スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロン・ポールの警告「2016年2月19日 ドル完全崩壊」 新・ほんとうがいちばん 2016/01/19



 ロン・ポールの警告「2016年2月19日 ドル完全崩壊



新・ほんとうがいちばん 2016/01/19 12:57

転載元:カレイドスコープさんより

mag20160118-3.jpg

 元連邦議員や大統領候補と目される人々が「アメリカの終焉」を言い出した。

 (※これは、メルマガ第140号パート2の要約です)

 連邦議員や大統領候補と目される人々が「アメリカの終焉」を言い出した

 ・・・元連邦議員ロン・ポールは、これまで何度か公式の場で、明らかに予言とされる謎めいたスピーチを行ってきました。たとえば、2013/08/23配信の「米国崩壊!ロン・ポールの予言と金融メルトダウン前夜の恐怖」などです。

 ところが、今度は、ロン・ポールだけでなく、ドナルド・トランプも、例のシュミ―タの謎を解き明かしたユダヤのラビ、ジョナサン・カーンも、その他、どこかのコメンテーターも、一般の陰謀論を解明しようとしている人々も、すべて「2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される」と訴えています。

 一大キャンペーンが展開されているのです。

 ・・・結局、ロン・ポールの予測は、全米国の金融システムが崩壊すると言っているのです。
 米国の金融システムが現実に崩壊するならば、それはそれで全てのグローバル金融システムに及ぶことになります。

 米国の負債は、公式発表だけでも18兆ドル以上に上ります。
 そして、米国に対して最大の債券保有者は、第2位の中国と第3位の日本です。

 米国の崩壊は全世界を荒廃させます。そのとき、アベノミクスは、どうなるでしょう。
 それが起こるのは今年の2月19日である、と警告しているのです。

 ドルの廃棄を宣言して新しい通貨に切り替える可能性

 近年、中国は、ドイツ、インドその他の国々で貿易を活発に行うようになり、準備通貨としてのドルを除外しました。やがて、米国は世界の準備通貨として地位を失うことになるでしょう。

 すでに貿易の決済通貨として、10ヵ国がドルを段階的に排除していくことに署名したということです。

 国際通貨基金(IMF)は、新しい世界準備通貨システムを提案しました。世界の準備通貨として、米ドルが君臨する日は、数えることができるくらい短いでしょう。

 米国のオピニオン・リーダ―の何人かは、米国経済が回復基調にあって、株式市場が順調だ。したがって、事態はそれほど悪くないのだと、言っています。

 日本の安倍晋三、官房長官の菅義偉は、すべての経済指標に目をつぶり、これを、オウム返しのように記者会見で繰り返しています。「米国経済が回復基調にあることは間違いない」と。

 ドイツ、ロシア、アルゼンチン、ブラジル、チリ、日本、中国、ウクライナ、イタリア、アイルランド、ポルトガル、スペイン・・・米国の現状と類似 した困難に直面しています。

 ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズをはじめとして、世界的に有名な投資家たちは、「今の状況は2008とそっくりだ。いや、それ以上に悪い」と警告しています。

 ・・・それで、彼らはなぜ、「2016年2月19日にドルが100%崩壊する」と言っているのでしょう。

 米国の財務長官ジャック・ルーが、去年、「米国の債務上限の勘定日が11月5日へと向かって進行している」と言ったことに多くの人が注意したことを思い出してください。

 米国は、度重なる債務上限の切り上げを行って、ひたすら借金を積み上げてきました。
 さらに、債務上限を引き上げる法案を提出して議会を通過したとしても、世界の誰もそれを認めないでしょう。

 だから、アメリカの借金額は18兆ドルのまま止まっています。

 そんな馬鹿な!

 考えられることは、いつくかあります。

 その最有力候補は、かねてから言われてきた新通貨「Amero」の登場かも知れません。
 ドルを廃棄して、「Amero」を基準に各国の通貨に対して新しい評価額を割り当てるのです。

 繰り返しますが、ロン・ポールは、こう言いました。
 「大きな通貨危機が襲った後、本当の通貨改革がやってくるだけだ」と。

 ちなみに、ロン・ポールも、ドナルド・トランプも、あのイルミナティー・カードに描かれていると言われています。

mag20150703-6.jpg

 この二人の男は、ロン・ポール(右)と、ラッシュ・リンボー(左)。
 ラッシュ・リンボーとは、やはり同類で、右派・タカ派的な発言が、たえず物議を醸しだしているラジオショーのホストです。

mag20160118-4.jpg

 下は、トランプタワーのペント ハウス(66階)の部屋が、秘密結社につながるシンボリズムで埋め尽くされている様子。

mag20160118-5.jpg

 彼は、自分のことを「アポロ」、「ゼウスの息子」と見なしているとか。
 ニムロデ(または、ニムロド)のことを、ギリシャ神話では「アポロ」、あるいは「ゼウス」になぞらえていることから、自分も、つまりニムロデだと思っているとのこと。

 だから、この二人は、パニック・プロモーターであるということ。

 (※全文はメルマガで。その他の記事は以下です)
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4056.html

(転載終了)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。