FC2ブログ

中国、大気汚染禍で1日4千人死亡 R K's blog 2015/08/15

Richard Koshimizu's blog



 中国、大気汚染禍1日4千人死亡



Richard Koshimizu's blog 2015/08/15 09:26

 中国の大気汚染問題は、非常に深刻です。

 在日中国人は、故郷に里帰りすることを恐れます。病気になるからです。

 今回の経済減速は、環境対策を講じるには絶好の機会です。工場稼働率が下がりますので、環境対策工事ができます。

 習近平氏による汚職摘発も、環境対策を進めるには好条件です。賄賂による「公害お目こぼし」が減りますので。


 ぜひ、環境対策を実施してほしい。水も空気も日本の技術に頼るのが唯一の解決策です。

 汚れた空気と水が、中国人の体を蝕んでいます。だから、中国国民は、こぞって、「健康」を求めるようになりました。健康食品に群がっています。

 病気になっても、病院が満員で入院すらできない。医療費も高い。保険で受診すると安い薬しか出してもらえない。だから、自衛するしかない。

 経済発展で一見華やかな中国。歪な発展です。このあたりで軌道修正が必要です。


 2015/8/14 18:58

 経済成長より環境保護を重視しないと大変なことになりそうです。

 中国、大気汚染禍で1日4千人死亡 

 発電用の石炭排出が元凶 

 米国では「不健康」の大気レベルに約4割が居住 産経新聞 8月14日(金)16時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00000537-san-cn

【北京=川越一】中国で深刻な大気汚染の影響によって、1日約4千人が死亡していることが14日までに、明らかになった。AP通信が、米カリフォルニア大バークリー校の研究結果として伝えた。研究結果は近く、米科学誌に掲載される予定。

bj



新華国際時評:米国に盗聴されて耐える日本、卑屈さを露呈 R K's blog 2015/08/04

Richard Koshimizu's blog



 新華国際時評:米国に盗聴されて耐える日本、卑屈さを露呈


 今回の事件は日米関係の次の二つの本質を露呈している。
 一つはホワイトハウス核心圏における日本の真の意味での地位
 二つ目は日本の米国追随の外交姿勢がほとんど「自虐文化」に陥っていることだ。※本文より抜粋 投稿者



Richard Koshimizu's blog 2015/08/04 06:54

画像


 米国NSAの対日盗聴問題で、安倍チンピラ政権が沈黙しているのは、なぜか?

 安倍政権がユダヤ米国政府の奴隷であり続けるためには、ユダヤ米国が信用ならない犯罪者国家であることを日本国民に知らしめたくないからです。

 おりしも、安保法案がユダヤ米国の差し金であるとあちこちで語られ始めている時期であり、今、日本国民が反米感情を増幅させることは避けたい訳です。


 よって、電通を通じて、盗聴問題を消火作業中。報道が、立ち消えとなります。

 中国メディアは、日米の関係をよく理解しており、安倍政権がユダヤ米国に奉仕する奴隷にすぎないと看破している。海外からであれ、真相情報が日本に入るの良いことです。新華国際時評さん、どんどん書いてください。




 新華国際時評:米国に盗聴されて耐える日本、卑屈さを露呈
http://jp.xinhuanet.com/2015-08/03/c_134475881.htm

 【新華社東京8月3日】 米国国家安全保障局(NSA)が日常的に不正な手段を用いて外国政府と個人の通信記録を盗聴し、聴取していることはすでに世の人々に知られた秘密だ。
 ウィキリークスで最近、米国の機密書類が公開され、米国国家安全保障局が日本の政府要人と企業の通信を盗聴したことが暴露されたとき、人々は違和感を感じなかった。

 人々を奇怪に感じさせたのは、外交で一貫して譲歩の姿勢を見せない安倍内閣が現時点で、全く何の反応も示していないことだ。

 対照的に、米国に盗聴されたドイツのメルケル首相は真相を知った後に烈火のごとく立腹し、米国のオバマ大統領に面と向かって、強く抗議した。

 さらに日本人を鬱積させたのは、ウィキリークスで、米国が日本から盗聴した情報を英国、オーストラリア、ニュージーランド、カナダの情報機関と共有していることが暴露されたことだ。

 傍観者が見たところ、今回の事件は日米関係の次の2つの本質を露呈している。
 一つはホワイトハウス核心圏における日本の真の意味での地位。
 二つ目は日本の米国追随の外交姿勢がほとんど「自虐文化」に陥っていることだ。

 日本メディアは日本の鳩山由紀夫元首相が当時、普天間飛行場の沖縄からの移転を米国に提案したとき、日本の外務省の高級官僚が米国と水面下で交渉を行い、鳩山内閣の立場を米国に事前に知らせただけでなく、米国のために鳩山氏の要求を拒否する方法を画策したことを明らかにした。

 このような事はどこの国であっても、許し難い売国行為だが、 東京の政治の発言権において、米国への奉仕は最大の「愛国」としてまるで受け止められている。
 鳩山氏と日本の国益を売った官僚は、安倍内閣で重用されているという。

 安倍内閣と自民党議員はここ最近、集団的自衛権行使を解禁し、安全保障法案を成立させてはじめて、より強固な日米同盟を築くことができると日本国民に絶えず吹聴している。
 安倍首相は「日本の若者が米国のために血を流してこそ、日本は米国の盟友になり得る。」 とより大胆に語ってさえいる。

 新華網日本語 2015-08-03 15:55:21



中国人のゴールドの爆買いは爆売りに転換せざるを得なくなります!! 日本や世界や宇宙の動向 2015年07月09日

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 中国人のゴールドの爆買い爆売りに転換せざるを得なくなります!!



日本や世界や宇宙の動向 2015年07月09日13:38

 お金や物に執着する(唯物主義の)中国人はお金が貯まると価値のあるモノを爆買いします。

 先日、4000人の中国人が船で鳥取県の境港に押し寄せ、媚中、媚韓のイオンスーパーで爆買いをし、地元住民がえらい迷惑をこうむりました。日本人に売る商品がなくなってしまったのでしょうから。。。

 中国人の爆買いはお店にとっては喜ばしいことなのでしょうが、一般国民にとったら本当に迷惑千万です。

 日本には買う価値のある商品ばかりなので中国人は気が狂ったように爆買いして帰っていきます。日本の食べ物も安心・美味しいせいもあり、爆食いをしていきます。食べ方が。。。貪り喰うという感じで。。。

 そして、ゴールド(金)もそうです。中国人は世界中のゴールドを買いあさってきました。ゴールドが唯一信用できる資産だと考えたのと、金本位制度の下で中国元が世界の基軸通貨になると思ったのでしょうね。。。

 世界の金塊が全て中国に集まったと言っても過言ではないくらいに中国人はゴールドの爆買いをしてきました。

 しかし、今は一転して、現金欲しさにゴールドの爆売りをしないと生活できないような状況になりつつあるそうです。

 中国経済が崩壊したことで中国元の世界基軸通貨という夢は破れたのではないでしょうか。

 しかも中国の金融バブルが崩壊したために、中国政府はAIIBの資金を使って何とかしようと考えているようです。結局、AIIBは中国経済を救うための金融機関だったのです。

 中国と運命を共にしているのが、韓国だけではないということが分かります。オーストラリアと中国は経済面でかなり親密な関係を築いてきましたが、中国経済が悪化していることから、その関係も悪化するのではないでしょうか。

 中国人の爆買いは見ていて本当にはしたないと思いますが、中国人の爆買いに頼っている日本の小売業もはしたないと思います。まあ、もうすぐ爆買いもできなくなるでしょうけど。。。

http://www.caseyresearch.com/articles/why-millions-of-people-might-have-to-sell-their-gold-and-silver

(概要)

7月8日付け

 火曜日にシルバーの価格が4.5%も急落しました。終値は、2010年2月以来最低の1オンス15.01ドルでした。
ゴールドの価格も同様に1,148.10ドル以下に下落しましたが、終値は1,153.70ドルまで戻りました。この日の下落率は1.4%です。

 歴史的に見ても、将来への見通しが利かない時代では、人々は安全性を考えてゴールドやシルバーを購入する傾向があります。何千年も前から、世界は戦争、不景気、金融危機などを体験しながら、ゴールドやシルバーの価値を安定的に維持してきました。

 株式市場が崩壊したり、紙幣が紙屑になると、財を蓄える上でゴールドやシルバーが最も信頼できる資産となります。

 しかし。。。今、ギリシャのデフォルトや中国の株式市場の崩壊が世界の金融市場を揺り動かしているにもかかわらず、なぜゴールドやシルバーの価格が下落しているのでしょうか。

 専門家のルイス・ジェームズ氏は、中国が原因であると述べています。

 ここ16日間で中国の株式市場は28%も暴落しました。14億人の中国人は世界最大のゴールド・バイヤーです。

 ルイス・ジェームズ氏によると:

 世界最大のゴールド・バイヤーである中国人は今、非常に深刻な流動性の収縮という問題に直面しており、多くの人々が現金資源の不足に苦しみ、ゴールドも何も買えない状態です。

 さらに悪いことに、多くの中国株が売買を一時停止しており、多くの投資家がマージンコール(証拠金請求)に直面しています。つまり、ゴールドを所有していた人々は、唯一入札できるゴールドを売らなければならない状態だということです。

 そして、ゴールドの爆買いをしていた多くの中国人がゴールドの爆売りに転換することになります。

 私の考察が当たっているなら、中国で流動性の収縮が終わるまでは、貴金属の価格は下落し続けるでしょう。同じようなことが2008年にも起きていました。

 しかし、反転現象が起きたときにはこれまで以上の激しいリバウンドが起こります。

 欧米人とは違い、中国人はゴールドを彼らの財を蓄積できる重要な資産であると考えているからです。
• 
 価格が下落している産物がもう1つあります。
鉄鉱石の価格が9日前から毎日下がり続けています。火曜日の鉄鉱石のインデックス(Metal Bulletin)は5%も下落し、1メートルトンにつき49.60ドルとなりました。

 鉄鉱石は下げ相場であり、最高値を付けた2011年9月に比べ、今では73%も下落しています。

 ここ数年間、中国はインフラ整備のために大量の鉄鉱石を消費してきました。三峡ダム建設に463000メートルトンものスチールを使用しました。

 中国は世界最大の鉄鉱石消費国です。2013年だけでも12億5千万メートルトンもの鉄鉱石を消費しました。中国以外の国々が使用した鉄鉱石の総量よりも多いのです。

 中国は世界最大の鉄鉱石生産国であり輸入国でもあります。従って鉄鉱石の価格は中国の経済状況によって変わります。現在、中国経済が低迷しているため、鉄鉱石の価格も下がっています。

 中国政府の発表によると、今年の第一四半期の経済成長率は7%でした。非常に良い数字のように見えますが、実際は、ここ6年間で最悪の成長率です。

 ブルームバーグによれば、中国のスチール生産量は1990年以来初めて縮小しています
• 
 中国にとってオーストラリアは世界最大の鉄鉱石輸出国です。

 豪ドルは(2008年の?)金融危機以来、最安値となりました。現在、豪ドル=0.74(米)ドルです。

 豪ドル安が進んだ大きな理由は鉄鉱石の価格の下落にあります。オーストラリアの経済は産物に頼っています。オーストラリアは石炭、天然ガス、ゴールド、原油の輸出大国です。

 しかしオーストラリアの最大の輸出産物は鉄鉱石です。そしてオーストラリアの鉄鉱石の最大の輸入国は中国です。

 中国はオーストラリアが採掘した鉄鉱石を全て消費してきました。オーストラリアの好景気は中国の鉄鉱石ブームによって牽引されました。

 しかし、今、中国の経済が低迷しているため、オーストラリア経済も苦戦しています。



中国株価持ち直しとユダヤ金融悪魔 R K's blog 2015/07/10

Richard Koshimizu's blog



 中国株価持ち直しとユダヤ金融悪魔


Richard Koshimizu's blog 2015/07/10 02:08

 中国当局が各種の対策を取っています。

●上海株価が急反発、中国当局の下支え策が奏功―東証株価も買い戻され、117円高の1万9855円で終了―9日のアジア市場

Record China 7月9日(木)16時3分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000052-rcdc-cn

 2015年7月9日、朝方急落した東証株価は、その後中国・上海相場が反発したため下げ幅を縮小、大引け間際に急反発前日比117円86銭高の1万9855円で終了した。

 中国上海総合指数が反発、上げ幅が5%を超えたため、広い銘柄が買い戻され、日経平均株価も上げに転じた。上海総合指数は前日比2%安で始まったが、その後、中国当局の下支え策もあって急反発した。

 9日朝、中国政府や中国人民銀行は株式相場の安定策を相次いで打ち出した。

 中国銀行監督当局は、銀行を対象とした信用取引関連の株式担保融資の規制緩和を発表。

 株価下落で銀行への借入金返済が困難になっている信用取引顧客を金融面から支援するための措置で、株式を担保とする融資の返済繰り延べを認める一方、担保として金融機関に差し出す株式の量を減らした。

 中国人民銀行も、信用取引を手掛ける証券会社に株券や資金を貸し出す政府系金融機関・中国証券金融に「十分な資金を提供した」と発表した。中国証券金融は証券大手21社に計2600億元(約5兆1000億円)の貸出枠を供与しており、証券会社はこの資金を株式投資の原資とすることが可能となった。

 中国当局の対応策発動によりひとまず、上海株下落に歯止めがかかった格好だが、「一時しのぎにすぎない」との見方も根強く、長続きするか予断を許さない面もあるようだ。(八牧浩行)

ハラ

2015/07/09 19:02


 中国当局が、売買に介入して、なりふり構わず株価下落を阻止した?

 それができる国が羨ましい。

 ユダ金にいいようにやられて、大企業の多くを乗っ取られた日本と言う国。ユダ金株主の強要で、株主の権利ばかりが尊重され、社員の権利がはく奪された日本と言う国からすると、中国の強硬策は「自衛」にしか見えません。

 空売りを仕掛けた連中を白昼に引きずり出して断罪してください。日本では、それができない。むしろ、ユダ金のやりたい放題を国家が容認している。どんなインサイダー取引も思うがまま。

 この構造を打破するには、中国当局の「見本」が必要です。お手本を見せてください。 空売りなんて、原則、すべて公開でやるべき。


2015/7/9 23:52

 空売りしようにも、当局が動き出してやり難くなっている?

◆中国警察と証券監督当局、「悪質な空売り」で捜査開始

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150709-00000026-jij_afp-bus_all

【AFP=時事】 中国の警察当局と証券監督当局は9日、株価が急落している中国市場で「悪質な空売り」が行われていないか、合同捜査を開始した。中国国営新華社(Xinhua)通信が報じた。

 中国、大株主の持ち株売却を6か月禁止 株価が下落する局面で投資家が実際には保有していない株を証券会社から借りて売却し、その後買い戻す空売りは必ずしも違法ではないが、中国当局は今回「強引な手法による違法行為を取り締まるため」捜査に踏み切ったと新華社通信は伝えている。

見よ!



 大株主や経営幹部が持ち株を6か月間売却できなくした。

 こういう規制ができる国が羨ましい。ユダ金が示し合わせて一斉に売り浴びせたりできなくなる。

 本来、大株主は、企業の経営に責任を持つべき。無暗に持ち株を売れないことで、汚いマネーゲームに規制が掛かる。

2015/7/9 08:00

●中国、大株主や経営幹部に持ち株売却を6カ月間禁止-証監会

Bloomberg 7月8日(水)21時47分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150708-00000060-bloom_st-bus_all

 (ブルームバーグ):中国証券監督管理委員会(証監会)は企業の大株主や経営幹部、役員を対象に、持ち株の売却を6カ月禁止した。 証監会の声明によれば、経営権を握る株主や発行済み株式の5%以上を保有する投資家は6カ月間、持ち株を減らすことができなくなる。

ハラ

2015/7/9 11:28

 わぉ!中国のユダ金がんじがらめ! 外資のインサイダー防止策ですな!空売りして暴落させないよう、道連れにしようとしているのでしょうか!?

 大量保有株主の株式売却禁止

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0PI1OO20150709

Ryun


”中国 米国の人権違反に関する報告書を発表” R K's blog 2015/06/29

Richard Koshimizu's blog



中国 米国の人権違反に関する報告書を発表



Richard Koshimizu's blog 2015/06/29 06:09

 ユダヤ米国は、911で自国民を核攻撃して3000人を蒸発させ、311で日本人2万人余を虐殺し、第三国に勝手に軍隊を出しては、数十万をぶっ殺してきた人権違反の模範のようなテロリスト国家です。
 中国が指摘するのも当たり前です。


2015/6/26 23:08

 アメリカの人権問題の報告です。

 ”中国 米国の人権違反に関する報告書を発表”

http://jp.sputniknews.com/politics/20150626/502167.html#ixzz3eB1MKtQ8

 これは間違いないでしょう。 自国民に対するホロコーストに匹敵する悪業です。 ユダ菌にとっては、自国民ではないのでしょうが。

nishiizu

 米人権報告書は、金融ユダヤ人が自分の都合に合わせて...


◆中国 台湾からの渡航手続き簡素化へ(NHK NEWS) R K's blog 2015/06/19

Richard Koshimizu's blog



◆中国 台湾からの渡航手続き簡素化へ(NHK NEWS)


Richard Koshimizu's blog 2015/06/19 10:02

 中国に直接対峙して、対中挑発の役を演じてくれるはずの台湾が、中国と急接近。

 中国が、台湾人の中国入国ビザを免除。

 国民党への援護策の意味合いもあるが、ユダ金にとっては、中台接近は「はなしが違う」状態であろう。

 いつの間にか、中国共産党と国民党は、運命共同体になってしまっている。もはや、台湾を極東戦争に絡めることは、困難に。おおきな駒を失いましたね、ユダ金さん。

 それにしても、中台接近のニュース、メデォイアには極力触れるなとのお達しですか?

「台湾独立派」の気持ちはわかります。台湾人=中国人ではない。平地原住民の平埔族との混血であるし。台湾人は、自分を中国人とは思っていない?


2015/6/19 08:17

スレチ失礼致します。 【中国・台湾 連携強化】

◆中国 台湾からの渡航手続き簡素化へ(NHK NEWS)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150618/k10010119751000.html

 中国政府は、台湾との交流を促すためとして、【台湾の住民が中国大陸を訪れる際に必要なビザにあたる手続きを免除すると発表】し、台湾の住民の中国に対する警戒感を和らげるねらいがあるとみられます。

 中国国営の新華社通信は、18日、中国と台湾の人の往来に関する法律が一部改正されたと伝えました。
 それによりますと、【中国政府は、台湾の住民が中国大陸に訪れる際に必要なビザにあたる手続きを、来月1日から免除する】ということです。

 さらに、中国大陸を訪れる際に必要な「通行証」と呼ばれる冊子も、今後、電子カード式に改めて、年内には試験的に一部の空港などで使えるようにするなど、手続きの簡素化を進めるとしています。

 台湾当局のまとめによりますと、去年1年間に中国大陸を訪れた台湾の住民は320万人を超えており、今回の措置について、中国政府は、台湾の人たちの利便性を図り、中台間の交流を促すためだとしています。

 台湾では、与党・国民党が進める中国との融和策に対して住民の間で懸念の声が広がり、来年1月に予定されている総統選挙では、独立志向が強いとされる最大野党・民進党による政権交代の可能性も指摘されています。

 こうしたなか、将来、台湾との統一を目指す中国としては、台湾への優遇策によって、台湾の人たちの中国に対する警戒感を和らげるねらいがあるとみられます。

special thanks
(政府と国民が一丸となる国が一番強い)



安保法案抗議「理解できる」=中国 R K's blog 2015/06/16

Richard Koshimizu's blog



 安保法案抗議「理解できる」=中国



Richard Koshimizu's blog 2015/06/16 05:01

 中国当局は、安倍晋三日本会議統一キチガイ教会政権が、ユダヤ米国の傀儡であり、不正選挙で政権を詐取した、民意に依らぬ偽政権であると、充分ご存じなのでしょう。

 日本政府と日本国民は別物。

「多くの日本国民と良識ある人々は平和憲法を守りたいと考え、日本政府の軍事安全政策の動向を強く警戒している。
 (抗議は)理解できる」。


 どんどん理解しちゃってください。安倍政権の背後の金融ユダヤ人の日中戦争計画をよーく理解して、相手にしないでください。冷めた目で蔑んでやってください。


2015/6/15 22:24

 アメリカの愚策シナリオ・日中戦争を目論む下衆の方々諦めなさい。

 安保法案抗議「理解できる」=中国 06/15 18:47 [時事通信社]

 中国外務省の陸慷報道局長は15日の記者会見で、日本の安全保障関連法案に抗議する集会やデモが東京で行われたことについて、「多くの日本国民と良識ある人々は平和憲法を守りたいと考え、日本政府の軍事安全政策の動向を強く警戒している。
 (抗議は)理解できる」との考えを示した。
 陸局長は「日本の軍国主義は先の侵略戦争で中国とアジアの国々に深刻な災難をもたらした。
 多くの日本国民もだまされ、戦争の被害者となった」と強調した。
 4月に就任した陸局長が定例の記者会見に臨んだのは初めて。

http://smph.thenews.ne.jp/detail/689282/?m=top_newslist_top

ピーチパイ



ユダ金と癒着した上海閥・汚職幹部を追及する習近平氏。 R K's blog 2015/06/12

Richard Koshimizu's blog



 ユダ金と癒着した上海閥・汚職幹部を追及する習近平氏



Richard Koshimizu's blog 2015/06/12 05:29

 江沢民の側近の周永康は、無期懲役・政治権利の終身剥奪・個人財産没収。

 汚職で作った巨額財産を持ち逃げして、ユダヤ米国に逃亡中の中国共産党幹部ども。ユダ金のパートナーは、どこの国でも最低のクズども。逃亡した中国の犯罪者どもは、ユダヤ米国の庇護下にある。その犯罪者の本国送還を米国に要求する中国。

 中国の汚職追及の目的は、米国の影響力の排除。

 さあて、小浜黒いユダヤ人大酋長、どうしますか?犯罪者どもを送還すると、米国との穢れた癒着関係を喋られて、困りますか?送還前に暗殺しちゃいますか?それもいいかも。w

 次々と摘発される中国におけるユダ金の犯罪仲間。ユダ金さん、習近平主席は「ユダ金の対中攻略」を潰そうとしているのですよ。「米国の影響力の排除」が汚職摘発の目的ですよ。



 2015/6/11 21:11

 周永康前書記に無期懲役=罪状認め上訴せず-習主席、党内安定を重視・中国

http://www.jiji.com/jc/ci?g=int_30&k=2015061100844

【北京時事】中国国営新華社通信によると、中国天津市第一中級人民法院(地裁)は11日、共産党最高指導部・政治局常務委員会の前メンバーで、収賄、職権乱用、国家機密漏えいの三つの罪で起訴された周永康前党中央政法委員会書記(72)に無期懲役の判決を言い渡した。政治権利の終身剥奪と個人財産の没収も命じた。周被告は起訴内容を認め、上訴しない意向を表明した。

とくお


2015/6/11 21:45

中国、米国に「腐敗容疑者の早期送還を」

http://japanese.cri.cn/881/2015/06/11/162s237557.htm

とくお


●中国がTPPへの参加、可能性模索…オバマ氏 R K's blog 2015/06/05


Richard Koshimizu's blog



中国がTPPへの参加、可能性模索…オバマ氏



Richard Koshimizu's blog 2015/06/05 11:55

 中国がTPP参加!?

 大歓迎です。

 ユダヤ米国のごり押しに、いちいち文句をつけて、交渉を長引かせ、


 25世紀くらいにユダヤ米国がなくなったころに、

 TPP締結というスケジュールでお願いします。!(^^)!



 2015/6/4 12:34

 中国には、思いっきり引っ掻き回していただきたい。

●中国がTPPへの参加、可能性模索…オバマ氏

 読売新聞 6月4日(木)11時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00050061-yom-bus_all

【ワシントン=安江邦彦】オバマ米大統領は3日、米ラジオ番組「マーケットプレース」のインタビューで、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について「中国は将来参加する可能性を模索している」と述べ、中国が米政府に強い関心を伝えていることを明らかにした。
 オバマ氏は、TPP交渉が妥結した場合に、関税引き下げや環境保全、労働者の権利保護など、交渉参加12か国が取り決めた新たなルールを「(加盟していない)中国も国際標準として考慮せざるを得ない」と述べ、中国にも影響力を行使できるとの見方を示した。
 与党・民主党は、TPPで産業空洞化が進んで雇用が失われると考える労働組合や、通商の活発化で環境破壊を懸念する環境団体を支持層に抱えており、議員には反対意見が多い。TPP交渉妥結の前提となる、オバマ氏に通商一括...

ハラ



◆中国、米に猛反発 「言動慎め」「適切措置取る」 南シナ海監視強化に R K's blog H.27/05/26



Richard Koshimizu's blog



中国、米に猛反発 「言動慎め」「適切措置取る」 南シナ海監視強化に



Richard Koshimizu's blog 2015/05/26 14:43

「南沙紛争」に軍事介入して、アジアのAIIB参加国を動揺させたいユダヤ戦争専門国家、米国。

 つまり、自国の経済破綻を誤魔化すために、他国を紛争に巻き込む卑しい国家。

 ユダヤ米国の下品な目論見を見通して、冷徹に対応する中国。

 武力衝突に持ち込むのは、かなり難しいでしょうね、金融ユダヤさん。

 メディアは報道しないが、かなり、際どい衝突の危機が演出されているわけです。


 2015/5/26 01:02

 米国を完全に格下扱い。何の関係もない米国はちょっかいを出すな。

◆中国、米に猛反発 「言動慎め」「適切措置取る」 南シナ海監視強化に

http://www.sankei.com/world/news/150522/wor1505220035-n1.html

【北京=矢板明夫】 中国外務省の洪磊(こうらい)報道官は22日の定例記者会見で、南シナ海上空で中国軍機が米軍機に退去警告を行ったことについて「米国側の行動はわが国の安全にとって潜在的な脅威となり、地域の平和と安定に大きな損害を与えた。
 このような無責任かつ危険な行為に対し強く不満を表明する」と抗議した。
 そのうえで、米政府が今後、スプラトリー諸島の12カイリ以内に米軍機を進入させる可能性を表明したことについて、「言動を慎むよう求める。私たちは関係地域に対する監視を密にし、必要に応じて適切な措置を取る」と語り、米側が実際の行動に出た場合、実力による阻止も辞さない態度を示した。 (以下略)

見よ!
「中国と米国は戦争になる」CIA前



プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR