FC2ブログ

2013/12/25 キリスト教の「神話」のベールを取り去り、「史的イエス」の実像に迫る―岩上安身による上村静氏インタビュー IWJ H.25/12/25

IWJ


2013/12/25 キリスト教の「神話」のベールを取り去り、「史的イエス」の実像に迫る―岩上安身による上村静氏インタビュー


IWJ 2013/12/25

 ユダヤ学・聖書学が専門で、『宗教の倒錯』(岩波書店、2008.09)、『キリスト教の自己批判~明日の福音のために』(新教出版社、2013.10)などの著書がある上村静氏に、岩上安身が6時間を超えるロングインタビューを行った。24日のクリスマス・イブ、25日のクリスマス当日の2回に分けて、「IWJクリスマス・スペシャル」と題して特別配信した。

 話題は、「聖書学」が明らかにした「史的イエス」の実像から、ユダヤ教徒とキリスト教の関係、黙示録やシオニズム、さらにはTPPや集団的自衛権行使容認といった今日的な話題まで、非常に多岐に渡った。

【記事目次】

  • 「史的イエス」とは何か
  • 終末思想を否定した「コヘレトの書」
  • ユダヤ教の核心にある「受動態」の思想




「史的イエス」とは何か

 「処女懐胎」「東方の三博士」「最後の晩餐」「磔刑」「復活」など、キリスト教の聖典である新約聖書では、イエスは「メシア(救世主)」として様々な「神話」的エピソードとともに語られている。一方、ヨーロッパでは近代社会に入ると、聖書の記述を科学的・実証的に検討する「聖書学」が発達し、「神話」のベールを取り去った古代イスラエルの真の姿と「史的イエス」を探求してきた。

 上村氏は、この「聖書学」について、「史的イエス」と「信仰のキリスト」という対立軸を用いて説明する。「信仰のキリスト」とは、「『史的イエス』がクリスチャンの信仰の光において理想化された姿」である。聖書とは、まさにこの「信仰のキリスト」像をテキスト化したものなのである。

 「キリスト教では、『イエス=メシア』という考えがまず起点にありました。そのことを説明するために、聖書の神話的なエピソードが事後的に作られていったのです。

 『史的イエス』は、もちろん『処女懐胎』で生まれたのではなく、イスラエル北部のナザレで普通に生まれました。兄弟姉妹もいたと言われています。『処女懐胎』という物語が生まれたのは、イエスが神から生まれたことの説明をしなければいけなかったからです」

 実在したことは間違いない史的イエス本人は、キリスト教という新しい宗教を樹ち立てようなどという思いはさらさらなく、ユダヤ人として生まれ、ユダヤ教の教えを説いて死んだのだ、という。
(IWJ・平山茂樹)

終末思想を否定した「コヘレトの書」

この続きは、会員限定記事で

この記事・映像の完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
この記事・映像だけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR