スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマの出生証明書(ケニヤの病院発行) R K's blog H.27/03/30

Richard Koshimizu's blog


 オバマの出生証明書(ケニヤの病院発行)


Richard Koshimizu's blog 2015/03/30 08:32

人気ブログランキングへ

画像

 ケニヤのモンバサのCOAST PROVINCE GENERAL HOSPITALが発行したある人物の出生証明書です。

 氏名: BARACK HUSSEIN OBAMAⅡ

 誕生日:1961年8月4日

 アメリカ合衆国の法律では、外国生まれの人物は大統領になれないことになっています。w



スポンサーサイト

海外ニュースをいくつかまとめてお伝えします。 R K's blog H.27/03/07

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 海外ニュースをいくつかまとめてお伝えします。


日本と世界の情報ブログ 2015年03月07日 11:47

短い記事をいくつかまとめてご紹介します。
最初の2つの記事は欧米よりのニュースサイトから抜粋しましたので、反ロシアの記事が伝えられています。
これまではRTが流す記事をご紹介していましたのでロシア寄りの情報ばかりでした。
どちら側も自分達に都合の良い記事を掲載していますから、バランスが必要かと思います。
NATOの高官が嘘をついていないとしたら。。。ウクライナ東部では非常に多くのロシア兵が戦死しているようです。

イラク側の部隊は、ISISが占拠している街を次々に奪還しているようです。彼らがモスルを奪還すればイラクのISISは壊滅的になるのかもしれません。。。

3番目の記事は、オバマが強引に(米国民の意思に反して)何百万人もの不法移民を受け入れたことに対して、テキサス州および他の多くの州が法的に訴えたようです。オバマの不法移民受け入れはアメリカを破壊し移民にアメリカを乗っ取らせるための政策です。

テキサスの地方判事はオバマの大量不法移民受け入れを違法だとし、それを禁止する判決を下しました。しかし。。。オバマは判決を無視し、独自の移民政策を(米国民の意思を無視して)推し進めています。今後、益々オバマ 対 州政府の対立が深まるのではないかと思います。

最後の記事は日本の現状とシンクロしていると思いました。日本でも反韓のヘイトスピーチがマスコミや国会や反日政治家の間で問題視されていますが、ヘイトスピーチに対する法律とは、国民は反韓、反中、反北朝のスピーチに対する弾圧が始まるということです。

ヘイトスピーチなどと批判された理由は、最初に、えげつない言葉を使って韓国や韓国人を批判したおバカ集団のせいなのですが。。。最初から正々堂々と理路整然と韓国や韓国人、中国や中国人に対する抗議デモを行えば良いものを。。。チンピラのような言葉使いで低レベルなデモを行ったせいで、良識ある国民のすべてが反ヘイトスピーチ法の対象になってしまいます。

それにしても。。。反ヘイトスピーチの動きですが。。。日本に限ったことではないようです。全世界で反ヘイトスピーチ運動が巻き起こるのではないかと思います。

左翼が世界中に反ヘイトスピーチ運動を広げていると思います。左翼は国境をなくすグローバリズム(=NWO)を推し進めていますから、他民族(左翼)に対する批判を抑え込もうとしています。そのために保守、愛国者に対してのみヘイトスピーチを禁止するのです。

カリフォルニア州には大量の移民(特亜やヒスパニックなど)や留学生が暮らしていますが。。。カリフォルニア大学でも外国人留学生或いは在米外国人の学生の力が増しているのだと思います。学生数も彼らの方が上回っているのでしょうから。。。

それにしても、カリフォルニア大学のキャンパス内は治外法権が出来上がってしまいました。まるで京都大学のように。。。何しろ、キャンパス内で米国旗を掲げるのを禁止してしまったのですから。そして米国旗を掲げてフリースピーチを行うと、外国人や移民に対するヘイトスピーチを行っていると見なされるそうです。

日本も十分に気を付けなければなりません。これ以上移民を増やすと、カリフォルニアのようになってしまいます。
大学のキャンパス内で国旗掲揚が禁止されると、しまいには、キャンパス外でも国旗掲揚が禁止されるようになってしまいそうです。このように移民や留学生に占拠された大学や街はもはやアメリカ国内とは言えません。

http://www.rferl.org/content/baghdadi-iraq-forces-retake-town-isis/26886323.html
3月7日付け:

米軍によると、3月6日にイラクの部隊はISISが占拠していたバグダディを奪還しました。

アメリカが支援するイラク治安部隊、部族戦士、シーア派の民兵で構成された(2万人の)合同部隊が数日間にわたりバグダディのISISを空爆し続けました。
ユーフラティス川の西側に位置するバグダディには米軍がイラク兵士を訓練している軍事基地があります。
彼らは、5日間にわたりバグダッドの北部に位置しチグリス川沿いのチクリートにいるISISを攻撃していたときにこのニュースが報道されました。ISISが支配するモスルを奪還するには、ISISからチクリートを奪還する必要があると言われています。

http://www.rferl.org/content/nato-russian-troops-dying-large-numbers-ukraine/26884296.html
3月5日付け:

3月5日にラトビアの首都(リガ)で開かれた会議に出席したNATO事務総長は、昨年からウクライナ東部で(親ロの)反政府武装集団と共に戦闘中のロシア軍部隊の多くが戦死していると伝えました。 
また、ウクライナ東部でロシア軍が軍事介入をしている事に関して、ロシア国民の支持を失いつつあるとも伝えました。ロシア政府はロシア軍がウクライナ東部で戦っており多くの兵士が犠牲になっていることを隠蔽することが難しい状況です。り
しかしロシア政府はウクライナ東部での軍事介入をきっぱりと否定しています。
 
またNATO事務総長は、先月ミンスクで合意された停戦協定は、昨年4月から6000人の犠牲者を出しているウクライナ紛争を終わらせる重要なステップだとして、停戦協定を徹底して履行すべきだと言っています。さらに、ロシアは、一時的な停戦協定ではなく恒久的な解決策を引き出す責任があるとも述べています。また、彼は、プーチン大統領はウクライナを機能不全国家にし、ヤヌコビッチ大統領を追放した反ロシア市民の声を抑圧し信用を失わせようとしているとも言っています。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2015/03/iraq-iraqi-forces-recapture-town-of-baghdadi-2456144.html
(一部)
3月6日付け:

オバマはテキサス州を敵に回しました。

テキサス州知事は、オバマが昨年11月に非合法的に大統領の権限を行使して何百万人もの不法移民を受け入れたことに対して、他の26州の州知事と共にテキサス州ブラウンズビルの裁判所に訴えました。

2月16日に、アンドリュー・ヘイネン地方判事はオバマの大量移民受け入れ(移民特赦法)の禁止を命令しました。


オバマサイドの弁護士は、罠に嵌ったキツネのように脚が罠に嵌ったキツネのように苦悶しています。

オバマサイドはヘイネン判事の判決を無視し別の裁判所に上訴すると脅迫しています。オバマはヘイネン判事の判決は正しくないので変えるべきだと言っています。このような発言はオバマがいかに法律を無視し独裁的に物事を決めているかということを示すものです。
しかしテキサスの原告側は、ヘイネン判事を支持し、オバマサイドの弁護士を嘘の宣誓証言をしたとして法廷侮辱罪で訴えると言っています。 

http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2015/03/university-of-california-students-remove-american-flag-as-hate-speech-2979542.html
(概要)
3月6日付け:
Associated Students of University of California, Irvine (ASUCI) →どのように訳してよいやら。。。カリフォルニア大学の学生団体でしょうけど。。。

彼らは、大学のキャンパス内で米国旗を掲げることが侮辱的であるとして、米国旗掲揚に反対票を投じました。

社会生態学の代表者であるMs.マシュー・ゲバラが、米国旗は愛国心或いはナショナリズムのシンボルだとして、反米国旗の法案R50-70を認可しました。

Ms.ゲバラのミドルネームはチェです。彼女は以下を追及しています。
米国旗は自由、平等、民主主義として崇拝されてきいるが、この国旗は(在米外国人?)に対してはその国に同化させ均質化された基準を定めたパラダイムを構築している。。。。
しかし、この法律は、米国旗(どの国の国旗も)は、国民の排他的姿勢、優越性、圧制を示すものであると唱えています。さらに、米国旗は植民地主義、帝国主義を掲げており、このようなシンボリズムは善悪両方の意味を持っているため個人によって異なる見解を持つことになると唱えています。

しかしこの国を憎悪するように洗脳された人々だけがそのような見解を持つのです。

この法律は、米国旗を掲げてフリースピーチを行うことはヘイトスピーチだと見なしています。
フリースピーチ=ヘイトスピーチだと法律は唱えています。
つまりこれは言論の自由を破壊する法律だということです。そしてカリフォルニア大学の学生団体(Irvine)の支持者らが認めるスピーチのみ行えることになります。。。。


オバマの病気 日本や世界や宇宙の動向 H.26/12/08

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 オバマの病気


日本や世界や宇宙の動向 2014年12月08日12:03

最近、オバマは咽頭痛に悩まされているそうです。詳しい検査の結果胃酸の逆流が原因だと分かりました。。。というのは嘘で、ゲイ独特の病気だそうです。ゲイと咽頭痛の関連性が分からなかった私はネット上でゲイと咽頭痛について調べました。そして、こういうことだったのです。
ネット上で見つけた以下の説明では性病が口を通して感染しやすいのがゲイなのだそうです。

咽頭炎. 急激な咽頭の痛みや全身の倦怠感、頭痛、発熱を伴います。慢性化すれば咳 が増えたりします。 扁桃腺炎. 一般的に ... 風俗だけでなく、複数の異性とオーラル セックスをする一般の女性や、ホモセクシャルな男性も性病が喉に感染する危険が高い です。」

なるほど。。。と思いました。このようなことを知っている人ならオバマの咽頭痛の原因がすぐにわかるのですね。
以前にもオバマは性病にかかっているという記事を見たことがあります。あまり体調はよろしくないようですね。
性的に乱れた生活をしていると自分を破壊してしまうものです。

http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2014/12/medical-report-of-obama-homosexual-sore-throat-video-typical-gay-sickness-for-potus-homophobics-are-bad-people-2943996.html


