FC2ブログ

冷凍食品から基準の150万倍の農薬を検出!何者かが意図的に混入した可能性も!群馬県警が捜査へ! 真実を探すブログ H.25/12/31

真実を探すブログ


 
 冷凍食品から基準の150万倍の農薬検出!何者かが意図的に混入した可能性も!群馬県警が捜査へ!


真実を探すブログ 2013/12/31 Tue. 12:00

20131231-092521nouyaku.jpg


食品大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の冷凍食品から、農薬「マラチオン」が基準の150万倍も検出されました。マルハニチロホールディングスの久代(くしろ)社長は記者会見で、「何者かが意図的に混入した可能性もある」と述べ、群馬県警に調査依頼をしたとのことです。
既に群馬県警は12月30日から動き出しており、業務妨害などの疑いで捜査を開始しています。また、先日に行われた県は立ち入り調査の結果、「通常の製造工程での汚染の可能性は低い」との調査結果が発表されました。

おそらくは、会社に敵意を持っている物や、一部の従業員による意図的な混入が行われたのでしょう。それにしても、震災以降、妙に食品と関係している事件や問題が多発しているように感じられます。集団食中毒、食品偽造問題、放射能問題などなど。これが偶然かは分かりませんが、添加物などを大量使用している今の食品業界が、このような事件を切欠にして良い方向へ変化することが出来れば良いのですが・・・。



☆冷凍食品から農薬成分検出 「製造工程で混入の可能性は低い」(13/12/30)


☆<マルハ農薬混入>異臭指摘で判明 基準の150万倍検出
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000029-mai-soci


引用:
「ご心配をおかけし、深くおわび申し上げます」。29日午後5時から始まった緊急会見の冒頭で、マルハニチロホールディングスの久代(くしろ)敏男社長は深々と頭を下げて謝罪した。

 会見には問題の商品を作ったアクリフーズの田辺裕社長らも出席。原因について問われると、久代社長らは厳しい表情で「調査中」と繰り返した。「全ての可能性を否定できない」として意図的混入もあり得ると認めたうえで、群馬県警に相談していることを明らかにした。

 一方で「(農薬が)そのまま原料に移転するかどうかは品目によっても違う。まだ100%違うとは言えない」と述べ、原材料に農薬が残留していた可能性も含め、慎重に調査する考えを示した。

 今回の問題は、群馬工場のミックスピザを購入した消費者から「異臭がする」との指摘が11月13日に寄せられたことを契機に発覚、最大で基準値(0.01ppm)の150万倍に当たる1万5000ppmのマラチオンが検出された。公表まで1カ月半かかったことについて、田辺社長は「最大の反省点」と述べた。【町田結子】
:引用終了

☆意図的に農薬混入、捜査 工場、県が立ち入り 群馬県警
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131231/crm13123107540002-n1.htm


引用: 
2013.12.31 07:53
 食品大手マルハニチロホールディングスの子会社「アクリフーズ」の冷凍食品から農薬「マラチオン」が検出された問題で、群馬県警は30日、何者かが意図的に混入した可能性もあるとして、業務妨害などの疑いで捜査を始めた。県は立ち入り調査の結果、通常の製造工程での汚染の可能性は低いとの認識を示した。

 アクリフーズによると、食品を製造した群馬工場(群馬県大泉町)ではマラチオンを使用していなかった。検出濃度が高く、原料に残留していたとは考えにくいことから、意図的に混入された可能性があるとみて、県警に相談していた。県警はすでに、工場関係者らから商品の製造過程や流通経路について説明を受けた。

 県は30日、工場の立ち入り調査を実施。その結果、通常の製造工程上で汚染された可能性は低いとする調査結果を公表した。その理由として、工場内で使用している薬剤リストにマラチオンが確認されなかったことや、今回検出されたマラチオンが高濃度で原材料に由来するものではないことなどを挙げた。

 意図的な混入については「可能性はある」と述べるにとどめた。
:引用終了

☆混入マラチオンは低い毒性 コロッケ60個で子供発症
URL http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131230/crm13123021320017-n1.htm


引用:
立川涼・愛媛大名誉教授(環境化学)は「比較的安全な農薬といわれるが、神経毒があるので、大量に摂取したら身体のしびれやまひが出てくる。最悪の場合、死に至る可能性もあるが、今回の農薬の濃度では、大量に摂取する可能性は低い」と説明する。

 マラチオンは低毒性の有機リン系の殺虫剤で、イネや野菜、花など害虫駆除に幅広く使用されている。見た目は黄色っぽい色をしており、水にほとんど溶けない。酸やアルカリで加水分解されるほか、熱を加えることでも分解される。マルハニチロは毒性の発生レベルを「子供(体重20キロ)でもコロッケ(22グラム)を一度に60個食べないと発症しない」としている。

:引用終了


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR