スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翁長知事の次の挑戦は新党をつくって安倍暴政と戦う事だ 新党憲法9条 2016年1月24日  

天木直人のブログ


 翁長知事の次の挑戦は新党をつくって安倍暴政と戦う事だ 新党憲法9条



 日本の戦後史は対米従属の70年であったが、その対米従属の中でも、際立っているのが米軍による日本支配である。

 その事を私は繰り返し書いてきた。


 その典型が日米合同委員会の存在である。

 日本の主権回復とほぼ同時につくられたこの日米合同委員会は、いまでも国民の見えないところで定期的に開かれ、日米関係を決めている。

 その実態は、米軍による日本支配である。

 そのメンバーを見ればそれがわかる。

 つまり米国側の出席者はすべて米国の軍人であるが、日本側は自衛隊幹部と官僚たちだ。

 しかも実質的に政策をつくる課長クラスだ。

 つまり米軍が日本の官僚(米国は占領当時から、日本は上に行けば行くほど馬鹿で、下に行けば行くほど物事がわかっている事を知っている)と自衛隊を通じて、日本を間接統治しているのだ。

 そしてまたひとつ、その動かぬ証拠が見つかった。

 きょう1月24日の朝日新聞が一面トップでスクープ報道した。

 自衛隊と米軍が2012年、尖閣有事の際の共同軍事作戦を計画していた事がわかったと。

 こう書けば自衛隊と米軍は対等のように聞こえるが、いうまでもなく日本の自衛隊は米軍の指揮・命令下にある。

 米国の命令で日本が尖閣を巡って戦争させられるということだ。

 日中戦争を想定したそのような軍事作戦を研究されていたのだ。

 それが安倍政権下なら、まだ驚きは少ない。

 衝撃的なのは、それが2012年、すなわち野田民主党政権下で行われていたということだ。

 ならば社会党や共産党政権だったらどうか。

 結果は同じだろう。

 なにしろ社会党は村山社会党党首が政権を取ったとたんに、自衛隊と日米安保体制を認めた。

 共産党が政権を取る可能性がないことは、今度の国民連合政権構想が否定された事で明らかだが、それでも共産党までもが連合政権ができるなら日米安保反対は棚上げすると言った。

 これを要するに、米軍による日本支配は、どのような政権になっても変わらない、変われない、ということだ。

 そのような米軍に絶対服従の日本が、いま安倍政権の下で、憲法9条否定いというもっともわかりやすい形で完成しようとしているのである。

 この深刻性を果たしてどれほどの日本国民が知っているだろうか

(了)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。