スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生長の家創始者 谷口雅春先生 「神とは何か」後半 神と天皇について 昭和57年 [You-Tube動画]

[You-Tube動画]


 生長の家創始者 谷口雅春先生 「神とは何か」後半 神と天皇について 昭和57年

生長の家創始者 谷口雅春先生
 「神とは何か」後半 神と天皇について 昭和57年

https://youtu.be/Oh5DWb06ybw
 2014/04/21 に公開 1時間12分08


スポンサーサイト

光文書(ヒカリモンジョ)Vol.474 十字架 精神学協会 2015年12月24日 

精神学協会


光文書(ヒカリモンジョ)Vol.474



十字架



精神学協会 積哲夫 2015年12月24日

 かつて、大日本帝国と名乗ったこのクニが、歴史上はじめて占領軍を受け入れ、東京裁判というものが開かれました。
 その法廷で裁かれ、死刑を言い渡されたA級戦犯を、GHQは1948年の12月23日に、巣鴨プリズンにおいて刑の執行をしました。
 それは、当時、皇太子であられた今上陛下の誕生日にあたります。

 この行為の背後には、戦勝国となったアメリカというクニの支配層が、敗戦国であるこのクニに対して、遠い未来においても影響力を残すという明確な意志決定をしていたことがあったのでしょう。

 この今上陛下が背負われた十字架が、実はいま生きているすべての日本人にとっても、共に背負うべき十字架であるということに、そろそろ気づくべき時がきています。
 すくなくとも、戦後69年の間、このクニは、アメリカまたはGHQが構築したイメージ通りの反応をする属国として生きてきたのです。
 その生き方のなかでも、このクニの民のレベルの高さによって、多くの産業分野で、アメリカをキャッチアップして、追い抜いてしまったのですが、そこで、このクニをもういちど無力化する戦略が発動されてしまいました。
 ある時まで、アメリカは日本よりも中国の台頭を歓迎したといってもいいのでしょう。
 しかし、その選択によって、アメリカは、ユーラシア大陸とダイレクトに直面する時代を迎えてしまいました。


 このクニに勝利した後に戦争をくり返してきたアメリカは、勝てない戦いをくり返しています。
 それは、戦いのルールを守った大日本帝国には勝利できたという、ことに過ぎません。
 このクニのルールを守る国民性の故に、戦後のアメリカの押しつけた仕組みが機能してきたのでした。


 その仕組みのなかで、アメリカと共に生きるという選択と、反アメリカの立場を示しつつも、許される範囲内の反対という選択しか、一般の国民には選びようのないシステムが完成してしまいました。
 かつて、自由民主党と社会党という政党は、実質的な経済を握る右側の党と、その反対者でありながら、教育の分野を握ることのできた左側の党という棲みわけのなかで、実はGHQのつくった価値観のなかに組み込まれていたのです。

 1980年代後半に、ソ連邦が崩壊すると、このクニがアメリカの敵視の対象として、再び浮上しました。
 その結果が、今日まで続くほとんど成長することを忘れた経済であり、ますますアメリカ寄りになる政治だったのですが、ここへ来て、そのアメリカのすべての戦略が、機能しなくなりつつあります。

 中国は、日中友好という言葉をうまく使い、日本経済を自分たちの成長のカタパルトとして機能させ、アメリカに次ぐGDPの規模を達成し、強国を自負しつつあります。

 この日本の20世紀後半の成長エンジンだったエレクトロニクス分野は、すでに半島の国家や大陸の国家の企業群にその市場を奪われてしまいました。
 その先にあるのは、かつての大英帝国がたどった老大国への道のようにも思えますが、実は、このクニの前に、アメリカという20世紀後半の世界を支配したクニが、モノづくりのノウハウを失い未来を暗くしているのです。
 私は、これを英語文明の終わりと考えています。

 英語でモノを考える人間の脳のなかに降ろされる次の時代のデータが、もはやなくなりつつあるというのが、精神界が伝えてきている、この地球のプログラムなのです。


 日本人の、あるいは日本語で考える、日本語脳を持つ人間の可能性が、これから開花します。
 それが、このクニのほんとうのイワト開きなのです。
 実は、ちのイワトがひらけば、地上で生きる人間の頭のイワトが開くはずなのです。
 この2015年のクリスマス、天は、このクニに、そんなプレゼントを贈るはずです。
 次の日の本をつくるために…。


2015年12月24日 積哲夫 記


【アベノミクスは死んだ、経済蘇生は失敗(sputnik)】 R K's blog 2015/12/31

Richard Koshimizu's blog


【アベノミクスは死んだ経済蘇生は失敗(sputnik)】



Richard Koshimizu's blog 2015/12/31 04:30
コメント 11

人気ブログランキングへ

 CSIS対日侵略軍司令部直属の日本経済新聞では、日本経済の現状を知ることはできません。

 下手をすると、日本は景気が良いと勘違いしかねません。

 一方で、ロシア筋は的確な分析をしています。

 自国のメディアすら頼れない惨状。

 自分の判断力が試される時ですね。



 【アベノミクスは死んだ、経済蘇生は失敗(sputnik)】

http://jp.sputniknews.com/business/20151228/1380251.html

 日本政府のあらゆる尽力にも関わらず、日本経済は全く蘇生する気配を見せていない。
 大規模支援の甲斐なく状況はますます下降線をたどっており、先週発表された統計は二重のショックを国民に与えた。
 先週、日本の失業率が今までの3.1%から3.3%に上昇したことが明らかにされた。
 この数値は今年1月からの間で最高で、これにより主婦の財布の紐が引き締められた。

 ところが今、明らかにされていることはそれよりも更にひどい
 小売業の売り上げも当初の予測の0.6%ダウンを上回り、最新の調査では1%減少
していることが明らかになった。
 2014年に行われた消費税増税による、その前後の影響を考慮しない場合、この売り上げダウンは2011年の東日本大震災以来、最大となっている。

 工業生産の景気もいまひとつ。
 11月、指標は3ヶ月間で初めて落ちたが、これは世界第3位の経済大国の復興は少なくとも2016年の初めに持ち越されたことを示している。

 メーカーは近い将来にも生産拡大を考慮しているものの、弱弱しいデーターは期待された輸出と需要の増加で経済は押し上げられ、2%の目標レベルまでインフレを速めるという日本銀行の予測に疑問を呈すものとなった。

 個々の指標が物語るのは、異常高温気象による冬物の被服販売に大きな損失が出て、これにより小売販売が年間で1%落ちこんだ事実。

 エコノミストらは輸出における再生の兆候はすでにあることから、工業に方向転換が起きることは期待できると指摘している。
 一方で需要は依然として低いままで、とても経済復興に力を貸すどころではない。(2015年 12月28日)


トイレ掃除の女性を馬鹿にした学生。しかしある男性の一言に彼らは凍りつく / トイレの神様 植村花菜 押尾コータロー… [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 トイレ掃除の女性を馬鹿にした学生。しかしある男性の一言に彼ら凍りつく
 / トイレの神様 植村花菜 押尾コータロー
 / 金運・運気UP!?著名有名人・芸能人【 トイレ掃除秘話】


トイレ掃除の女性を馬鹿にした学生。
しかしある男性の一言に彼らは凍りつく

https://youtu.be/0T0_M7h7Er4
 2015/07/28 に公開 6分41

 トイレの清掃員は、とても簡単な仕事ではありません。男女問わず、定期的に清掃に入り­、便器の隅々まで清掃を行います。

 もちろんゴム手袋はしていますが、時に頑固な汚れが付着していたり、ガムなどの粘着物­が吐き捨てられている時は素手で作業する事だってあります。

 話題の動画を毎日お届けするBuzzTube☆です。
よかったら登録しておいてください♪
【Facebook】https://www.facebook.com/buzztube

トイレの神様 植村花菜 押尾コータロー 坂崎幸之助

https://youtu.be/zCckLVEMykY
 2011/08/08 にアップロード 10分17


金運・運気UP!?著名有名人・芸能人【 トイレ掃除秘話】

https://youtu.be/DEX2aW3ZmeQ
2015/04/18 に公開 3分29


[アフォリズム」 無我 2014/11/10(17:48)  一圓融合 心田開発

[アフォリズム」 


 無我



 「私」という中心が存在しなければ、私たちの問題は確実に消滅してしまう

 もし私たち一人一人の心の中に、権力、地位、権威、持続、自己保存などにたいする欲望を懐いた「私」という中心が存在しなければ、私たちの問題は確実に消滅してしまうのです。

 自我というものは思考によって解消することができない問題です。
 それには思考に拠らない注意深い熟視が必要なのです。
 自我を非難したり正当化したりせずに、その自我の動きを目を凝らしてじっと見詰めていること、それだけで十分なのです。

 しかしながらもしあなたが問題を解決する方法を発見しようとしたり、それを変えようとしたり、ある結果を導きだそうという目的で自我を観察しているならば、それは依然として自我と「私」の境界の中にあるのです。

 私たちがあらゆる思考を分析したり、観察したり、絶え間なく検証することによってある一つの結果を求めているかぎり、私は思考の範囲を超えていないのです。

 そしてこの思考そのものも、やはり「私」やエゴ――それを何と呼んでも構いません――の範囲内にあるのです。P-159

「自我の終焉――絶対自由への道」J・クリシュナムルティ 篠崎書林


〔誠の心をもって事業を展開せよ〕

 一大事のこころざしをはげまし、万念を放下して、所作所為の上に就て、切に急に真実勇猛の念仏を以、自己の真仏を信仰せば気の熱するに随て、自然に誠の心至極して……自己の真仏顕然たるべし。
                    「職人日用」鈴木正三

「私利私欲を払うのじゃ。
 勇猛の南無阿弥陀仏、なむあみだぶつと唱えながら、仕事に打ち込んでいくことじや。
 そこには、私利私欲はない。雑念はとんでしまい、真実、無心の自己が現われてくる。
 本物の職人は、『勇猛心』をもやして無心に仕事に打ち込めば、すばらしい仕事ができる。汚れのない作品が生まれる。使う人も汚れなき心で使うことができるのじや。

 誠の心で仕事に当たれば、天道は必ず幸福を与えてくれる」
 職人になるのには、親方に徒弟として弟子入りし、雑役から職人になるまで約十年の年季をつとめ、生涯、親方を主家と仰いで大事にしなければ、破門されたのです。
 親方の推薦と保証がなくては仕事はとれません。
 正三は利権や不正が幅をきかす世の中にあっても、あえてあるべき職人の心がまえの大切さを教えているのです。

        「不易の人生法則」赤根祥道 PHP文庫


増加するテクノロジー被害(電磁波犯罪)というブログがFC2にあります R K's blog 2015/12/31


Richard Koshimizu's blog


 増加するテクノロジー被害(電磁波犯罪)というブログがFC2にあります



Richard Koshimizu's blog 2015/12/31 04:18 
コメント 10

人気ブログランキングへ

画像

 「創価から電磁波攻撃を受けている」とする、根拠のない訴えはうんざりするほど聞かされてきました。
 分厚い「愁訴文」も何度も送り付けられました。そのすべてが、例外なく、ただの「ご病気」であり、通院歴のある方たちでした。

 とにかく、なんでもかんでも創価に罪を擦り付けているうちは、問題解決に向けて進みません。
 創価もそれほど暇ではありません。
 愁訴者には、創価が付け狙うほどの価値があるとも思えません。

 RKは、長い間創価悪と対峙してきました。
 よって、RKが創価から攻撃されるのは、至極当然のことです。
 ですが、それは私がRKだからです。
 「RK言説を読むようになってから、創価から攻撃を受けるようになった。」とよく訴えられますが、それが事実なら、何十万という読者を付け狙うことになる。不可能です。

 何度も言いましたが、ご病気であることを認識することが、快方への最初のステップです。
 心の病気であっても、病識を持つことでかなり改善します。

 周りを疑って毒を吐いているうちは、良い人間関係は作れません。人が離れていくばかりです。
 オキシトシンもセロトニンも足りなくなります。

 問題をご自分で作り出していることに気付いてください。
 暇さえあったら、太陽の下を散歩してください。
 38度のお風呂で40分間半身浴してください。
 おいしくて安全な食事とお酒をちょっと。
 気の置けない仲間や彼女と一緒に。
 オキシトシンが、心の問題を解決してくれます。


 心の病気の多くは、実は、遺伝性があるとみています。ご病気の方の家族関係を聞いていくと、ほとんどの場合、近親者に罹病者がいるとわかります。
 だから、この種の病気は、ご本人に責任があるとは言えないケースが多いのです。
 だからこそ、少しでも改善できる方向に進んでいただきたい。そのためには、まずは「病識」が前提となるのです。

 また、アスペルガー症候群などの場合、病的な側面がある一方で、普通の人にはない「異彩」を発揮するケースがあるようです。アスペルガーの代表選手が、スティーブン・スピルバーグだと聞いています。
 その意味で、才能を伸ばすことで社会的にも立派に生きていける。それも「病識」があることが前提になるとは思うのですが。

 尚、本件につき「反発」が多く書き込まれるはずです。
 「創価のストーカーは実在する!」と。
 実在はしますが、ごくごく一部です。市井の人にまで創価もさすがに手が回りません。
 この種のご意見は、掲載しませんので、ご了承ください。(#^^#)


 RK意見がお気に召さない方々は、RKブログ以外の他所で存分に活躍されればよろしいかと思います。


 ☆歳末カルト撲滅キャンペーン☆

 他所で創価が馬鹿げたチョッカイ出してきたので、掘り下げた情報を拡散希望(^_-)

〖増加するテクノロジー被害(電磁波犯罪)〗というブログがFC2にありますので、ご存知ない方は御覧ください。
 「創価学会の実態と仕組み」という記事がコメンターさんから出ていますが、熱いですね(p_-)

 実は私も幾つか思い当たる節があります。まぁ、遠隔サイキックで返り討ちにもしましたが… 未だに懲りずに何かやってますね♪

 輿水センセも被験者でしょう、当然。

 ラムセス2世

2015/12/30 17:43


もうすぐ日本経済終わる。 R K's blog 2015/12/31 05:19

Richard Koshimizu's blog


 もうすぐ日本経済終わる。??????



Richard Koshimizu's blog 2015/12/31 05:19
コメント 17

 2015/12/31 03:53

 ある予言者のブログでもうすぐ日本経済終わるとのこと。 このままじゃみんな死ぬ! どうする? コシミズさん!
 もうすぐ日本経済終わる。

 日本のメガバンク、 海外企業のM&Aへの融資を強化...

 どこのおブログさんだか知りませんが、「日本経済終わる」?

 結構なことじゃありませんか。

 これで、やっと、国民が覚醒しますから。

 このままじゃみんな死ぬ?

 経済が終わったら、日本人が死ぬのですか?

 敗戦で何もかも失った1945年からの10年間で、餓死した人はほとんどいなかったと思いますよ。

 今回も同じではないですか?私RKなどは、強制ダイエットできると密かに期待しているくらいですが。

 それに3m x 3mの家庭菜園があれば、結構、食べるもの作れちゃいますよ。


 何にも悲観的なことないけれどなー。


斉藤一人さん語録解説 金鶏塾 小泉義仁 [You-Tube動画]

[You-Tube動画]



 斉藤一人さん語録解説 金鶏塾 小泉義仁


斉藤一人さん語録解説 金鶏塾 小泉義仁

https://youtu.be/Eszsekf4X18
 2014/03/06 に公開 1時間53分51


レヴィナスの時間論 内田樹の研究室 2014年11月16日 09:15

内田



 レヴィナス時間論



内田樹の研究室 2014年11月16日 09:15

『福音と世界』という冊子に標記のような文を寄せた。あまりふつうの人の眼には止まらないような媒体なので、ここに再録しておく。

 レヴィナスの時間論

 最初は「レヴィナスの終末論」というお題を頂いた。原稿を引き受けたのは昨年の12月である。そのときには「あのこと」を書こうというアイディアがあったのだと思う(そうでなければ引き受けない)。だが、10ヶ月経って、いざ締め切り間際になってみると、そのとき何を書く気で引き受けたのかが思い出せない。とりあえず、レヴィナスの時間の観念についてなら少し書けそうな気がするので、それを書こうと思う。それはユダヤ教の終末論的思考にどこかで通底しているはずである。

 エマニュエル・レヴィナス(1906-95)の戦後すぐの著作に『時間と他者』がある。短い講演録だが、正直言うと、ほとんど意味不明のテクストである。

 終戦直後に「ホロコースト・サヴァイヴァー」としてのレヴィナスの哲学的営為の始点を画す著作が、私のように長期にわたってかなり集中的にレヴィナスの著作を読んできた人間にとってさえ「ほとんど意味不明」なのである。

 『時間と他者』はかなり早い段階で邦訳された(1986年、原田佳彦訳、法政大学出版局)。にもかかわらず、レヴィナスの時間論を主題とした日本語の研究は管見の及ぶ限りほとんど存在しない。
 重要性が低いとみなされたわけではあるまい。たぶん多くのレヴィナス研究者にとってレヴィナスの時間概念があまりに私たちの日常的な時間理解と隔絶していたために、研究対象から除外されたのだろう。

 私がレヴィナスから学んだ重要な知見のひとつは「若いときにはわからないことでも、年を取るとわかることがある」ということである。
 哲学者というのは高性能の知性の働きがあれば少年でもでもなれるというものではない。その点で、音楽家や数学者や詩人と違う。哲学者は歴史の風雪に堪えて、さまざまなものを失い、人間の無知や邪悪さに深く幻滅し傷つけられ、それでもなお「人間的叡智」と呼ぶに足りるもの、後世に伝えるべき知見を見出した人間のことである。レヴィナスはそういう哲学者だった。

 レヴィナスは戦時捕虜収容所からパリに戻ったとき、リトアニアに残した家族のほぼ全員がアウシュヴィッツで殺されたことを知った(さいわいに彼がパリに残した家族は親友モーリス・ブランショのはからいでゲシュタポの捕縛をまぬかれた)。

 フランス・ユダヤ人社会が解体的危機に遭遇していたまさにその時期に、『時間と他者』の連続講義は、同じくホロコーストを生き延びたユダヤ人哲学者ジャン・ヴァールの主宰する哲学学院で1946年から47年にかけて、四回かけて行われた。聴衆の相当数は生き残ったユダヤ人たちであった。

 この時期、崩壊しつつあるフランス・ユダヤ人社会を支えるためにレヴィナスは必死で働いていた(タルムードの古法を老師について学び、ユダヤ人青少年のための教育制度の再建を本業としていた)。

 そのように特殊な歴史的条件下で語られた時間論である。だとすれば、それは深い苦しみの中で振り絞るように語られた希望の時間論であったはずである。そのような日々の営みを哲学的に基礎づけることのできる時間論でなければレヴィナスにそのときそれを語る必然性はないからである。

 『時間と他者』において、レヴィナスはそのときだからこそ語られなければならない時間論を語った。というのが私のこの小文における仮説である。ただし、私に与えられたのはわずか6000字である。十分な準備もないので、おそらく論じている途中で話は尻切れとんぼで終わってしまうだろう。せめて冒頭の最も難解な一節だけについては、解釈可能性を示したいと思う。読者諸氏はそれを以て諒とされたい。

!

続きを読む

韓国人が一発で黙る歴史の真実!朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言すること【桜ちゃんねる】

[You-Tube動画]



 韓国人が一発黙る歴史の真実!
 / 朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言すること
 / 【武田鉄矢】今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史


韓国人が一発で黙る歴史の真実!朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言すること【桜ちゃんねる】
2015/05/12 に公開 【本日の最新動画はこちら!】

https://youtu.be/NPtU3p9VHv4
 2015/05/12 に公開 

 【本日の最新動画はこちら!】
https://www.youtube.com/channel/UC7HY...

チャンネル登録は下記からでもできます!
https://www.youtube.com/channel/UC7HY...

【ピックアップおすすめ動画】
【韓国崩壊ニュース】祝!韓国民団が在日強制送還ラッシュ予告報道!マイナンバー制度­と共に在日韓国人にダブルパンチ! 7割強が強制送還かも!
https://www.youtube.com/watch?v=WE1Ii...

【韓国崩壊ニュース】祝!2015年夏から在日韓国人強制送還ラッシュ開始!⇒パスポ­ートのない在日は永住許可無効!
https://www.youtube.com/watch?v=5J0xJ...

【嫌韓危機】韓国人がついに嫌韓・反韓に危機感を示したwww
https://www.youtube.com/watch?v=1lWAj...

【韓国嫌韓】韓国人の真実~親韓派も韓国人が必ず嫌いになる動画~
https://www.youtube.com/watch?v=LwHgV...

【韓国挑発】韓国人「日本人を一発で黙らせる言葉教えるぞ!」喧嘩の仕方レクチャーし­てるぞwww
https://www.youtube.com/watch?v=n4_nI...

【おすすめ動画】
おもしろ反日チャンネル 亡国のイージスさん
【過激パフォーマンス】 これが韓国の反日デモだ!
https://www.youtube.com/watch?v=PbkmN...

木村由美さん
【韓国歴史教科書問題】あちゃー!1957年刊の韓国歴史教科書に記載されている韓国­の自国領が・・・!!!
https://www.youtube.com/watch?v=tnZP4...

ニュース引用元:
画像引用元:
BGM引用元:http://www.rengoku-teien.com/index.html

【武田鉄矢】今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史

https://youtu.be/wqqlvoQp7w4
 2014/01/09 に公開 29分56

 元動画「武田鉄矢が語る!今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史」
 武田鉄矢さんが、今まで隠されてきた中国・韓国の真実の歴史について語っています。
 中国・韓国人が今までしてきたいことをあげながら、彼らの本性を暴きます。
 武田鉄矢 今朝の三枚おろし 20121224放送分より

画像:http://www.officiallyjd.com/archives/...


プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。