FC2ブログ

おカネの仕組みが社会の仕組み 1 住民至上主義 「国家は組織欲でしか動かない化け物である」 竹原信一 H.25/01/07

住民至上主義 「国家は組織欲でしか動かない化け物である」


 おカネの仕組みが社会の仕組み1


住民至上主義 「国家は組織欲でしか動かない化け物である」 竹原信一 2013年01月07日10:01

 おカネには紙幣やコインの他、預金、手形、電子マネーなどがあります。紙幣は政府の造幣局で作り日銀に納めます。これが「日本銀行券」であり、国のお金ではありません。
硬貨には日本国と書いてあり、これだけが国のおカネと言えるようです。

  つまり、ほとんどのおカネは銀行の通行券のようなものです。そして、お札以外のおカネである、預金、手形、電子マネーなど、銀行組織内の電気信号にすぎないお金がお札の20倍ほどもあります。電気信号ですから銀行組織内のどこからでもおカネを作ることができます。

 実際のおカネ作りは、民間銀行でやっています。銀行は貸出しをするときにおカネを作ります。銀行は数字を銀行内の借り手口座に書き込むだけで利息を得ることができるすごい商売なのです。ですから銀行にはそれほどお札を置いてありません。たくさんのお札を要求されたら周りの銀行からかき集めて支払いをします。

 認可団体の日銀がおカネの総量と貸出方針を指図しています。つまり、景気や産業構造を支配しているのは日本銀行であり、皆さんが選んだはずの国会議員ではありません。誰を選挙で選んでも景気が良くならないのは、おカネの仕組みさえわかっていない国会議員を選ぶからなのです。

 日銀は国際銀行家の私物である決済銀行の下にあります。決済銀行はアメリカ政府やアメリカ中央銀行の上にあるので全世界のおカネは国際銀行家の私物ということになります。政府機関、報道機関、経済学者、公務員集団、右翼、左翼、暴力団そして裁判所もおカネの流れを通じて国際銀行家の意図に沿って動いているというわけです。景気の循環や戦争はおカネ絡みです。つまり、すべてが仕組まれています。

 おカネを生み出す仕組みさえ知らされない私たちはいったい何を民主主義と呼んでいるのでしょうか。

2013年01月07日10:01

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR