スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧日本軍による隠されたジェノサイドの真実 ~北海道大学名誉教授・井上勝生氏インタビューIWJ 

IWJ


 旧日本軍による隠されたジェノサイドの真実 ~北海道大学名誉教授・井上勝生氏インタビュー


IWJ

【IWJ特報!119・120・121・122号】旧日本軍による隠されたジェノサイドの真実 ~北海道大学名誉教授・井上勝生氏インタビュー
有料メルマガ「岩上安身のIWJ特報!」最新号を発行しました。日清戦争の裏で行われた、朝鮮半島での「ジェノサイド」(大虐殺)の真実とは?

「まぐまぐ」「ブロマガ」でご購読いただけます。(月額840円、初月無料)

以下、冒頭部分を特別公開!

 12月4日に発足された国家安全保障会議(日本版NSC)、12月6日に可決された特定秘密保護法、そして来年の通常国会に上程を検討していると言われている「共謀罪」の創設を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案。日本が「戦争のできる国」になるための法的整備が着々と進んでいる。さらに、「積極的平和主義」を掲げる安倍政権は、集団的自衛権の行使の容認を狙っている。

 法が整うと、現実はまたたく間にかたちを成していく。

 12月23日に開かれた第一回目の国家安全保障会議で決定されたのは、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)を展開する国連部隊に銃弾一万発を無償で提供するという方針だった。今回は「緊急で人道的な対応」だからよい、ということだ。

 武器輸出を禁じる三原則は、いとも簡単に例外を生み出してしまった。あまりに曖昧な理由による決定それ自体が、なし崩し的に戦争に進もうとする日本政府の方向性を明らかにしている。

続きを読む

スポンサーサイト

<どうした日本新聞協会> 本澤二郎の「日本の風景」(1465) H.25/11/21

本澤二郎の「日本の風景」
←元ブログにリンクします




<どうした日本新聞協会>


 天皇制国家主義に屈していいのか


「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1465) 2013年11月21日

<どうした日本新聞協会>

 筆者の2013年手帳は、日本新聞協会が印刷した「新聞手帳」である。従来の「衆議院手帳」や「参議院手帳」に比べると、やや使いにくい。しかし、この手帳には新聞倫理綱領が資料としてある。「豊かで平和な未来のため」と冒頭に謳っている。戦後の平和憲法の担い手を自負したものだ。いま安倍内閣が強行している3本の毒矢は、この針路を閉ざそうとしている。財閥や彼らが狙う天皇制国家主義に加担していることになるが、日本新聞協会はそれでも沈黙していていいのか。心の底から訴えたい。

続きを読む

日本の陰部を描いた鬼塚英昭氏のビデオ 明治天皇すりかえ  宇宙への旅立ち H.25/11/22

宇宙への旅立ち


 日本の陰部を描いた鬼塚英昭氏のビデオ 明治天皇すりかえ


宇宙への旅立ち 2013年11月22日金曜日

つむじ風さんで見つけた興味深い鬼塚英昭氏のビデオ 日本の真相1~9

「からゆきさん」を外貨獲得の尖兵としてきた過去  世界の真実の姿を求めて! H.22/03/10 

世界の真実の姿を求めて!


「からゆきさん」を外貨獲得の尖兵としてきた過去


世界の真実の姿を求めて! H22.(2010)-03-10

九州の炭鉱。この炭鉱の石炭は不純物が少なく良質であったため、船で台湾、東南アジアに運ばれ、英国海軍の軍艦の燃料となった。そしてこの石炭の運搬船には、誘拐された日本人女性が乗せられ、売春婦としてヨーロッパに「売り飛ばされた」。
日本の農村で農作業をしていた女性を、暴力を使い誘拐し、学校帰りの女子学生を殴り倒し、誘拐し、売春婦として、ヨーロッパに売り飛ばした
誘拐し、売春婦としてヨーロッパに売り飛ばした、日本人女性の数は50万人。50万人が、全員、20歳代で梅毒等で死亡した。

グラバー園&島原の子守唄

http://youtu.be/JRJLLBkvrws

アップロード日: 2008/12/28

唐ゆきさん&島原の子守唄 映像:グラバー園は長崎県長崎市南山手町の斜面上にあり、旧グラバー邸などの西洋館が­ある公園。
http://wecoms.blog102.fc2.com/blog-en...

続きを読む

悪魔信仰をする浩宮のサタン・ハンドサイン  宇宙への旅立ち H.25/11/17

宇宙への旅立ち


 悪魔信仰をする浩宮のサタン・ハンドサイン


宇宙への旅立ち 2013年11月17日日曜日

悪魔信仰をする浩宮のサタン・ハンドサイン

リチャード輿水先生のサイトから興味深いコメントの御紹介。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_89.html#comment

似非保守ブログネットワーク


「某綜合研究所客員研究員」兼「某広告代理店勤務」の対日ネット言論工作員のブログ原稿料は一件に付き一万円が相場らしい。

因みに広告代理店の人事権は創業以来皇族が有する

また、「イカサマ宝くじ発行」を独占してきた某銀行は皇族直轄銀行である。

それが朝鮮ヤクザとツルンでいたというのは至極当然の話である。

さて本スレだが嘘も休み休み言いたまえ!

天皇一族は古参朝鮮族に暗殺されすげ替えられている。

少なくとも明治天皇は朝鮮族である。


「靖国神社の真実」も「明治神宮の奇々怪々な話」も明治天皇が朝鮮族である事から来ている。

(ネット検索すればいくらでも出ている。ガセでは有り得ない)

戦後日本の朝鮮族(在日と同和)に対する超異常な優遇も南北朝鮮への巨額の拠出も天皇一族が朝鮮族である事に起因する。

よって明治維新以降の日本史の教科書は全て捏造されているのである。

天皇家は天皇財閥だけではなく、宝くじや競馬競輪、パチンコ、売春業などから巨万の富を得ているようである。特に売春業は戦前から、天皇家の得意とするものである。


<国家神道の呪縛> 本澤二郎の「日本の風景」(1450) H.25/11/06

本澤二郎の「日本の風景」
←元ブログにリンクします





<国家神道の呪縛>


 自立できない日本人は、常に誰かに寄り添って生きる。21世紀になっても、となると、この国の近代化は永久に訪れることはない。


「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(1450) 2013年11月06日

<国家神道の呪縛>

 好天の11月5日、房総半島に出かけて埴生の宿の柚子の様子を調べた。まだ少し早い。太陽を一番浴びる、届きそうもない高い所の柚子は、既に黄色く色づいているが、例年通り小鳥の餌になってもらうしかない。借りている畑の一角に植えた大根は、無農薬無肥料のせいで、残念ながら今年は期待薄だ。やむなく生い茂る庭の雑草を、自動草刈り機で退治しようとしたが、意外にも苦戦を強いられた。細いツルが絡まって回転を止めてしまうのだ。

 不思議とこの国の社会の行く末に思いをはせてしまった。確か土曜か日曜日の夜、この半島で29歳の泥酔農民の車が、自転車に乗っている5人の中学生の列に突っ込んで、重軽傷を負わせたひき逃げ事件が起きた。犯人は神社の祭礼からの帰り道だった。

続きを読む

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。