(概要)
ここ2週間、オバマ大統領は咽頭痛に悩まされています。CTスキャンによる検査の結果、胃酸の逆流によるものだという事が分かったと発表されましたが、本当は胃酸の逆流によるものではありません。オバマのシカゴ時代(30年前に始まる)からのゲイ・ライフが原因なのです。

オバマはフォートベルボア・メディカルセンターで耳鼻咽喉の詳しい検査を受けました。CTスキャンでは以上は見つかっていません。その他の検査では、咽頭の奥の軟組織が腫れていることが分かりました。医師らはこの原因を胃酸の逆流によるものであり急を要するような病気ではないと判断しました。


しかしオバマは年上の白人男性が大変お気に入りだということが明らかになりました。
オバマは大統領になるために自分がゲイだということを隠し通しました。しかしシカゴのゲイ・コミュニティではオバマがゲイであることを隠し通すことができたことに驚いています。


欧米のNWOとオバマの今後 日本や世界や宇宙の動向 H.26/12/08

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 欧米のNWOとオバマの今後


日本や世界や宇宙の動向 2014年12月08日11:18

つい先日、世界銀行の内部告発者のカレン・ヒューデスさん(ヒューズとかフーデスとか呼ばれていましたが、これが正しい呼び方のようです。)が自身のビデオを投稿しました。彼女によると、まもなく、米ドルや不換通貨に代わる新たな通貨が発行されると伝えています。
第二次大戦以降、世界負債機関?と呼ばれるところに保管されていた大量のゴールドを人類のために使うことにしたそうです。そしてこのゴールドを使って不換通貨に換わる新たな通貨を造るのだそうです。
アメリカの経済が完全に崩壊するまでに、ゴールドが混じった新たな通貨(オーロム Aurom?)が導入されるそうです。

そしてジム・ウィリー氏もカレン・ヒューデスさんと同じようなことを言っています。
ただ。。。今後、シオニストによる金融支配が終わってもBRICSが世界の主導権を握るのであれば、私たち一般人はBRICSの決定するルールに従和なければならず。。。結局、別の権力者(別の共産主義者=イルミナティ)に支配されることになるのではないかと思います。
いくらユダヤ金融資本が崩壊しても、今度は別の共産主義支配体制が始まるということになるのではないでしょうか。欧米のNWOが成功しなくてもBRICSのNWOが成功したなら。。。決して良い事態ではないと思います。
しかも日本は今でもアメリカの属国です。日銀が強引に金融緩和することで、米ドルや米国債を買い支えてきた日本は、米ドル消滅により計り知れない損失があるのかもしれません。。。
日本経済が崩壊し国民の生活が崩壊することは絶対に阻止すべきです。どうせ崩壊するなら、日本を乗っ取り支配してきた南北朝鮮族たちの支配体制を崩壊させるべきなのです。
欧米諸国にはユダヤ(シオニスト)人が入り込み、それらの国々を乗っ取りました。そして日本は、ユダヤ(シオニスト)人が背後で指揮する朝鮮族が日本を乗っ取ったのです。
ずる賢いだけで脳タリンの朝鮮族に支配され続けた日本は手足を縛られた状態です。賢い日本人の手で日本を取り戻すには、アメリカの金融ユダヤ資本の崩壊が必要なのかもしれませんが、それで全ては解決するというものではないと思います。
それにしても。。。オバマも末期状態ですね。来年はアメリカに大変なことが起こりそうです。

http://www.gramsgold.com/news/jim-willie-obama-will-be-thrown-out-of-office-in-2015

(概要)
12月5日付け:

ジム・ウィリー氏によると:

new world order
今年の6月にバイデン副大統領はニューワールドオーダーが良い体制であるかのように発言していましたが、ニューワールドオーダーとは世界を全体主義体制で支配することなのです。つまり世界統一ファシスト政府の誕生ということです。

世界にニューワールドオーダーが確立されると思っている人がいたなら。。。その人は間違っていると思います。

プーチンは、「アメリカのネオコンはナチスだ。ロシア陸軍はナチスを撃退したことがある非常に強力な軍隊であり欧米側に掌握されることは決してない。」と言っています。

アメリカに愛国者法があるということは、ナチスがアメリカを乗っ取ったことを示しています。
欧米のニューワールドオーダーは世界に全体主義体制を確立することを意味します。人々は主要メディアのニュースに耳を傾けることを止めるべきです。なぜならそれらは全てニューワールドオーダーのプロパガンダだからです。
米連邦議会には米国民を代表している議員はいません。彼らは民主的な秩序を完全に変えようとしているのです。
2014年が終わろうとしていますが、丁度今、ニューワールドオーダーの確立間近というところです。
我々はそのクライマックスに差し掛かりました。しかし。。。世界にニューワールドオーダーが確立されると思っている人がいたなら。。。その人は間違っていると思います。

オバマは2015年中に起こる軍事クーデターによって失脚するでしょう。

米憲法は踏みにじられごみ箱に捨てられてきました。バナナ共和国のリーダーが方向を見失うとどうなるでしょうか。通常は軍が政府を占拠することになります。アメリカはバナナ共和国と同じような状況です。今後、軍が政府を占拠する可能性があります。米政府は方向を見失っていると思います。軍事クーデターにより米憲法が再び採用されることになります。そして金本位制度の復活です。

朗報です。オバマは彼の側近に怒鳴り散らしながら自ら孤立させています。彼はアルコールに頼り、癇癪を起こすようになりました。このような状態では彼はこのまま大統領を続けることはできないでしょう。

2008年に米経済は大きな打撃を受け、それ以降、QEという生命維持装置に頼り続けてきました。
2011年にドイツはニューヨークのFRBに預けていたゴールドの返却を要請しました。そしてつい2ヶ月前に、ドイツはカバラの銀行家(金融ユダヤ資本)の運命を決定づける中心的存在になったのです。
2011年にドイツはクリミアの将来について簡単に説明をしていました。それによると、クリミアは2年以内に、ロシアを孤立させるため、西欧とロシアのエネルギー供給への依存度を減らすというものです。
米国務省は、天然ガスのパイプラインを使い、ロシアによるエネルギー供給への依存を止めるとロシアに伝えました。
しかしここ3年間、ドイツはアメリカと足並みをそろえていません。2009年にドイツは金に裏付けられたユーロ(ノルディックユーロ)への切り替えを提案しました。
2013年には多くの国々で大きな出来事が起きました。それは通貨のリセットを試みるということです。まだ完成はしていませんが。。。米政府も通貨のリセットのための取り決めに同意していましたが、その後、取り決めを破棄しました。

金本位制度に戻すということは大量の金が必要になります。

QEを続けた代償は計り知れません。それは米経済に致命傷を与えました。収益が圧縮され多くの会社が倒産しました。原油価格の下落は米政府にとっては想定外のことでした。アメリカは自ら孤立させているのです。

アメリカではこの5年間、原油を増産し続けましたが、増産量の85%はシェールオイルです。
しかし原油の価格が下がり続けています。1バレル30ドルにまで下落するのではないかとも言われています。
最初は1バレル90ドルから100ドルで取引を行っていましたが、これほど下落するとシェールオイルに投資したドル資金はどうなってしまうのでしょうか。

マイケル・シュナイダー氏によれば、今後、原油価格が大きく跳ね上がらない限り、ウォール街の大手銀行の多くが破たんする可能性があるそうです。大きすぎて破たんできない銀行(6行)は、約3兆9千億ドル規模のシェールオイル・デリバティブに関わっています。
来年の中ごろには、多くの米石油生産会社が1バレル50ドルあたりで取引をしなけらばならなくなるでしょう。そうなると、大手銀行が関わっているシェールオイル・デリバティブによる損失は測り知れません。
現在、米ドルが高騰していますが、それは世界金融システムが心臓発作を起こしているからです。米ドルの価値は下落しません。米ドルが消滅し新たな通貨に換わるということです。

米ドルの価値は下落するのではなく、消滅するのです。

米ドルは消滅します。そして世界準備通貨としての地位も失います。アメリカは新たな独自通貨を発行することになります。まだ公表はされていませんが、アメリカは清算の段階に入っています。
安定的な経済を望むなら、金本位制度を復活させるべきなのです。そして大手銀行を破たんさせるべきです。
大手銀行は受益者です。カバラが所有する300行もの主要銀行は破たんを免れるために、あちら側?との取引を止めたと聴いています。

2001年以前にモスクワタイムズ紙は、2001年8月にアメリカは攻撃を受けるだろうとロシア政府(プーチン政権)の経済アドバイザーが語ったと伝えていました。そしてアメリカは実際に攻撃を受けたのです。
彼女はなぜ2001年8月にアメリカが攻撃を受けることを知っていたのでしょうか。
彼女はアメリカの闇の政府を熟知していました。2001年9月11日のテロ事件は、カバラ(シオニスト)の秘密結社+カルト教団(悪魔崇拝集団)+米諜報機関+犯罪集団が結託し何兆ドルもの資金を投入して組織的に行った偽旗事件だということを知っていました。
9・11の飛行機をハイジャックした連中は彼らに雇われた凶悪犯たちでした。彼らが9.11事件を起こした目的は米経済を破壊させることでした。しかし9.11事件後も米経済は崩壊せず彼らを驚かせたそうです。
彼らは、9.11以降もアメリカを攻撃し続け、アメリカのシステムを崩壊させた後に新しい通貨を導入しようと準備をしていました。

アメリカは4兆ドルもの紙幣を印刷し続けた結果、米ドルの価値を損ないました。 一掃される運命のカバラの銀行家らは絶体絶命の危機です。彼らが支配する米ドルが(彼らとは関係のない)新しい通貨に換わると、彼らの資産は紙屑になってしまいます。
BRICSはMINT(米造幣局)と合併する可能性があります。BRICSは金取引の決済に準備通貨の米ドルの使用を止めることにしました。その結果、米長期国債も認められなくなります。

今週、ウルグアイとブラジルは米ドルの使用を止めると発表しました。OPECが破裂する可能性もあります。投資をするならゴールドに投資しましょう。もうゴールドしか残っていません。

オバマを倒す運動が激化しているそうです。 日本や世界や宇宙の動向 H.26/08/04

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 オバマを倒す運動激化しているそうです。


日本や世界や宇宙の動向 2014年11月04日14:21

もうすぐアメリカの中間選挙が行われていますが、マスコミではオバマの支持率は40%と伝えています。随分高いですね。本当はもっと低いのではないでしょうか。共和党だけでなく民主党の重鎮もオバマは要らないと言い始めているそうです。まあ、オバマが追放されても、これまで通りシオニスト配下の大統領が登場すれば同じことです。
BRICSが勢いづいてもそれはそれで問題です。何しろ、英王室やイギリスのロスチャイルドが仕切ってきた金融システムが崩壊し、新たな金融システムができても、それを仕切るのはBRICSですから。日本ではありません。

それにしても、今回の中間選挙も各地で不正選挙が行われることが既に暴露されてしまいました。選挙が始まる前にです。大量に押し寄せた不法移民を使って共和党の票を民主党の票にすり替えるそうです。
共和党も信用できませんがね。


それと。。。日銀の黒田総裁が突然、この時期に金融緩和を発表した理由は。。。安倍総理に消費増税を促すためだそうです。株価が上がれば景気が回復したように見えるからでしょうね。せこいですよね、やることが。

http://beforeitsnews.com/politics/2014/11/lyndon-larouche-says-obama-is-about-to-be-flushed-down-the-toilet-2662326.html


(概要)
11月2日付け:


アメリカの政治家、リンドン・ラルーシ氏によると:
アメリカではここ1週間で大きな変化が起きてます。
例えば、ペンタゴンや民主党の主要派閥からも反オバマ運動が活発化しています。
BRICSや他の諸国が推し進める金融戦略に大敗している英国帝国がやけくそになり人類を消滅させるほ危険な熱核戦争を勃発させる危険性があります。
英国帝国を崩壊させないための方法として英政府やオバマのような英国のポチたちがロシアや中国と対決する姿勢を強めています。
昨日からウクライナのネオナチ勢力はポロシェンコ統領に対しNATOとEUにウクライナを加盟させなければ軍事クーデターを起こしポロシェンコ政権を倒すと脅しています。
また、CFRのアジア研究部長のエリザベス・エコノミーは、米軍の軍事力を強化し、東南アジアに色の革命を起こさせることで習近平を追放し、北京に新たな皇帝を置くと中国に脅迫しています。

1週間前から、アメリカでは大きな変化が起きています。第三次世界大戦を阻止するためにオバマ政権を倒す動きが活発化しています。実際にオバマの支持率が下がっていますから、このままオバマを倒す運動が激化すると、英国の世界戦略が危機的状況になります。
先日のブラジルの大統領選ではブラジルを不安定化させようとしている英国の妨害に屈せず、BRICSの関係を強化するルセフが勝利しました。

ラルーシ氏:「英国のスパイであるオバマを倒すために必要な作戦行動を開始するときがきた。今後数週間、反オバマ勢力の勢いが続けばオバマを倒すことができる。」
ここ数日間で多くの米国民がオバマやオバマ政権そしてNSC国家安全保障会議の無能さを知り、彼らの無能さを隠すためにペンタゴンや統合参謀本部が作り上げたISISを攻撃しようとしていることを知りました。
ホワイトハウスのオフレコメモには彼らの戦争計画が記されていたことが暴露され、ペンタゴンのトップもそれを認めました。彼らは中間選挙の翌週に戦争キャンペーンを大々的に行おうとしていたことが明らかになりました。
ホワイトハウスのハウスクリーニングの標的は、オバマ政権下の主席補佐官のデニス・マックドノウ、国家安全保障担当補佐官のスーザン・ライス及び副補佐官のベン・ローズ、トニー・ブリンケンです。
民主党を消滅させようとしているオバマに危機感を持った民主党の重鎮らにけしかけられてペンタゴンが動きだしました。
ラルーシ氏:「アメリカは現政権下では生き残れない。我々はターニングポイントに差し掛かっている。我々はアメリカを必ず変えなければならない。英国帝国の最重要スパイであるオバマの時代は終わった。現在のシステムは崩壊している。我々の唯一の選択肢は新たなシステムを導入しオバマをトイレに流すことだ。」


Source: http://blogdogcicle.blogspot.com/2014/11/lyndon-larouche-says-obama-is-about-to.html


オバマが修正第22条を廃止し、将軍を自宅拘禁している GFLサービ ス H.26/10/25


GFLサービ ス
(たきさんのホームページ) 


 オバマが修正第22条を廃止し将軍を自宅拘禁している


GFLサービ ス 2014年10月25日

http://www12.plala.or.jp/gflservice/ObamaAbolishes%27ndAmendmentGeneralsArrested141025.html

http://natonalreport.net/obama-abolishes-22nd-amendment-generals-arrested/

Obama Abolishes 22nd Amendment-Generals Arrested

National Report

President Obama, Appearing Combative and Threatening
President Obama, Appearing Combative and Threatening
(大統領オバマ、好戦的なと脅迫を表示)

 ワシントンDC- バラク・オバマ大統領が大統領としての権限を発揮して米国憲法修正第22条を廃止し、これに関連する動きとして、米軍の500名以上の将軍を自宅拘禁とし た。
 この動きは明らかに行政府の絶対権力を強化し、連邦政府の軍事、及び官僚機能に対する力を強化するための試みと見られる。
 オバマ内閣からでさえ、逮捕 者が出ている。副大統領のバイデンは彼のオフィスから強制排除された。ビル・アイレスは大統領側についている。

 シークレットサービスはホワイトハウス周辺で戦略的配置を取り、暴動の可能性に備えている。
 オバマはティーパーテーの指導者リストをIRSから取り寄せ、政治的な報復に備えている。

 大統領は全米 50州の知事を招集し、目に見えない部分での彼の意図を徹底するビデオ会議を開いた。
 二人の知事、スコット・ウオーカー(共和、ウイスコンシン)とネッ ド・ペリー(共和、テキサス)のみが参加を拒絶した。
 この二名の反逆者にどのような運命が待っているかは分からない。
 戦車列と移動砲がウイスコンシン州の マディソンとテキサス州のオースティンに向かったとの報道がある。

 1951年に採 択された憲法修正第22条は、”大統領オフィスには誰も二回以上選ばれる事はない。 ”
 というものである。議会の共和党のメンバーはオバマがこのような厚か ましい動きをすることを恐れたのだ。
 しかし、このタイミングは驚くべきものであり、少数党には反応する時間が無かった。
 軍隊と重砲が現在米国のキャピトル ヒルと最高裁を取り囲んでいる。
 ルース・B・ギンスベルグはワシントンでの軍事行動に卒倒し重篤な病気になったようである。最高裁の中から銃撃音が聞こえたとの報道がある。今の所、状況とアントニン・シャリア判事の消息は不明である。

 ホワイトハウス の報道官ジョン・ベーマーは明らかにガードに連れ去られた。
”私たちは大統領がこの線に沿って考えを巡らしているとは知っていたが、私たち(仲間の共和党 員)は、彼にこの種の行動をとるだけの肝っ玉があるとは考えなかった。
”彼の言葉は軍隊が彼のマイクロフォンを遮断し、公共の目から彼を遠ざけた時に突然 聞こえなくなった。

 2014年の中間選挙が行われるかどうかは、分からず、行われると信じる理由はどこにもない。
 オバマはCIAに国内の各州に人を派遣するよう命じた。
 ある者はこの行動が政敵の逮捕の間は投票用紙と投票機械を押収しておくために行われたと信じている。
 FEMA(連邦緊急事態管理省)の部隊も移動中で、この時点では目的地は不明である。
 戦略的収容キャンプが急いで建設され、反体制派の収容の準備をしているのではないかと恐れられている。

 首都ワシントンで軍事行動が起きているので、米軍の航空機が多数の飛行機雲を形成している。

 更なる緊急ニュースについてはTNRレポートを参照されたい。
 国家からの報道は他の主流メディア、ニュース報道機関によっては報道されない公式の緊急ニュースの源であることを忘れないようにして欲しい。

オバマがもうじき辞任しても驚かない、と政治アナリストが言っています。 日本や世界や宇宙の動向 H.26/07/05

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向

 オバマがもうじき辞任しても驚かない、と政治アナリストが言っています。


日本や世界や宇宙の動向 2014年08月05日10:54

 いよいよ権力の乱用を続けたオバマも、全国放送で、専門家に、いつ大統領職を辞任しても驚かないと言われてしまっています。オバマが大統領に就任以降、ホワイトハウスの内部告発者により、オバマの精神状態が不安定であることがリークされました。

 私はキリスト教徒でもないですし、聖書も読みませんので、米キリスト教徒がオバマは反キリストだと訴えていることについてはどうでもよいのですが。。それでも、日本では一切報道されませんでしたが、オバマが権力を乱用し次々にオバマの独裁性を強める大統領令に署名する中でアメリカは完全な独裁警察国家になってしまったようです。もちろん殆どの歴代米大統領はイルミナティのポチですから、彼らのアジェンダを遂行しているだけなのでしょうが。。。

 政治アナリストが伝える通り、本当にオバマはもうじき辞任するのでしょうか??何か大きなことが起きなければ、そのままホワイトハウスに居座ると思いますが。。。

 それにしても、アメリカは特に1990年代から計画的に破壊されてきたことが分かります。今ではアメリカ全土がガタガタな状態です。中国と良い勝負をしています。

 日本もバブル崩壊後、ガタガタと音を立てて安定的な日本のシステムが崩壊してしまい、今では格差が広がり、みんなが同じような生活ができる総中流社会が崩壊してしまいました。これから日本も益々破壊されようとしているのでしょうか。それともいつかは日本は破壊者に向かって立ち上がることができるのでしょうか??

http://beforeitsnews.com/obama-birthplace-controversy/2014/08/dick-morris-obama-likely-to-resign-huge-news-breaking-video-expert-analyst-i-wouldnt-be-surprised-if-obama-resigned-so-its-basically-a-done-deal-2480882.html

(概要)

8月2日付け:


 政治関連のニュース番組に登場した政治アナリストのディック・モリス氏が(野党・共和党が多数を占める米下院がオバマ大統領が権限を乱用していることに対し、オバマを裁判所に提訴する決議案に賛成した事を受け)爆弾発言をしました。

 ディック・モリス氏は、オバマが大統領職を辞任しても何も驚かない、と言ったのです。

 国内問題が山積している中で、オバマ大統領は資金調達のためのイベントを頻繁に行っているとして批判されていますが、モリス氏は、オバマは自分の印象を悪くしても何も気にしていないようだと言っています。

 さらにモリス氏は、オバマは既に大統領としてのけりをつけられており、もはや大統領職から解任された状態であり、オバマの気もそぞろで、既に大統領としての立場から気が遠ざかっている、とも述べました。

 そして、もし明日の新聞に”オバマ辞職”の記事を目にしても何も驚かない、と伝えました。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 水面下では急激な変化が起きています。地球上の全ての魂の救出のために激しい戦いが続いています。
カラチャクラの預言書には、世界の終末期にシャンバラの王がシャンバラ軍を率いて反キリストのクリンマティ魔王(オバマ?)に勝利すると預言されています。

 ハルマゲドンの戦いが間近に迫っています。世界中のウェブサイトで、オバマは終末期の悪魔であると呼ばれています。

 多くの人々が、オバマは精神障害者であり、常に自己破壊をしている悪質なナルシストであると言っています。
私もオバマは精神障害者だと思います。しかし同時に彼は聖書に記されている反キリストではないかと思っています。彼が大統領選に勝利したその日に彼の地元のシカゴで666の宝くじ当選番号出たのです。これにはぞっとさせられました。

サウスカロライナ州コロンビア市でもホームレスをFEMAキャンプへ! 日本や世界や宇宙の動向 H.26/08/06

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 サウスカロライナ州コロンビア市でもホームレスFEMAキャンプへ!


日本や世界や宇宙の動向 2014年08月06日09:39

 数か月前から、米政府或いは州政府は深刻なホームレス問題に対処しはじめました。やり方はやはり。。。非常に荒っぽい人権を無視した方法です。アメリカではホームレスをFEMAキャンプに送ろうとしている地方自治体が徐々に増えつつあります。今回は、ホームレスが1500人以上もいるサウスカロライナ州コロンビア市です。彼らは強制的にFEMAキャンプに送り込まれてしまいます。拒否をすると刑務所行きです。収容所でどのような扱いを受けるのか。。。きっと人権無視の扱いをされるのでしょう。日本のように職業訓練だとか、仕事の斡旋などあり得ません。外に出ることも難しくなるのですから。

 米政府は最初にホームレスを標的にしてFEMAキャンプに送り込もうとしています。次は誰が標的になるのでしょうか?

 以前、カリフォルニアのホームレスがFEMAキャンプに送られるとの記事も目にしています。

 有名なイーグルスの「ホテルカリフォルニア」の歌詞が今のアメリカを予言していたのではないかとも言われています。

続きを読む

米心理学者曰く オバマはキチ害  日本や世界や宇宙の動向 H.26/06/08

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 米心理学者曰く オバマはキチ害


日本や世界や宇宙の動向 2014年06月08日08:38

ついにアメリカの心理学者に、オバマはキチ害だと言われてしまいました。オバマのやっていることを見ると、どうみても正常な精神状態ではないと懸念しているようです。
数年前に、オバマがホワイトハウスの大統領執務室で鬱状態になり泣いていたという記事を読んだことがあり、オバマは大統領にふさわしくない人物だと思いました。
世界的にみても、権力者の多くがサイコパスか精神異常者だというのが分かりますから。。オバマがキチ害でも不思議でもなんでもありませんが、それにしても、ついに心理学者にはっきりとオバマはキチ害だと言われてしまったのですから。。。オバマの支持率も急落してしまうでしょうね~。
昨年のガーディアンの記事によると、公共政策世論調査の結果、4人に1人はオバマは精神異常者よりも悪い、反キリストだと思っているそうです。オバマはイスラム教徒ですが、イスラム教徒はキリスト教徒の国には合いませんね。アメリカだけでなく、オバマは世界を混乱させています。

さらに、ヨーロッパを訪問したオバマがノルマンディ上陸作戦開始日の式典に出席したのですが。。。なんとガムを噛みながら出席していたのです。まあ、オバマといいミッシェルといい、日本に対しても非常に無礼な態度を取っていますから、オバマは世界中、どこでも無礼な態度を取る癖があるのでしょうが。。。あまりにも常識がありませんし、やっぱり頭がおかしいとしか考えられませんね。
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/06/shrink-to-lou-dobbs-obama-is-mad-erratic-video-2970478.html
(概要)
6月6日付け:
日本や世界や宇宙の動向

バラク政権の極左翼政策は置いといて。。。米国民はホワイトハウスを占拠しているオバマのメンタルヘルスを心配すべきではないでしょうか。
火曜日の夜に放送されたフォックス・ビジネス・ネットワークで心理学者がオバマの憂慮すべき精神状態を伝えました。
Dr.ジーナ・ラウドンは、番組の中で、オバマ大統領が非理性的で常軌を逸しており、どうみても正気の沙汰ではないと懸念しています。
番組では別の事件を取り上げることになっていましたが、Dr.ラウドンは、オバマ政権の問題の方が、他の事件よりも深刻であると訴えています。なぜなら、オバマ大統領が非理性的な行動を取っているのが分かるからです。 
Dr.ラウドンは、「オバマ大統領の精神状態について非常に懸念しています。オバマ大統領の行動は、非理性的であり、大国の暴君だ的な典型的ナルシストで傲慢な姿勢を持っているリーダーと言うよりも、オバマ大統領米国民を敵視するだけでなく、非理性的で常軌を逸した行動をとっているのです。これはどうみても、精神的に正常な状態とは言えません。」と伝えました。


(オバマがD‐Dayの式典でガムをかんでいました!)
http://beforeitsnews.com/obama/2014/06/world-appalled-by-obama-gum-chewing-during-d-day-ceremony-2464030.html
6月7日付け:
オバマ大統領が、ガムをかみながら、D-Day(ノルマンディ上陸作戦の開始日)の式典に出席している映像が世界中に流され、オバマの無礼な態度に嫌悪感を覚えた世界中の視聴者が汚い言葉でオバマを罵りました。特にイギリスとフランスの視聴者はオバマの態度にゾッとしました。

ノルマンディ上陸作戦 ウィキ情報:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E4%B8%8A%E9%99%B8%E4%BD%9C%E6%88%A6 

なんだかオバマが変である  MU(ムー)のブログ H.26/05/06

MU(ムー)のブログ


 
 なんだかオバマが変である


MU(ムー)のブログ 2014/05/06/Tue


以下のホワイト・ハウス公式ビデオで全てが見られます。
CNN記事と合わせてご覧になるとわかり易いです。プーチンを
揶揄する画像も出てきます。オバマは現在レームダック(死に
体)状態と言われています。しかし・・こんなに自虐ネタでジョー
クを飛ばすオバマは見たことがありません。(?_?)

 
オバマ米大統領が自虐ジョーク連発 恒例の記者夕食会

オバマ米大統領は3日夜、毎年恒例となっているホワイトハウス記者クラブ
主催の夕食会で、昨年スタートした医療保険制度改革(オバマケア)のウェ
ブサイトで技術上のトラブルが続出したことなどをネタに、自虐的なジョーク
を連発した。

オバマ大統領は過去1年を振り返る演説の中で、オバマケアの柱となった
オンライン手続きサイト「HealthCare.gov」がシステム障害で大混乱に陥
ったことに言及。

自身が1期目の大統領選に勝利した2008年のスローガンは「Yes We 
Can(イエス・ウィー・キャン)」
だったのに対し、昨年のスローガンは、コンピ
ューターの画面が固まって「フリーズ」状態に陥った時などに使う再起動の
コマンド、「Ctrl-Alt-Del(コントロール・オルト・デリート)」だったと話して
笑いを誘った。

また、ディズニー映画の新作「Frozen(邦題・アナと雪の女王)」のタイトルが
コンピューターのフリーズ状態を示す言葉でもあることから、オバマケアのシ
ステム障害が「今年最大のヒット映画になった」と胸を張ってみせた。
オバマ大統領はまた、政権に批判的な保守系の政治家やメディアにも反撃
を仕掛けた。

共和党上院議員が長時間に及ぶ演説で予算案審議を妨害したことと、ニュー
ジャージー知事の側近らが政治的動機で意図的に大渋滞を引き起こしたとさ
れる問題を結びつけたり、保守派の論客らは最近までロシアのプーチン大統
領を称賛していたと指摘したりした。

大統領のアフリカ系の出自にこだわりを示してきた保守系テレビ局のFOX
に対しては、「私がいなくなった後で懐かしく思い出してもらえるだろう。
(民主党の次期大統領候補に有力視される)ヒラリー・クリントン氏がケニア
出身だと主張するのは無理があるからね」と語り掛けた。

約20分間に及んだ演説の終盤には、設立100周年を迎えたホワイトハウス
記者クラブへの「感謝のビデオ」を紹介。途中でビデオがフリーズすると、「だ
れか直し方を知らないか」と助けを呼んだ。

そこへオバマケア導入時のトラブルに対応したセベリウス前厚生長官が登場し、
「私に任せて。よくあることだから」と、パソコンのキーを打って鮮やかに解決して
みせるという演出も用意された。大統領に続いて登壇したコメディアンのジョエル
・マクヘイル氏も、オバマケアの混乱を取り上げ、悪いことが起きた時に「Health
Care.govる」という新語まで登場したとジョークを飛ばした。(5/5 CNN)


続きを読む

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。