スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんと闘う人達の奇跡は千島学説(ガン赤血球分化説)を裏付ける。 世界の真実の姿を求めて! H.22/12/12

世界の真実の姿を求めて!



 がんと闘う人達の奇跡千島学説(ガン赤血球分化説)を裏付ける。



世界の真実の姿を求めて!  H.22(2010)-12-12

 赤血球(一部は白血球)がガン組織中の至る所の組織間隙に存在しているはなぜか?
(ガン組織を始め、正常組織の何処を見ても組織間隙には赤血球が多量に流出している像を確認することができます。)

ガン組織の周りには定形的なガン細胞、赤血球、白血球、極めて多種多様の細胞が存在するのはなぜか?


赤血球は毛細血管の先端から出てくる。
毛細血管の先端は開いている。

赤血球ががん細胞に変化する。(赤血球が変身したもの=がん細胞)

ガン組織中には、赤血球からがん細胞に変化する様々な過程がそこにある。
(赤血球→血球モネラ→血球モネラ中に細胞形成前の液胞または空砲を生じ、その内部に細胞核が新生→リンパ球状または間葉細胞を経て→若いガン細胞へ移行)

だから、ガン組織の周りには定形的なガン細胞、赤血球、白血球、極めて多種多様の細胞が存在する。

① 細胞は分裂によって増える説。(癌細胞分裂説)
「細胞分裂説」はすでに世界が認める定説であり、それを実証するかのごとき顕微鏡写真や映像も広く社会に認められている

② 細胞は赤血球が分化してなる説 (癌赤血球分化説)
千島喜久男教授など、一部の医学関係者が主張している。

細胞形成(起源)に関するこの問題は、具体的な治療の面でも非常に大きな影響を及ぼします。

癌赤血球分化説は手術、抗癌剤、放射線治療を否定する。

癌赤血球分化説は治療には食生活の改善、ストレスの発散を最優先する。


ガン細胞には異常核分裂像が多く見られる。
これは真の核分裂像ではありません。細胞は分裂するという既成概念のもとに観察した短絡的な考えで、
赤血球が融合によるAFD現象によって、核を新生しつつある像を細胞分裂と見誤ったものです。自然状態ではまず細胞分裂はありません。

ガン組織を注意深く検索すれば、従来の常識を超えた次のような2つの重大な事実をみつけることができるでしょう。
① 赤血球(一部は白血球)がガン組織中の至る所の組織間隙に存在すること
② ガン組織中には定形的なガン細胞のほかに極めて多種多様の細胞があって、赤血球との間に一連の中間移行像が見えること

毛細管は閉鎖型だという誤った判断のもと、赤血球は血管外に出ることはないという思い込みをしていること。
ここで重要なことは、なぜ組織間隙に多量の赤血球が流出しているか…ということに学者たちは誰も疑問を抱いていないことです。毛細管や静脈洞は必ず一層の内皮細胞で被われており、かつ血管の先端は閉鎖されているというのが既成学説の定義となっています。しかし、ガン組織を始め、正常組織の何処を見ても組織間隙には赤血球が多量に流出している像を確認することができます。これは定義と一致していません。
 毛細血管の先端部は開放型になっているのです。


治る方法はみんな個性的。
がんに負けない方法は十人十色。
ただしみんな治ると信じているところから始まっている。
どんな方法を選ぶかは、自分の体に聞いて自分で決断するしか無い。

つまり自分で決断することは、精神的ストレスを一番少なくすることにつながる。
精神的ストレスが、ガンに一番大きな影響を与えているのでは無いだろうか?

12121.jpg

12122.jpg


続きを読む

スポンサーサイト

千島学説 千島喜久男博士 造血の仕組み  真実報道

真実報道



 千島学説 千島喜久男博士 造血の仕組み



 腸造血説(骨髄造血説は誤り。造血器官は小腸の絨毛である



真実報道 

 鶏の卵を75時間暖めると、黄身の表面に赤い血(赤血球)が出てきます。
 細胞分裂していないのに、赤血球ができてくる。
 また、黄身の中には赤血球のヘモグロビンが無いのに、ヘモグロビンができてくる。
 また、核酸DNAやヘモグロビンも無いのに、できてくる。
 これは、確かな事実です。そういうことが、現代の科学ではわからない。

 そんなことは認めておらない。
 DNAは、幹細胞の核が分裂してできたと解釈しておる。
 これは間違いであって、決して卵が2つに分かれて、真ん中の核が分かれるんじゃなくて、
 いっしょにドンドン卵の黄身が集まってできることが、非常にはっきり見えます。

千島喜久男博士「造血の仕組み」

http://youtu.be/1nS3gmb_rLs アップロード日: 2011/01/28 11分12

千島学説

次の8大原理から構成される。

1 赤血球分化説(赤血球は凡ての体細胞の母体である)
2 組織の可逆的分化説(飢餓・断食時には体細胞から赤血球へ逆戻りする)

3 バクテリア・ウイルスの自然発生説(バクテリア・ウイルスは一定条件下で自然発生する)

4 細胞新生説(細胞は分裂増殖しない。6つの形態で新生する)

5 腸造血説(骨髄造血説は誤り。造血器官は小腸の絨毛である)

6 遺伝学の盲点(生殖細胞は赤血球から。遺伝は環境を重視)

7 進化論の盲点(弱肉強食思想は行き過ぎ。進化の基盤は共存共栄である)


千島学説研究会

千島学説とは

故・千島喜久男博士

千島学説とは、生物学者 千島喜久男博士が、
1963年から提唱した学説です。

千島学説の特徴として、現代医学の常識とは全く異なる
学説であります。

そのため、千島喜久男博士の考え方を容認すると、
現代医学が成り立たなくなってしまうため、
学会からは黙殺・敬遠・タブーとされてきました。

千島学説の考え方の一例

・血液は小腸の絨毛で造られる説。
(現代医学では、血液は骨髄から造られるという考え)

・細胞は、赤血球が変化したものという説
(現代医学では、細胞は同じ細胞からできるという考え)

・輸血は危ない
(輸血の恐ろしさは、医者が一番良く知っている。どんなに適合性を調べて輸血しても、死亡率50%の溶血反応が起こる可能性がある。また、輸血にまつわる感染もなくなる。)

・骨髄移植は危ない
(移植の際、患者はさまざまな危険な処置をされる。また、移植後、他の病状が出たり再発したりしている。)

・ガンは摘出するべきではない
(ガン細胞は赤血球からできている。摘出しても根本を解決しないと転移する。)

などです。

千島学説は当時も、2011年の今でも、現代医学からは受け入れられておりません。
しかし、東洋医学を学ぶ人間から少しずつ支持されてきています。

なぜ東洋医学を学ぶ人間が支持するのでしょうか?
それは、千島学説の理論が実際の治療とずばり一致しているからです。

千島学説研究会 セミナー動画集
新生命医学会


全銀河系のオボチャンファンの皆様、ついに船瀬さんの援護射撃が出ます。買って、応援だ! R K's blog コメント H.27/04/30

Richard Koshimizu's blog



 全銀河系のオボチャンファンの皆様、ついに船瀬さんの援護射撃が出ます。買って、応援だ!


Richard Koshimizu's blog コメント 2015/04/30 20:19


STAP細胞の正体  「再生医療は幻想だ」 復活! 千島・森下学説 2015/5/25
船瀬 俊介 (著), 森下 敬一[医学博士] (監修)

http://www.amazon.co.jp/STAP%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%8C%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%81%AF%E5%B9%BB%E6%83%B3%E3%81%A0%E3%80%8D%E3%80%80%E5%BE%A9%E6%B4%BB%EF%BC%81%E3%80%80%E5%8D%83%E5%B3%B6%E3%83%BB%E6%A3%AE%E4%B8%8B%E5%AD%A6%E8%AA%AC-%E8%88%B9%E7%80%AC-%E4%BF%8A%E4%BB%8B/dp/4763407384/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1430392315&sr=1-1

 wombat (No$, NoWest) 2015/04/30 20:19


プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。