スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新医学宣言大シンポジウム大会で配布されたRK文書です。 R K's blog H.27/03/29

Richard Koshimizu's blog


 新医学宣言大シンポジウム大会で配布されたRK文書です


Richard Koshimizu's blog 2015/03/29 17:48

[カテゴリ] 創価不正選挙内乱罪!死刑! 一圓融合 心田開発

人気ブログランキングへ

画像


 3月28日の新医学宣言大シンポジウム大会で配布されたRK文書です。

 船瀬俊介先生の「推薦文」をいただきました。

 600枚配布されたと思います。


2015/3/29 15:30

 金沢講演会お疲れ様でした。私は池袋の「新医学宣言大シンポジウム大会」に出向きました。
 受付で渡された資料の一番上にはグリーンの紙に印刷されたリチャードさんの檄文が。
 それに添えられていた船瀬さんの推薦文が秀逸なので、参加できなかった方のためにここに転記します。
「あなたに気づいて欲しい!目覚めてほしい!そして怒って欲しい!
 あなたが投票所に足を運び、一票を投じたのは、何のためだったのでしょう?
 それは、この国が少しでもまともになって欲しいという熱く切ない思いのためです。
 その・・・選挙がペテンだった!
 集計コンピューターが操作されていた!
 私は怒りで体が震える。
 コシミズさんたちの勇気ある運動を支援して下さい。お願いします。」

しろまじょ


↓以下、本文

 不正選挙」が日本を経済崩壊と日中戦争に追い込んでいます。 リチャード・コシミズ


 日本の歪んだ医療の原因は何なのか?制度、実態が歪んでいるがゆえに特定の人たちの重要な資金源となっているのです。癌分野だけでも、抗癌剤、外科手術、放射線治療、癌保険….と利権の宝庫なのです。医療コストは50兆円に達し、2025年には70兆円に達するといわれています。
 医療費は米国並みのGDP比20%に達する日が来る。
 健康保険は形骸化し、米国系民間保険に頼らざるを得なくなる。
 まさしく医療の「米国化」が進行している。
 そのような最悪の事態に誘導せんとする人たちがいるのです。

 戦後70年たちましたが、日本はいまだに米国から独立していません。
 医療分野だけでなく、経済分野でも「日本の資産を米国に貢がせる」目的で安倍傀儡政権が起用されている。
 そして、ドルを防衛するために日本円と中国人民元の弱体化を目的とした「日中戦争」が黒幕の手で強行されようとしている。
 経済の悪化も戦争も普通の国民は望みません。
 国民のやりたくないことを国にやらせるには、不正選挙で米国勢力の傀儡政権をねつ造しなくてはならない。
 その不正選挙を2012年の衆院選挙を皮切りに2014年末の衆院選まで3回連続して敢行したのです。

 21世紀の今、日本の国政選挙で大規模な「不正選挙」が実行されている?
 そんな馬鹿な。
 日本人がそんな非道なことをするわけがないし、実行も不可能だ。
 誰もが、即座にそう断定して、不正選挙追求者に白い眼を向けます。
 しかし、現実には有権者の投票行動とは無関係の選挙結果が予め準備され、自民公明が政権を詐取するよう仕組まれていたのです。
 その実行行為者は?米国の支配者は「金融ユダヤ人」と呼ばれる一握りのマイノリティー集団です。同じ連中が日本をも安倍傀儡政権を介して支配しています。
 投票箱の中身はすり替えられ、S学会の信者が偽票書きに動員され、それが発覚したら、今度は票を印刷してすり替えています。
 投票率は得票改竄がやりやすいよう低く偽装され、投票所は2時間前に閉鎖されました。
「出口調査」を根拠に開票も始まらないうちに午後8時ちょうどに当確が連発されます。
 当選者は最初から決まっているのです。
 こんなとんでもないことは日本人はやらない。
 当然です。やっているのは日本人ではないのです。
 日本には金融ユダヤ人の手先となって働くマイノリティー集団のネットワークがあるのです。

 我々RK独立党は、今、不正選挙を追及し東京高裁などで票の数えなおしや再選挙を求める行政訴訟を起こしています。
 高裁は、自公政権に完全従属し我々の訴訟を理由なく門前払いします。
 法廷は紛糾し、不正裁判の騒乱の模様はネットに流出しています。
 しかし、警察も裁判所もメディアも沈黙します。
 国民に「不正選挙裁判」の存在を知られては困るからです。
 どうか、不正選挙に着目してください。
 このまままでは、日本は国家デフォルトに追い込まれ、中国との戦争を余儀なくされます。
 米国勢力の生き残りのために日本国民が経済的に疲弊し、若者が命を落とすことになります。

 船瀬先生のファンの諸氏が、不正選挙の現実に触れ覚醒されることを切に祈ります。


スポンサーサイト

「味噌にがん発生のリスク抑制や美白効果も期待」と医学博士 NEWS ポストセブン H.23/09/24

NEWS ポストセブン


味噌にがん発生リスク抑制や美白効果も期待」と医学博士


NEWS ポストセブン 2011.09.24 07:00

 古くから不老長寿の薬といわれ、全国で生産され、愛され続けるみそ。長い歴史の中で「ご飯とみそ汁」という“セット”が日本人の食生活に定着した理由は、ほかの調味料にはない、みその驚くほど豊かな栄養成分と発酵食品独特のうまみゆえ。いまも昔も、みそは日本人の元気と美を支える重要な食品だ。そんなみその効果について、順天堂大学大学院の教授で医学博士の白澤卓二さんが解説する。

 * * *
 みそは原料のたんぱく質が発酵する過程で、酵母や植物性乳酸菌などの善玉菌やビタミン類が増えるため、優秀な抗酸化機能があります。これにより、がん発生リスクの抑制や、メラニン合成を抑えることで美白効果も期待できます。

 また大豆サポニンやレシチンがコレステロールや中性脂肪の除去に働き、「メタボ対策」にも効果大。さらにはマウス実験により、セシウムの除去や、放射線防御作用も検証されています。

 みそは、生活習慣や環境悪化による健康リスクから私たちを守ってくれます。いまこそみその力を見直し、1日1杯のみそ汁習慣をおすすめします。

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号



市が破綻して病院がなくなったら死亡率が低下 自然治癒倶楽部 [You-Tube動画]

[You-Tube動画] 自然治癒倶楽部



 市が破綻して病院がなくなったら死亡率が低下
 病院に行くほど病気になって死亡率は上がる




市が破綻して病院がなくなったら死亡率が低下 
病院に行くほど病気になって死亡率は上がる

https://youtu.be/QWU8GxN2IOg 2014/08/18 に公開


 病院がなくなるほど死亡率が下がる!こんなごくごく当たり前のことがようやく認められ­る時代が来ました。タブー中のタブーを破ったお医者様に感謝です。

 つまり、医療を受けなければ受けないほど健康に良いと言うことで、医学が進歩して寿命­が延びているというのは嘘だったと言うことです。

 市の財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた夕張市。高齢化率45­%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果はその真逆だった–。 死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がったマジックの背景を、

 殺人の罠 平均寿命のペテン 日本が世界一の長寿国などというウルトラペテンをいつまで信じますか? マフィアたちの"医猟罠"
https://www.youtube.com/watch?v=mZwRK...


【食べるということ】 に寄せられたコメントのうち、読むべきものをピックアップしてみました。(#^^#)  R K's blog 2015/12/22 10:57

Richard Koshimizu's blog


【食べるということ】 に寄せられたコメントのうち、読むべきものをピックアップしてみました。(#^^#)



Richard Koshimizu's blog 2015/12/22 10:57
コメント 50

人気ブログランキングへ

【食べるということ】 に寄せられたコメントのうち、読むべきものをピックアップしてみました。

「その反面、朝起きたあとの強烈な体の冷え(室温14度前後で服を5枚着ても耐え難かったです。」

断食家は得てして長生きしていないという内容の文章を読んで、自分が半日断食をするに至ったきっかけである甲田先生もまた長生きではなかったなとひどく納得したことがあります。」

激ヤセし、キレまくり暴言吐きまくりーという症状は、明らかに脳に栄養が回っていないものと思われます。」

鬱症状や不機嫌が食べたとたんに治ったというのは、よくある話です。少食・断食もほどほどにしないと...」

「特に、ボディメイクしている人には激老けを招く恐れがあります (私も経験があって「ギョエーッ」の世界です ^^;)」

「美味しいものを、家族や好きな人と食べるのは健康の基盤って感じで何歳になっても 多分寿命が尽きるまで新鮮な楽しさを味わえる幸せな時間ですよね。」

「食に関してあまりこだわり過ぎると人を寄せ付けない事になりかねないと思いますが…。」

自分の血肉となり自分を生かしてくれる食べ物に対してそんな態度では良い影響をいただけるはずがないことをMさんのアドバイスによって知りました。」

「入院中は極端な食事制限のせいで血管が脆ので腕の血管で点滴ラインが取れず首から静脈ラインとってました。」

「今健康な人は良くないものはなるべく避けて気を付ける程度で美味しいものを食べる喜び健康でいられている喜び(オキシトシン)を堪能する」

「何でもストイックに入り込んだら心と体が遊びがないギチギチに固まりいつか何処か崩れます。」

人間の心も体も千差万別、その方法やその食べ物が自分に本当に合うか否か、食べたいのか食べたくないのかだけのシンプルな話なのだと思います。」


「患者さん自身が病識を持って自分を見つめ直すことができれば、… Richard Koshimizu's blog H.26/09/012345

Richard Koshimizu's blog


 患者さん自身が病識を持って自分を見つめ直すことができれば「病気と共棲」していく道開かれる


Richard Koshimizu's blog 2014/09/25 09:32

人気ブログランキングへ

「患者さん自身が病識を持って自分を見つめ直すことができれば、「病気と共棲」していく道が開かれる」

 精神医療の現場からの声、ありがとうございます。

「当事者の自己決定」を尊重するという言い訳を使って患者のご機嫌取りに終始し、病気を悪化させる。

精神医療には強いリーダーシップが必要のようですね。独立党が必要とされているのかな?



 2014/9/23 23:36

 RK先生が言われるように 患者さん自身が病識を持って自分を見つめ直すことができれば、「病気と共棲」していく道が開かれる その通りだと思います。
 病識を持つということは、本人の意識だけでなく、その人の周囲の人間も病気の質や傾向を掴み、助言とともに時に厳しいことも指摘できてこそ「病識」という言葉が現実味を帯びてきます。
 私は他業種から福祉職に転職した精神医療の端くれ者ですが、誤解を恐れず言えば、福祉職は仕事の仕方が甘い… 自己肯定、尊厳を守る、否定しない、権利擁護という相手を思いやるようで、実は専門職の自己弁護のための方策を「当事者の自己決定」というオブラートに包み、正当化しているような世界です。
 こんな生易しいことじゃ治るものも治りません。

 一般的な企業感覚で言う「契約」という概念を組み立てづらい領域ということもありますが、最終的に「自分が刺されないように」相手の話に頷き、否定せず、曖昧な返事で相手のご機嫌を取り続けているうちに、病気を悪化させてしまった専門職を何人も見てきました。

 そういう私もこの職に就いた頃は同じ様であったと思いますが、いい人でいようと思わないことが今の自分を支えています。

 M田さんには、「何をされるかわからない」という精神障害者への偏見を持つような人が作った支援計画による回復ではなく、RK先生のこの言葉を噛みしめて回復していってほしいです。

み~


↓この意見、大嫌いです。

2014/9/24 12:35

 NPD - Narcissistic personality disorder の精神障害者はかなり多いです。
 解決法は今のところ患者を無視する事以外にありません。
 良き悪しきに他人が注目してくれる事で患者の症状は悪化します。
 この精神病の原因は成長期に非常に恥ずかしい体験をすることだそうです。
 この病気を癒す方法ありません。
 日本にこういう精神病患者が沢山いても何の不思議もありません。
 解決法は社会改善する以外無いと思います。
 弱い者いじめをしてもこの人達の病気は良くなりません。
 100%保障します。 貴重な時間の浪費は止めた方が賢明ですよ。
  暇のある方は是非勉強なさって下さい。
 日本語に翻訳されているかどうか知りませんがためになる知識です。

http://samvak.tripod.com/

大嘘


砂糖を摂り過ぎるとおバカになります。 日本や世界や宇宙の動向 H.27/05/03

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向



 砂糖を摂り過ぎるおバカになります。



日本や世界や宇宙の動向 2015年05月03日20:53


 砂糖(特に白砂糖)の摂り過ぎは良いワケがありません。虫歯になりますし、骨も弱くなりますし、糖尿病にもなります。また、暴力的になったり鬱になったりもします。さらに、おバカにもなります!!

 ただ、砂糖の摂りすぎが良くないと、料理に入れる砂糖を少なくしても、様々な食品や飲料に大量の砂糖が含まれています。隠れ糖分は冷えた飲み物に多いので気を付けましょう。3分の1が砂糖という場合もあります。
 お菓子の食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、主食の食べ過ぎも糖分の摂り過ぎにつながります。

 一般的に日本人は炭水化物と糖分そして塩分の多い食生活をしていると思います。
 それにしても。。。子供たちが真面目に勉強しているとき、脳の栄養にと甘い物を食べさせる家庭が多いと思いますが、それは幻想だったのかもしれません。頭の回転を良くするためには糖分は少なめに!ですね。

http://buzz-plus.com/article/2015/05/03/satou-2/
(転載)

 ここ数年、健康業界ではすっかり砂糖が悪者になってますが、どうも「砂糖は健康に悪いだけじゃなくて頭にも良くないよ!」って話もありまして。

・砂糖は脳のBDNFを減らす
 結論から言えば、砂糖が頭を悪くする原因は、脳のBDNFを減らす可能性があるから。BDNFは脳から分泌されるタンパク質の一種で、これがないと脳は新しいことを覚えられなくなっちゃう。

・脳の記憶コントロールエリアが縮小!?
 BDNFは運動やブルーベリーなどで増えることがわかってますが、逆に糖尿病やインスリン抵抗性が高い人のように糖代謝に異常がある人は、どんどん分泌が減っていくことが知られております。これは2000年の初頭から言われてきたことでして(英文)、高脂肪と砂糖を食べ続けたマウスは、脳の記憶と学習をコントロールするエリアが小さくなっちゃうらしい。

・学習能力が完全に破壊された
 さらに2014年の論文(英文)によれば、マウスに糖分(砂糖や果糖ブドウ糖液糖)が入ったジュースを飲みまくらせたところ、脳に炎症が起きまして、学習能力が完全に破壊されちゃったとか。恐ろしいことに、いったんこの状態になると、どんどん脳がおとろえていきまして、修復も難しくなっちゃうみたい。

・そこまで怖がる必要はない!?
 もちろん、以上の論文はいずれも動物実験ですし、1日の摂取カロリーの25~40%も糖分にしてますんで、普通に生活している限りは、そこまで心配する必要はなさげではあります。

・タバコやアルコールと同じ程度に注意
 ただし、砂糖には慢性的な食べ過ぎをうながす作用がありますんで(英文)、気を抜くとガンガンと消費量が増えていくのが怖いところ。タバコやアルコールと同じ程度には注意する必要があるかなーとは思います。

 ここ数年、健康業界ではすっかり砂糖が悪者になってますが、どうも「砂糖は健康に悪いだけじゃなくて頭にも良くないよ!」って話もありまして。

・砂糖は脳のBDNFを減らす
 結論から言えば、砂糖が頭を悪くする原因は、脳のBDNFを減らす可能性があるから。BDNFは脳から分泌されるタンパク質の一種で、これがないと脳は新しいことを覚えられなくなっちゃう。

・脳の記憶コントロールエリアが縮小!?
 BDNFは運動やブルーベリーなどで増えることがわかってますが、逆に糖尿病やインスリン抵抗性が高い人のように糖代謝に異常がある人は、どんどん分泌が減っていくことが知られております。これは2000年の初頭から言われてきたことでして(英文)、高脂肪と砂糖を食べ続けたマウスは、脳の記憶と学習をコントロールするエリアが小さくなっちゃうらしい。

・学習能力が完全に破壊された
 さらに2014年の論文(英文)によれば、マウスに糖分(砂糖や果糖ブドウ糖液糖)が入ったジュースを飲みまくらせたところ、脳に炎症が起きまして、学習能力が完全に破壊されちゃったとか。恐ろしいことに、いったんこの状態になると、どんどん脳がおとろえていきまして、修復も難しくなっちゃうみたい。

・そこまで怖がる必要はない!?

 もちろん、以上の論文はいずれも動物実験ですし、1日の摂取カロリーの25~40%も糖分にしてますんで、普通に生活している限りは、そこまで心配する必要はなさげではあります。

・タバコやアルコールと同じ程度に注意
 ただし、砂糖には慢性的な食べ過ぎをうながす作用がありますんで(英文)、気を抜くとガンガンと消費量が増えていくのが怖いところ。タバコやアルコールと同じ程度には注意する必要があるかなーとは思います。

http://yuzuman.sakura.ne.jp/eiyounotaisetusa.html

(転載)

 ぶどう糖をエネルギーに変えるためにはビタミンB群、ビタミンCが必要になります。
 鉄、マグネシウム、マンガン等のミネラルも必要になります。

 ぶどう糖があっても、ビタミン、ミネラルが不足すると、エネルギー不足になってしまうのです。
 ビタミンB群、ミネラル類は、肉、魚、卵等のたんぱく質食品に多く含まれます。
 ビタミンC摂取のためには、野菜や果物も必要です。
 つまり、糖質だけ食べているとダメだということです。バランス良く食べることが必要です。

 外食、コンビニで買うものには、味を良くするために、砂糖が使われています。砂糖は少量でも血糖値を急上昇させます。急上昇した、血糖値は急降下することは良く知られていて、低血糖症と呼ばれています。

 脳が栄養不足になってしまうことは、精神に対しては重大な影響をもらたします。この血糖の急降下は食後2~4時間後に起こることが多く、その時間帯に集中力、やる気の低下、不安、恐怖の増大、錯乱、暴力、うつ、幻覚、幻聴などさまざまな精神症状の原因になっていることがあります。

 砂糖を日常的に摂取していると、糖質を多く取り過ぎるだけで、低血糖になる体になってしまいます。コンビニ、外食産業などでは、できるだけ安い食材でお腹一杯にさせるため、糖質がかなり多い状態になっています。米、小麦の割合が多いのです。それを食べ続けることは、低血糖になり易い体を作っているようなものです。

 大切なことは、低血糖になり易い体質を変える必要があるということです。
 しばらく、完全に砂糖抜きの生活をすると、あきらかに体調と精神症状をの改善が見込めます。
 私の経験では、砂糖抜きの生活をすることで、精神症状に何らかの改善ない人は、めったにいないぐらいです。

 砂糖抜きの生活をするた為には、自分で料理したものを食べる習慣が必要です。

隠されてきた「ココナッツオイルの驚くべき効能」 zeraniumのブログ H.26/06/12

zeraniumのブログ


 隠されてきた「ココナッツオイルの驚くべき効能


zeraniumのブログ 2014年6月12日 (木)

   何年か前のこと、ある栄養士のグループとミーティング中、メンバーの1人が「ココナッツオイルはこれまで不当に非難されてきたけど、実は善玉の脂質の1つで、体に良い」と発言したのだ。私たちはぎょっとして、”何をばかなこと。我々はココナッツオイルは動脈を詰まらせる飽和脂肪酸を含んでいるから、体に悪いと教えられてきたではないか?”と誰もが思った。彼女はいくつもの研究結果を引用して説明した。ココナッツオイルはすでに何十年も前から、病院での重症患者の点滴液に混ぜて与えられてきたこと、また人間の母乳と同じ栄養素を多く含むことから、粉ミルクの成分として使われているということだった。

   私は大きな疑問を抱いた。
   もしココナッツオイルが体に良いのなら、なぜこれほどしばしば、これが健康に良くないものだと私たちに説明されているのか? もし健康に良いというのが事実なら、なぜ私たちは今までそのことを聞いたことがないのか? 病院で、あるいは粉ミルクに、そのほか多くの面で、ココナッツオイルが使われていることを耳にしないのはなぜだろう? 病人や赤ん坊に良いものなら、私たちにとっても良いもののはずではないのか? 私はココナッツオイルについて、できる限りのことを知るために調査を開始した。

   そしてわかってきたことは、雑誌や本や栄養学の教科書においてさえ、それについてはほとんど記述がなく、見つけたものも、まるで何らかの規則があって同じ発言をするようにと命じられているかのように、ココナッツオイルは健康に悪いと言っていたのだ。私は一般的に無視されがちな研究ジャーナルのうち、科学ジャーナルと医学ジャーナルを調べたが、そこには文字どおり何百ものココナッツオイルに関する研究結果が載せられていた。そしてわかったことは実に驚異的なものだった。

   ココナッツオイルは、我々の手に入るものの中で、最も素晴らしい健康食品の1つであることがわかったのだ。そして同時に、なぜこれほどココナッツオイルが悪者にされ、真実を知らされず誤解されてきたのかも知ることになった。あとで述べるが、その理由を人々が知るならば、驚くとともに怒りさえ感じることだろう。

   私は自分でもココナッツオイルを使い始め、クライアントにも勧めるようになった。
   そしてココナッツオイルのおかげで、慢性の乾癬(かんせん)やフケがなくなったり、前ガン状態の皮膚病変が消えたり、インフルエンザの治癒が早くなったり、膀胱感染症が治まったり、慢性疲労、いぼ痔その他の症状が改善されるのを目(ま)の当たりにしてきた。さらに科学文献には、虫歯、消化性潰瘍、良性の前立腺肥大、ガン、てんかん、アルツハイマー病、性器ヘルペス、C型肝炎、そしてエイズの治療にも使える可能性が報告されていた。そしてすでにココナッツオイルによって、多くのエイズ患者がその恩恵を受けていたことを知ったのだ。

 エイズが治った!

   その1つの例を紹介しよう。
   1996年9月、インディアナ州クローバーデールに住むクリス・ダフォー氏はエイズ患者であったが、自分はもう長く生きられないことを知っていた。体調は日ごとに悪くなり、60万を超えるウイルスの負荷はHIV感染が広がって余命が短いことを示していた。それで彼は自分の葬式を前もって手配した。だが彼はまだ体力がいくらか残っている間に、死ぬ前にもう1度だけ旅行がしたかった。南アメリカのジャングルを旅することが彼の夢だったのだ。彼はスリナムという小さな共和国へ飛び、ジャングルに分け入り、スリナムの先住民族の人々の村に少しの間滞在した。

   その間、彼は先住民の人々と同じものを食べたが、その食事には毎回必ずココナッツ料理が含まれていた。ダフォー氏が先住民の首長から聞いた話では、彼らの薬はそのすべてがココナッツが基になっているそうで、ココナッツミルクを用い、ジャングルで採れる植物やハーブを使って薬を作っていた。そして彼らは病気を防ぐために、調理したココナッツを毎日食べていたのだ。

   そこでの滞在中にダフォー氏の健康状態は驚くべき回復を見せ、体力とエネルギーが上がり、体重も16キロ増えた。そして6週間後、家に戻った彼が再度検査を受けたところ、なんとウイルス負荷量が検出不可能なレベルにまで激減していたのである。彼の体中にあふれていたHIVウイルスは、もう測定できないまでに消えていたのである。それ以来、彼は毎朝、温かいシリアルと一緒に調理したココナッツを食べており、そのおかげで良い体調を維持している。彼は生きる意欲を取り戻したのだ。

   ココナッツオイルがもつ、もう1つの驚くべき効能は、心臓病を防ぐことである。
   私たちはこれまでの長い間、ココナッツオイルは心臓病を悪化させると教えられ、信じ込まされてきたが、近年の研究結果はそれとは逆のことを証明している。近い将来、ココナッツオイルの持つ真の驚くべき効能は、心臓病やその他の循環器系疾患などの治療に、強力な武器となることが理解され広く受け入れられるだろう。

   ココナッツやココナッツオイルは、アジア、太平洋諸島、アフリカ、そして中央アメリカに住む何百万人の人々が、何千年にわたり重要な食べ物として利用してきたものである。そして彼らは北アメリカやヨーロッパの人々よりもはるかに健康なのである。現代的な食物を摂るようになる以前は、人々は心臓病やガン、糖尿病、関節炎などその他の現代病とは無縁で生きていた。以前から研究者たちは、こうした島の住民たちが自らの伝統食を捨てて西洋の食物を食べるようになると、彼らの健康状態が悪化することに気づいていた。

   ココナッツオイルは世界中のさまざまな文化において、古来、貴重な食糧としてだけでなく、効果的な薬としても高く評価されてきた。さまざまな熱帯地方では、多くの伝統医学体系でココナッツオイルを用いている。インドのアーユルヴェーダもそうである。中央アメリカのパナマでは、人々は病気を乗り越えるために、ココナッツオイルをコップに何倍も飲むことで有名である。彼らはココナッツオイルを飲むと病気の回復が早まることを、何世代もかかって学んだのである。

 ココナツオイルを悪者に仕立てたアメリカ大豆協会

   ココナッツオイルという言葉を聞くたびに、ほとんどの人が飽和脂肪酸を思い浮かべ、そして体に悪いに違いないと思う。もしあなたがその理由だけで、ココナッツオイルを避けてきたとしたら、あなたは他の多くの人々と同様、自分たちの利益や儲けのことしか考えない人々や企業に意図的に騙されたのである。それはたとえば、アメリカの年間30億ドルに及ぶ植物油市場をかけた闘いでもあった。そのために悪意あるプロパガンダ戦争が仕掛けられ、そこへアメリカ大豆協会と公益科学センターなどが加わって、ココナッツオイルに対する攻撃が始まった。

   アメリカ大豆協会は一般市民に向けて、トロピカルオイル(ココナッツオイルやパームオイル)のネガティブキャンペーンを大々的に繰り広げ、もともと存在していなかった健康危機を作り出すことに成功した。その結果、食品会社のほとんどが洗脳された消費者の反応に対応して、1980年代の終わりごろまでさまざまな食品に使われていたトロピカルオイルを、水素添加された油に変えてしまった。

   その結果私たちは、水素添加された大豆油に含まれている、健康を害するトランス脂肪酸を大量にとるようになった。今日アメリカで使われている植物油の80%近くは、大豆から作られているが、そのうちの4分の3は水素添加されている。それはつまり、以前は食品には含まれていなかった有害なトランス脂肪酸が、今では私たちの食べ物に大量に含まれていることを意味している。

   私たちは人々の健康ではなく、自らの利益や儲けをかけた人々との戦争に負けたのだ。そして、ココナッツ製品を常時食べていれば、得られる健康効果を私たちは失ってしまった。しかし得たものもある。それが心臓病やガン、糖尿病、感染性疾患、病的な肥満、そして免疫機能障害で苦しむ可能性である。これらはすべてが水素添加、および部分水素添加植物油と関係があることがわかっている疾患である。西欧文明の影響下で暮らす私たちは、ココナッツオイルをとることはほとんどなく、その代わりに水素添加した植物油を大量に口に入れている。その結果が、死因第1位の心臓病である。

   この戦争の残り火は今も消えてはおらず、無知な書き手や講演者などは、「動脈を詰まらせる飽和脂肪酸を含む」という無知によって、ココナッツオイルを弾劾し続けている。だが、誰を信じるのかはあなた次第である。あなたは巨額な利益と儲けをかけた人々や大豆産業界の言うことを、それとも私たちよりもずっと健康で、ココナツオイルをたっぷり食べて心臓病の最も少ない人々の方を信じるのだろうか。ココナツオイルを大量に摂取する人々には、ほんの少量しかとらない人々と違い、心臓病がほとんど発生しないということが明らかに証明されている。

   私はココナツオイルが持つ効能に非常に驚き、その素晴らしさに感銘したことから、自分が学び、知ったことを世界中の人々と共有する義務を感じた。私の目的は、誤った思い込みと誤解を解き、ココナッツオイルがもたらす数多くの癒しの奇跡の一端を伝えることにある。そのためにこの本を書いたのである。

book 『ココナッツオイル健康法』 ブルース・ファイフ著  WAVE出版 抜粋


【新医学宣言】プレス リリース記者会見、無事終わりました。 R K's blog H.27/03/11

Richard Koshimizu's blog



【新医学宣言】プレス リリース記者会見、無事終わりました。


Richard Koshimizu's blog 2015/03/11 07:05

人気ブログランキングへ

画像

【新医学宣言】プレス リリース記者会見、無事終わりました。

https://www.facebook.com/sinigaku

 無事終わりました。

 裏社会さんの無人機攻撃もなく。

 同時中継視聴者数が3000を超えていたので、今後、反響が出てくるかと思います。

 今後、Youtubeに編集した映像が上がると思います。

 ご覧いただいた皆様に感謝します。



奇跡の地球物語 ハチミツ Honey [You-Tube動画]

[You-Tube動画]


 奇跡の地球物語 ハチミツ Honey


奇跡の地球物語 ハチミツ Honey1

http://youtu.be/BOyUZ9dR8Fg 2013/07/07 に公開
20130519
ミツバチ 生命の結晶 Epsode170
2→ https://www.youtube.com/watch?v=gyEVg...

音楽David Arkenstone の「New Day」 (eMusiciTunes)

奇跡の地球物語 ハチミツ Honey 2

http://youtu.be/gyEVgWljfgM 2013/07/07 に公開

20130519
ミツバチ 生命の結晶 Epsode170
1→ https://www.youtube.com/watch?v=BOyUZ...
音楽André Gagnon の「Pour ma soeur en allée」 (eMusic)



ターメリック(クルクミン)がフッ素の毒素から脳を守ってくれます。 日本や世界や宇宙の動向 H.26/11/29

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 ターメリック(クルクミン)がフッ素の毒素から脳を守ってくれます。


日本や世界や宇宙の動向 2014年11月29日10:56

 日本ではフッ素加工品やフッ素が含まれた歯磨き粉などはあまり問題視されていません。殆どの鍋やフライパンはフッ素加工であり、殆どの歯磨き粉にはフッ素が混入しています。ただ、日本の水道水にはフッ素が含まれていないと思いますが。。。

 最近ではフッ素が含まれていない歯磨き粉を見つける方が難しいくらいです。
 もちろんフッ素が含まれていない歯磨き粉も販売されています。
 あまり有名でないメーカーが作った、どことなくダサ~イ、デザインのチューブをご覧になると。。。フッ素が含まれていなかったりします!
 特に小さいお子さんがいる家庭ではフッ素歯磨き粉を使うのは控えた方が良いかと思います。
 鍋やフライパンもできればフッ素加工されていないものを使う方が安全かと思います。

 フッ素の神経毒素が脳を破壊するそうですから、ひょっとしたら高齢者の認知症を増やしている原因の1つなのかもしれません。

 なぜ、あらゆる物にフッ素が使われ始まったかというと。。。もちろん安い製造コストと誤った使い道があるのでしょうが、人口削減計画の一環でしょうね~!

 同じように脳にダメージを与えるとされる人工甘味料のアスパルテームも、ガムだけでなくネスカフェなどの粉末カフェラテやお菓子などにも含まれるようになりました。特に大手食品メーカーは多くの食品や飲み物にこのような毒物を使っています。

 残念ながら、フッ素があらゆる物に使われているため知らないうちにフッ素の毒素を体内に吸収しているのかもしれません。

 ただ、フッ素の毒素をやっつける強い味方があったのです。
 それはカレーなどに含まれるターメリック(クルクミン)です。以下の記事の通り、ターメリックはフッ素の神経毒素から脳を守ってくれるそうです。

 毎日カレーばかり食べているインド人に頭脳明晰な人が多いのはこのためでしょうか。
 日本人の多くがカレーを好んで食べています。ターメリックを摂り過ぎるのも良くないのでしょうが。。。日常的に食べているスパイスが実は身体に大変良いということが分かります。

 ハーブもスパイスと同じように健康維持に非常に効果的な食品です。

http://beforeitsnews.com/health/2014/11/the-spice-that-prevents-fluoride-from-destroying-your-brain-2556676.html

(概要)
11月26日付け:

The Spice That Prevents Fluoride From Destroying Your Brain

Green Med Infoより

 現在では、抗生物質、飲料水(アメリカの場合)、フッ素コーティングの鍋やフライパン、歯磨き粉など様々なものにフッ素が使われています。

 しかし最近の研究成果により、あるスパイスがフッ素による健康被害を防いでくれることが分かりました。

 何十年も前から専門家の間でフッ素の神経毒性が問題視されてきました。そして最近では一般の人々もフッ素による健康被害について盛んに議論が交わされています。

 初めてフッ素が飲料水に使われたのは、ロシアとドイツの強制収容所だと言われています。これらの収容所では捕虜たちのIQレベルを下げ、(人の魂が潜むとされる)松果腺を硬化させるために飲料水にフッ素を混入させ化学的ロボトミーを施していました。

 今では多くの国々で様々な物にフッ素が使われています。最近になりアメリカの州全体或いは地方自治体で組織的に飲料水から毒物のフッ素を除去する動きがあります。

 そしてつい最近、専門誌(Pharmacognosy Magazine)に、フッ素の神経毒を弱毒化するターメリック(クルクミン)に関する研究論文が発表されました。 

 専門家チームの研究成果によりフッ素には脳を破壊する毒素が含まれていることが分かっています。また、この天然スパイスには様々な健康被害をもたらす毒素から身体を守ってくれる保護剤実が含まれていることも分かりました。
インドのサカディア大学、理学研究学部(動物学)が10年前からフッ素の神経毒素についての研究を重ねた結果、以下の通りフッ素による健康被害とターメリック(クルクミン)の効用が明らかになりました。

 歯が生えるかけている子供がフッ素が混入した歯磨き粉を使うと、フッ素中毒により歯のエナメルがまだらになり、脂質過酸化反応(酸敗臭)と呼ばれる酸化ストレスにより神経変性が生じます。脳内で過剰な脂質過酸化反応が起きると脳内の脳リン脂質が減少します。

 しかしフッ素に含まれる神経毒素に対し、ターメリック(クルクミン)に含まれるポリフェノールが神経防護作用と抗酸化作用を起こし、一重項酸素、ヒドロキシルラジカル、スーパーオキシドラジカルから脳を守ることが分かりました。
さらにターメリック(クルクミン)は、脳内の抗酸化防御系として最も重要な内因性グルタチオンの生成を高めることも分かりました。

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (314)
民意は最強、無敵! (679)
ホツマツタヱ (32)
「美しき日本の心」 世界に貢献する誇り (375)
真の日本の自主独立 (294)
精神学協会 (90)
田中角栄偉大な日本常民国士 (7)
岡 潔国士 (1)
国士 石井紘基議員 (7)
小沢一郎 国士 (96)
真の愛国者 中川昭一 (6)
日本男児 鈴木修! (8)
Richard Koshimizu (98)
霊性の時代 (202)
日本・世界の未来は明るい (167)
全世界から愛される日本 (8)
全世界が知っているダントツ日本の実力 (37)
日本の技術力は世界No.1の高み! (22)
日露中 東アジア経済共同体 (71)
「奢れる金融ユダヤ久しからず」盛者必衰の理  (384)
恐るべき危機を拓く日本女性パワー (15)
千島学説 (3)
城南信金を支持する! 吉原・城南信金理事長 (2)
違憲選挙 憲法は人類が生み出した英知 (28)
国士 前阿久根市長 竹原信一 (11)
世界の守護神 プーチン大統領 (186)
五井野 正博士 (6)
オバマ大統領 (16)
国士 亀井静香 (7)
自由民権運動 四民平等 (1)
心ある憂国の士・憂国議員 (40)
国士 東祥三 (1)
NESARA (20)
アナスタシア (3)
使命に殉ずるジャーナリスト (28)
はやし浩司(hiroshi-hayashi)の日記 (10)
そうかカルト裁判長 不正選挙裁判 (425)
万死に値する安倍晋三 自公政権  (142)
創価、万死に値する大罪仏国カルト認定 (230)
財閥 三菱三井住友 日本乗っ取りクーデターの中枢 (570)
東京大学亡国利権亡者 (5)
KCIA統一教会安倍晋三違憲無効偽総理 (1272)
国民皆殺し 亡国厚労省 (34)
亀尾玲子 (3)
断末魔のCFR (金融ユダヤ) (793)
人でなし小泉・竹中 大罪人  (64)
宇宙への旅立ち (12)
ユダヤのポチの枢軸 最高裁事務総局 (114)
電通・マスゴミは売国亡国カルトだ (215)
原発村「国民を無視」皆殺し既得利権 (44)
戦後ず~っと米ポチ 自民党 (35)
亡国腐敗 警視庁・警察 (67)
亡国腐敗・殺人 官僚 (30)
米と戦犯逃れ売国密約、権益得た財務省 (87)
官僚厚生労働省・医師会マフィア医療殺人利権 (117)
冤罪 言論弾圧 (53)
クリーンエネルギー (10)
シロアリ売国奴議員 (24)
言霊 言葉には偉大な実現性がある (1)
ブラック拝金守銭奴企業 (18)
生活保護 / BI (ベーシックインカム) (23)
魑魅魍魎売国奴 野中元官房長官 (1)
日本の似非右翼集団 (11)
平目人でなし ネトウヨカルト文化人 (22)
毒物・添加物殺人食品 (28)
石原売国宗教カルト (15)
売国人権侵害救済法案等 (25)
小沢一郎を人格破壊 商店街を破壊したフランケン岡田 (19)
万死に値する菅直人 (3)
戦後ず~っと米ポチ 売国政党 (18)
稲嶺名護市長 (1)
中曽根偽大勲位 万死に値する人でなし  (21)
江戸期の日本食は世界一・食養 (22)
児童相談所の闇 (6)
洗脳される国民 (9)
真実を国民に隠す隠蔽謀略 (8)
遊戯三昧 (2)
昭和の闇 (6)
日本共産党 自民党の補完政党 (16)
違憲・不正選挙 無効安倍晋三内閣 (94)
たかるハイエナ朝鮮裏社会 (86)
生活の党 (17)
海外情勢 (13)
公選法違反 (4)
宇都宮健児 (15)
日本政府という名の暴力団 (33)
万死に値する 枝野幸男 (1)
世界の現実 (4)
福島第一原発の実相 (3)
*シリーズ*日本歴代首相の学力とその能力 (6)
環境破壊 (1)
元海賊強欲略奪王室の終焉 (51)
細川護熙都知事候補 (16)
舛添偽朝鮮野獣 (23)
人工異常気象 (2)
スピリチュアル (21)
橋下徹 売国亡国似非プリンス (13)
斎藤一人 (5)
太古縄文の心 大麻 (5)
原発 電力発電の崩壊 (1)
一圓融合 心田開発 (25)
CPA東郷郁三のブログ (4)
隠蔽事実自ら開示を欲す (2)
文科相 思いやり抹殺売国文教政策 (22)
船瀬俊介国士 (1)
耕助のブログ (2)
天才! 小室直樹国士 (0)
日本でいちばん大切にしたい会社 (1)
先入観や美化して善悪を判断しない (1)
麻生特A売国奴真正アホ (5)
太陽光発電日記 by 太陽に集いしもの (5)
人間より崇高な心 動物・樹木… (15)
瀬耕弘成A級売国奴 (1)
HARMONIES ハーモニーズ (5)
日本を貢ぐ害務症 (4)
ねこばばシロアリ官僚・公務員 (4)
亡国松下政経塾 偽朝鮮のぶた (3)
韓国の真実 (4)
飯山一郎氏 (26)
マハティール・マレーシア元首相 (1)
腐った自衛隊 (5)
侠客 (9)
三界は唯心の現れる所 (1)
實相 (1)
売国似非学者 (2)
原発利権カルト 経産省 (3)
自然農法の創始者、福岡正信さん (2)
障害者と基本的人権 (3)
因果応報 (1)
江戸時代の英知に学ぶ (12)
日本文明の実相 (54)
太古のロマン (6)
喜び (12)
天皇家の實相 (51)
竹中パソナHomo売国奴 (4)
田舎暮らし礼賛 (2)
犬丸かつ子 国士 (3)
韓国の実相 (2)
創価不正選挙内乱罪!死刑! (268)
狙われるお人よし日本女性 (1)
国民に無視され馬鹿される未曽有 安倍 (90)
中国 韓国の實相 (2)
防衛省 国民の生命を護らず、外国に売リ渡す (5)
心配無用! (6)
本田宗一郎 愛国者 (1)
弱者虐め 自己の利益を貪る既得権者 (3)
色即是空、空即是色 (1)
江戸時代劇秀逸作品 (3)
世界中に愛される日本 (1)
禅 (3)
新党憲法9条 (129)
佛教 (8)
義士、侠客 (14)
真の愛国者 出光佐三 (3)
「陸軍の至宝」 永田鉄山 (1)
愛国者 本田宗一郎 (1)
圧力に怯まない現場にいる憂国の士 (2)
伏魔殿 外務省 (4)
「神社本庁」日本最大のカルト教団 (2)
大本営発表に真実はなし 国民を騙す絵図 (3)
武士道 信義 (13)
美しい日本 自然 風景 (1)
田布施システム (1)
江戸時代名曲 (0)
癒し (4)
民主主義の崩壊 (2)
優良メディア (1)
宮崎 駿 日本を憂える憂国の士 (1)
米国ポチ 安部売国偽政権 根こそぎ貢ぐ! (157)
ユダヤ人の實相 (4)
共産主義運動の恐ろしさ! (1)
「日本の近現代史」 (3)
敵の本丸は、米国大使館にあリ! (2)
大和民族抹殺の陰謀 (4)
憂國烈士 三島由紀夫 (6)
谷垣元法務大臣 特高の家系 (1)
日本人の生命をテロに差し出す 安倍晋三 (113)
威圧、恫喝 スラップ訴訟  (2)
切支丹と火縄銃の謀略  (1)
世界に希望を与えた革命家 チェ・ゲバラ (1)
貪欲は滅亡をまねく 餓鬼畜生地獄 (5)
誠実 (1)
吾れ唯足るを知る (3)
ピンチはチャンス! (1)
神道 (1)
理研の闇 不正天国 (1)
やることなすこと中止半端 実現しない安倍政権 (5)
裏社会御用達ジャーナリスト (1)
言うべきを言う (1)
日本の守護神 南方熊楠 (3)
経済戦略会議売国奴の巣窟 (1)
自閉症の実態 (1)
神が与えしすばらしき日本の自然風土 (1)
稲盛和夫 国士 (1)
陽明学 (3)
西郷隆盛 信義武士道 (3)
不死 臨死体験 (1)
自由 (0)
ユーモア 笑い! (1)
稀代の大嘘つき安倍 息を吸うように嘘をつく (4)
純正愛国者 (2)
柳田国男 民俗学の始祖 (1)
日本復元!古き良き日本の伝統! (5)
世界の悪しき因習 (0)
覚せい剤を蔓延させた「厚生省」と「米国」 (2)
オキシトシン (1)
日本は永久に滅びない (8)
「革命家」 埴谷雄高 (1)
想像は創造なリ (1)
天界の實相 (1)
成功法則 哲学 (1)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。