が深く、精力的な言論活動を展開なさっている黄文雄氏­をお迎えし、尖閣 及び 竹島をめぐる事案の影響もあってか、かなりの反響を得ておられるという近著書『日本人­はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』を御紹介いただきながら、島と半島・大­陸という風土の違いからも明らかな、我々日本人とは異なる中国人・韓国人の国民性や感覚についてお話しいただくとともに、日本人がそれらを認識することの大切­さや、中国と台湾との比較などについても、お話を伺います。

【村田春樹】これでも謝罪しますか?
韓国反日記念館の実態[桜H22/8/31]

https://youtu.be/dh9G97HTD64
 2010/08/31 にアップロード 30分36

 他国に阿る思想や政策をかねてより厳しく糾弾しておられる氏に、歴史の虚構に満ちた展­示物の数々が見られる韓国の「反日記念館」実態についてお聞きして行きます。


「パリ八百長テロと米国1%の対日謀略」ですが、 R K's blog 2016/01/04 06:43

Richard Koshimizu's blog


パリ八百長テロと米国1%対日謀略」ですが、



 すべては1%の人が好き勝手するための布石です。
 そんなことにならないためにも、一人でも多くの人ににこの本を読んでいただきたいです。※本文より抜粋 投稿者



Richard Koshimizu's blog 2016/01/04 06:43

コメント 1

人気ブログランキングへ

 「パリ八百長テロと米国1%の対日謀略」ですが、上梓されて今日で10日目でしょうか。なかなか好調です。ありがとうございます。

 Amazon書評に7人の方に投稿いただきました。

 星5つ x 7の満点です。

 普段なら、裏社会さんの拙い「読んでいいないのに書評」が2、3零点評価で投稿されるのですが、おかしいですね。裏社会さん、息切れですか?長文を書ける人材に配る餌がなくなったのでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4880863351/ref=cm_cr_dp_text?ie=UTF8&showViewpoints=0&sortBy=byRankDescending#R6AML41V8C6MJ

 日本は末期症状

 投稿者Kegelrobbe2015年12月26日

 リチャード・コシミズさんの本は、311も911についても参考になりました。
 そして、ここ10年で日本が末期症状になっているので、余計この内容は身につまされるものでした。
 わかりにくいことについても、わかりやすく説明してくれてあり、そして戦争には常に経済(金儲け)がセットになっていることもよくわかりました。
 ただこういうことを「証拠」を挙げて説明されても頭から否定する人、検討する気のない人もたくさんいます。
 そういう人がこの本を読んでもきっと目は開かれないでしょう。
 今の日本の状況に疑問を持って積極的に「知ろう」とする人にはお勧めします。

 パリ八百長の話から始まり、全部つながってはいるものの、日本についての章を一番関心を持って読みました。
 気象兵器や地震兵器は私も別の本も読んで十分成熟した技術だということを知っていますが、たとえば、311地震で「放射能汚染詐欺」が行われ、それが日本の印象を悪くし、経済も悪くしている事実を理解している人は少ないと思います。
 たくさんの、特に小さい子供のいる家庭が西への移住を実際に行っている中、事実はイスラエルの管理会社がおそらく燃料棒を抜いておいて、事故が起きて後で発生した「3回の爆発」で「放射能汚染を偽装した」ことは理解されていないと思います。

 私達の年金が奪われているとか、あと言いにくいことですが「杉原千畝さんが助けたユダヤ人」でも「アンネのようなユダヤ人」(アンネの存在はフィクションだったようですが)でもない、アメリカのバックにいるいわゆる「金融ユダヤ人」が、日本の場合は創価学会と統一教会、電通などのメディアを通じて日本を支配していることに早くもっと気づいてほしいです。
 ユダヤ人の迫害はあったけど、この「金融ユダヤ人」たちは戦争でお金儲けをするのが上手な人たちで、迫害されたユダヤ人とは別で、何ら同情するに値しない人々です。
 世界の1%この人達が好き勝手するために戦争が起こされ、金儲けが行われています。

 私達のような普通の人にできることはあるのでしょうか。
 規制がかからない限りこのような本を紹介するとか、あと、選挙に出るのに一人600万円もかかるそうですが、コシミズさんやその仲間が選挙に出たら応援する(それも「ムサシ」という機械で不正選挙で握りつぶされてしまうかもしれません)くらいしか思い当たりません。

 いまは、このような本もアマゾンというアメリカの本屋さんで売られ、こうやって正直に感想を書くのも危険なことかもしれませんが、そのうちこういう本が読むことすらできなかったら、それこそ末期症状だと思います。

 パリの事件は一連の作戦の1つです。
 すべては1%の人が好き勝手するための布石です。
 そんなことにならないためにも、一人でも多くの人にこの本を読んでいただきたいです。


16年の原油価格、一段安に 英BP経営トップが見通し R K's blog 2016/01/04 06:03

Richard Koshimizu's blog


 16年の原油価格、一段安に 英BP経営トップが見通し



Richard Koshimizu's blog 2016/01/04 06:03
コメント 0

人気ブログランキングへ

 「原油価格が2016年に一段安となり、産油国は一層の苦戦を強いられる」

 そのとおりであります。

 そして、世界最大の産油国は、アメリカ合衆国です。

 米国が最大の苦戦を強いられます。

 これは神の配剤です。原油安がユダヤ悪を駆逐しようとしている。

 ユダヤ米国は、もはや存続を許されない悪魔の国と化している。

 米国民は、1%による国家乗っ取り支配に気付き、立ち上がるべきです。

 敵はCFRにあり!



 2016/1/3 20:12

 16年の原油価格、一段安に 英BP経営トップが見通し

http://www.afpbb.com/articles/-/3071994?act=all

【1月3日 AFP】 英石油大手BPのボブ・ダドリー(Bob Dudley)最高経営責任者(CEO)は2日、既に記録的な安値水準で低迷している原油価格が2016年に一段安となり、産油国は一層の苦戦を強いられる可能性があるとの見通しを示した。

とくお


谷口雅春 13.昭和44年詳密講習会-7 (SEICHO-NO-IE) [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 谷口雅春 13.昭和44年詳密講習会-7 (SEICHO-NO-IE)

 『秘められたる神示』/現代憲法による日本国家とは 『秘められたる神示』/現代憲法による日本国家とは/神、国家、人間の復古/­日本皇室の御紋章について/住吉の大神の役目/「古事記と現代の預言/日本国の­使命/イザナギ文化とイザナミ文明/日本の哲学



谷口雅春 13.昭和44年詳密講習会-7 (SEICHO-NO-IE)

https://youtu.be/lnOUB6WDR2g?list=PL0FLc6EbsKIvXSFJe9GLF3EDAmgPH5p1Y
 2013/12/22 に公開 1時間56分00


日本は一国一文化 ねずさんの ひとりごと 2010年02月02日 

ねずさんの ひとりごと


 日本一国一文化



ねずさんの ひとりごと 2010年02月02日
| 日本人の心 |

正月の富士


 下の写真は、支那のホテルにあるひざまづいた姿の東條英機元内閣総理大臣の彫像です。
あきらかに屈辱的な写真です。
 もともとは、支那の「人民日報」に掲載された写真を、ある支那のホテルが「従業員に国辱を忘れないように教育するため」と称して作って展示しているのだそうです。
 ご丁寧に、首にロープまで付けています。

 なんの人気取りかは知りませんが、日本で同じことをするホテルがあったら、そのホテルはおそらくすぐに潰れます。
 日本の客は、こういう行為に嫌悪感を抱くからです。

支那にある東條英機彫像

 日本は、南京市民の治安と福祉を守るために、昭和15(1940)年に、南京に汪兆銘を首班とする南京政府を作りました。

 汪兆銘は昭和19(1944)年に亡くなり、その墓は、孫文を祀った中山陵の傍らに作られました
このとき、後日墓をあばかれて遺体が辱められることがないように、なんと鉄鋼を混ぜた5トンものコンクリートで、遺体を厳重に保護しました。

 ところが、終戦後、蒋介石率いる支那国民党は、戦時中に日本に協力した支那人達を、一方的な「漢奸裁判」で虐殺します。

 そしてすでに亡くなっていた汪兆銘に対しても、なんと150キロもの火薬で、2回にわたってその頑丈な墓標を爆破。柩をあばき、遺体を火葬場に運び、遺骨や灰もそこらの野原に捨ててしまった。

 さらに彼の一族や関係者50数名を逮捕し、裁判にもかけずに銃殺し、遺体はゴミとして処理しています。

 また、写真はないけれど、南京城の近くに、「民族罪人」と書かれたプレートを付け、両手を後ろ手に縛られ、中山陵に向かって跪いた汪兆銘の石像が建てられ、さらにその石像を、牢獄を想像させるような柵で囲んだりもしている。

 それだけじゃない。浙江省には、汪兆銘と妻の陳璧君夫妻が、まる裸で、両手を後ろ手に縛られて跪かせた石像があり、かつては、支那共産党が、そこを通る人には、必ずその石像に唾を吐きかけることを義務付け、さらにそれを教科書にまで載せています。

 こうした扱いは、なにも日本人や日本と関係のあった人たちばかりではありません。
 歴史上の悲劇的な英雄である岳飛を裏切った秦桧は、その石像が広州の岳飛廟にあるけれど、九百年前の人であるにもかかわらず、半裸の秦桧と夫人、三人の従者の像が、跪いた形で柵の中に野ざらしで置かれ、ほんの十年ぐらい前までは、そこを通る人はみんなで像に唾を吐いていました。

 さすがに最近の支那では、唾を吐くような野蛮な行為は支那でも禁止になっているようですが、もとよりこうしたアイデンティティは、日本には古来、まるで例をみません。

 むしろ、南京戦についてさえも、当時の松井石根軍司令官は、南京に敵国民である支那軍の戦没者慰霊祭を行おうとしたし、彼は 日本に帰還したあと、熱海市伊豆山に日中両戦没者を祭祀するための観音像を建立しています。

 しかもこの観音像(興亜観音)は、当代一流の最高の人間国宝とされた陶工、加藤春二氏に作っていただいていますし、観音像を作るための材料には、わざわざ戦場となった南京市の土を取り寄せている。

興亜観音
興亜観音

 日露戦争で大激戦となった旅順では、乃木大将は、敵の将軍ステッセルと水師営で会見した時に、ロシア将兵の墓を整備する事を約束し、明治40年6月には、生き残った日本の将兵たちで、亡くなられたロシア将兵のための墓地をつくり、墓地の中央には高さ13Mの慰霊塔を建造しました。

 どうやら、日本人と支那人のアイデンティティは、根本的に異なるといえそうです。

続きを読む

ハンナ・アーレント ~政治の嘘には暴力が潜む ☆Dancing the Dream ☆ 2015年12月25日

☆Dancing the Dream ☆


 ハンナ・アーレント ~政治の嘘には暴力が潜む



☆Dancing the Dream ☆ 2015年12月25日(金)
テーマ:

ハンナ・アーレント(Hannah Arendt 1906年 - 1975年)
ドイツ出身のユダヤ人でアメリカ合衆国に亡命した哲学者、思想家。
バークレー、シカゴ、プリンストン、コロンビア各大学の教授・客員教授などを歴任。
著作:『全体主義の起源』『イエルサレムのアイヒマン-悪の陳腐さについての報告』
『人間の条件』『暴力について』



フランス哲学の鵜飼哲先生に教えてもらった
ハンナ・アーレントの言葉・・・


「現代の政治のは、秘密でないどころか 
 実際には誰の目にも明らかな事柄を効果的に取り扱う。

 このことは、歴史を目撃している人々の目の前で
 現代史の書き換えを行う場合に、はっきりしている。

 しかし、それは、あらゆる種類のイメージづくりにも
 同様に当てはまる。
 イメージづくりの場合、いかなる周知の既成事実であろうと
 それがイメージを傷つける恐れがある時には、
 やはり否定するか無視される。 

 こうした嘘は、
 全て嘘の張本人が気づいているか否かに関りなく、
 暴力の様相を潜ませている。
 組織的な嘘は、否定しようと決断した全ての者の
 破壊へと常に向かう。」



恐ろしいほどハンナ・アーレントの言葉は、
安倍政治に当てはまる。


IOC総会・安倍演説(13/09/08)


IOC総会・質疑応答(13/09/08)


**********


映画『ハンナ・アーレント』マルガレーテ・フォン・トロッタ監督作


誰からも敬愛される高名な哲学者から一転、世界中から激しいバッシングを浴びた女性がいる。彼女の名はハンナ・アーレント、第2次世界大戦中にナチスの強制収容所から脱出し、アメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人。

 1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送したナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、その衝撃的な内容に世論は揺れる…。

「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。




full french

歴史からの学び 皇室と平和 1~5 田端俊久 [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 歴史からの学び 皇室と平和 1~5 田端俊久


歴史からの学び 皇室と平和 1/5

https://youtu.be/fBRyMalU3Z4
 2009/02/26 にアップロード 8分50

 封印されていた日本人魂
 続 日本人力より

歴史からの学び 皇室と平和 2/5

https://youtu.be/KhR-XzbLQF4
 2009/02/26 にアップロード 9分39

歴史からの学び 皇室と平和 3/5

https://youtu.be/-W_sR03zuTg
 2009/02/26 にアップロード 9分38  

歴史からの学び 皇室と平和 4/5

https://youtu.be/v-nXLb9oxNY
2009/02/26 にアップロード 9分33

歴史からの学び 皇室と平和 5/5

https://youtu.be/V_-E0N5iilM
 2009/02/26 にアップロード 3分13


 ※ 注) 田端さんは、知る人ぞ知る中村文昭さん(『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ』著者)がかつて野菜の行商時代に師事したあの伝説の「田端師匠」です。


【藤原直哉の本音】 日本と世界に一言 【リチャード・コシミズブログ記事より】 [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



【藤原直哉の本音】 日本と世界に一言 【リチャード・コシミズブログ記事より】


【藤原直哉の本音】 日本と世界に一言
 【リチャード・コシミズブログ記事より】

https://youtu.be/OepqWbV58Pg
 2015/04/16 に公開 21分06

 リチャード・コシミズブログ記事で紹介された『経済アナリスト藤原直哉さんの「日本と­世界に一言」と題した本音を語った音声』になります。

RKブログ記事 「藤原直哉さん、よくわかっていますね。」
http://richardkoshimizu.at.webry.info...

 藤原直哉さん、よくわかっていますね。

 こんな直言が、できる時代が来たんですね。

 感慨深いです。

 10年前、同じことを言って、キチガイ扱いされたRKでした。

http://fujiwaranaoya.main.jp/150408.mp3

 お手軽にお聞きいただけるようにYOUTUBEにUPさせていただきます。

 世界はアメリカの金融ユダヤCFRが牛耳って此処まで来ましたが彼らの悪意に満ちた支­配ももう終わりを告げようとしております。
「金融ユダヤ」と言われてもピンとも何とも来ない「お気楽庶民な方々」に是非聞いてい­ただいて今更ながら驚愕していただき真実に目覚めるキッカケになっていただければ本望­でございます。
情報拡散ツールとしてどんどん拡散いたしましょう!

 「リチャード・コシミズブログ」も忘れずに!
http://richardkoshimizu.at.webry.info/



プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR