スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故中川昭一前大臣の酩酊会見の謎 世界の真実の姿を求めて! H.22/07/24

世界の真実の姿を求めて!


 故中川昭一前大臣の酩酊会見の謎


世界の真実の姿を求めて! 2010-07-24


中川昭一前大臣のご冥福をお祈りいたします。

故中川前大臣は、IMFへの1000億ドルの融資の財源について「外貨準備高を活用する」と発言していた。これは無駄に積み上がった米国債のうまい下落リスク逃れであり、中国など、米国債をなんとか手放したい国々がこぞって真似をし、一気に米国債・ドルの暴落を引き起こしかねない。この(米国にとっての)暴挙を阻止するため、中川は失脚させられたのではないだろうか。実際、結局この米国債の活用案は採用されず、融資は外為特会を使うことになった(為替介入資金の調達と同じ方法=国の借金)。つまり中川の目論見は潰された。

また、中川前大臣は先頭に立って、IMF改革における日本のリーダシップを発揮していた。
世界にとっては望ましい改革であったが、それがIMFを牛耳る国際金融資本にとっては歓迎されるものだったのだろうか・・・・・

中川前大臣はG7の会見で明らかに酩酊していた映像が世界中に公開された。

しかし酩酊会見の15分後にバチカン博物館を見学していたときには、正常で全く酔ってなどいなかった。
中川前大臣の言葉は非常にはっきりしていた。
(同行していた通訳の和田誠神父の話。)

和田誠神父が「正常で全く酔ってなどいなかった。」というのが真実であると思われる。
和田誠神父がウソをつく理由がない.
神父がウソをつくにはそれなりの理由がいる。
また和田誠神父がウソを言うことは出来ない。なぜなら同行者が十数人もいる中で、ウソを言っても直ぐにばれてしまう。

和田誠神父の告白を日本のメデイアそして同行していた財務省の人間が一切無視して、報道しない不思議。


続きを読む

スポンサーサイト

超拡散《故中川昭一先生の酩酊記者会見の闇を知る原聡子が「バンキシャ」に出演》 水間政憲のブログ H.24/05/20

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】


 
 超拡散《故中川昭一先生の酩酊記者会見の闇を知る原聡子が「バンキシャ」に出演》


【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】 2012年05月20日 19:50

超拡散《故中川昭一先生の酩酊記者会見の闇を知る原聡子が「バンキシャ」に出演》

■日本人の忘れやすい性格を逆手にとって、あのイタリアでの「仕組まれた酩酊記者会見」の裏側を見ていた日テレの原聡子記者が、ほとぼりが過ぎたと判断してか。ノコノコと日テレ日曜日の「バンキシャ」で、ニュース原稿を読んでいました。

当時、イタリアでの重要会議を終了して、故中川昭一先生が軽い昼食を済まして記者会見に臨んだのだが、その食事に同席したのは、男性は中川氏と玉木林太郎財務省国際局長他1名、女性は、日テレ・原聡子記者、読売新聞・越前屋知子記者他1名だった。

その時飲んだ赤ワインは、6名で一本だけだったにも拘わらず、中川氏はあの状態に陥ったのです。中川氏本人もあの一瞬自分がどうなっていたのか「帰国してテレビを観てはじめてわかった」と、中川義雄先生に語っていたのです。

誰れが一服もったのか。


当時のマスメディアは、異常を通り越し、すべてが謀略機関に成り下がっていたことを忘れてはいけない。

あの謀略報道がなければ、中川氏が死に至ることにならなかったのであり、一服もった犯人は、間接的に中川氏を殺した犯人になるからです。

あの記者会見後、バチカン美術館で非常ベルを鳴らしたとか、彫像に触れたとの報道もすべて嘘だったのです。

それは、故中川昭一先生の叔父さんで参議院議員だった中川義雄先生から聞いたことだが「郁子さんにバチカン美術館を最初から最後まで案内したバチカンの神父さんから手紙がきていて、日本で報道されているようなことは一切なかった。ずっと間近にいて一切お酒の匂いはしなかった」と、綴られていたとのことでした。

皆様方は、我が国のゴミマスコミと神に仕える神父さんのどちらを信じますか。

一国の財務大臣を失脚させたスキャンダルの現場にいたジャーナリストの原聡子記者と越前屋知子記者は、国民に対する説明責任があるのだ。

ところが、越前屋知子記者は、帰国後姿を消したと思いきや、米国へ転勤になり未だに隠れている状態です。そして、原聡子記者は週刊誌などからの取材を逃げ回り、未だに一切取材に応じていない。

よほど都合の悪いことを知っているから逃げ回っているのであろが、ことは、我が国の将来の首相を嘱望されていた政治家を、死に至らしめるきっかけのスキャンダルの現場にいた当事者として、きちっと国民に説明責任を果たさないかぎり、ノコノコ素知らぬ顔でテレビに出ることは許されないだよ原聡子記者。

覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様、原聡子記者と越前屋知子記者はジャーナリストですので、説明責任を果たすまで絶対許してはいけません。これからも逃げ回るのであれば、地獄まで追いかけるしつこさが日本人には必要なのです。

IMF(国際通貨基金)は海外から国内向けに世論誘導する 財務省の出先機関! 杉並からの情報発信です H.24/01/25

杉並からの情報発信です


 IMF(国際通貨基金)は海外から国内向けに世論誘導する 財務省の出先機関!


杉並からの情報発信です 2012-01-25 14:02
(出典)Richard Koshimizu's blog コメント 砂頭巾 2014/03/07 10:54

(写真は2009年2月14日ローマでの中川財務相記者会見、左は篠原尚之財務官(現IMF副専務理事)

IMFは戦後復興策の一環として1946年3月に29ヶ国で創設され、現在の1加盟国は187ヶ国。世界銀行と共に国際金融秩序の維持を目的とす る国連の正式機関です。

IMFは加盟国からのクォータ(出資割当額)を資金としていますが、日本がIMFへ出資した資金の累計は約2兆円にのぼるといわれています。

日本の出資比率は第一位の米国についで第2位(6.464%)、第3位は中国(6.394%)となっています。

日本はトップである専務理事の下に3人いる副専務理事の1席を財務省の天下りポストとして確保しており、現在の副専務理事は例のローマで故・中川昭一財
務相酩酊会見に同席していた元財務省財務官の篠原尚之氏です。

24名いる理事の一人の席も財務省官僚が占めその下に多くの財務省出向職員がいていますので、IMFは[財務省の分室]のようなものです。

したがって、IMFの日本経済分析は日本の財務省の出向職員が書いていますので財務省の分析と全く同じとなっています。

昨年11月にIMFが発表した[警告]は財務省が大手マスコミを使って盛んに世論誘導を図っている[日本の国家債務1000兆円][日本の財政は危機的]
と全く同じです。

続きを読む

恐怖!「人権侵害救済法案で私は消される。」 故中川大臣 /  【拡散】人権侵害救済法案阻止!<電脳News> [You-Tube動画]

[再掲][You-Tube動画]


恐怖!「人権侵害救済法案で私は消される。」 故中川大臣 
/ 【拡散】人権侵害救済法案阻止!<電脳News>


 恐怖!「人権侵害救済法案で私は消される。」 故中川大臣

http://youtu.be/rFFMpi2R6hw アップロード日: 2010/06/15

【拡散】人権侵害救済法案阻止!<電脳News>

http://youtu.be/sf6i93pilxw 公開日: 2012/08/23

「日本は現金自動支払機ではない」 ホワイトハウスに猛抗議した中川昭一氏をしのぶ(ZAKZAK) ★阿修羅♪ 掲示板 H.25/09/27

★阿修羅♪ 掲示板[再掲]








「日本は現金自動支払機ではない」 ホワイトハウスに猛抗議した中川昭一氏をしのぶ(ZAKZAK)


かさっこ地蔵 2013 年 9 月 27 日 10:15
http://www.asyura2.com/13/hasan82/msg/671.html


日本には中川昭一という気骨ある男がいた
               

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130927/ecn1309270728004-n1.htm
2013.09.27 「お金」は知っている

 2008年9月のリーマン・ショックから5年。当時、「日本は黙ったまま、世界のキャッシュ・ディスペンサー(現金自動支払機)になるつもりはない」と、ホワイトハウス向けに伝言した男がいる。中川昭一財務・金融担当相(当時)だ。


続きを読む

「敵は内にあり」2:殺人犯「越前谷知子」を発見!ニューヨークにいたぞ! Kazumoto Iguchi's blog H.26/02/26

■井口和基の公式ブログ


「敵は内にあり」2:殺人犯「越前谷知子」を発見!ニューヨークにいたぞ!


Kazumoto Iguchi's blog 2014年 02月 26日

みなさん、こんにちは。

いやはや、故中川昭一さんの「朦朧会見」

の時に毒を持ったという越前谷知子が、健在だった。

なんとこのメギツネさん、ニューヨークで余裕のよっちゃんでくだらん記事を書いていた。これである。
ビットコイン取引サイト停止で米当局、捜査着手

【ニューヨーク=越前谷知子】25日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、東京に拠点を置く仮想通貨ビットコインの取引所を運営する「マウントゴックス」が取引サイトを停止したことを受け、ニューヨークの米連邦地検が今月に入り、捜査に着手していたことが分かった。

 連邦地検は26日、取引サイトを停止したマウントゴックスの代表らに東京で接触しようとしたが、できなかったという。同紙は、75万ビットコイン(約4億ドル)が盗まれたとの観測もあると報じた。

(2014年2月26日19時52分 読売新聞)

まあ、ニューヨークに逃亡生活中。ほとぼりが覚めたら(日本人は忘れっぽいと思っているらしいから)、帰国しようと狙っているんでしょうナア。

まあ、生きては帰れないだろうヨ。帰ってくれば、刑務所行き。

売国読売は、どうしてこんな犯罪者に記事書かせられるんでしょうナア。年収2000万はもらっているんでしょうナ。羨ましい限りですナ。

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。