FC2ブログ

生活の党幹事長パーティーに民主党幹事長が来賓出席  植草一秀の『知られざる真実』 H.25/10/012

■ 植草一秀の『知られざる真実』.


 生活の党幹事長パーティーに民主党幹事長が来賓出席


植草一秀の『知られざる真実』 2013年10月31日 (木)

人気ブログランキングへ

10月29日、東京赤坂のANAインターコンチネンタルホテルで、

「鈴木克昌君の更なる飛躍を期する会!」

が開催された。

鈴木克昌氏は、生活の党幹事長を務める衆議院議員である。

会の発起人の一人である、生活の党代表の小沢一郎議員も発起人として挨拶をした。

また、日本医師会元会長の原中勝征氏、民主党幹事長の大畠章宏議員が来賓として出席された。

自民党の衛藤征士郎議員を含めて自民党議員も出席していたから、鈴木議員の人脈が与野党をまたいでいることが分かる。

日本医師会元会長の原中氏は、米国にものを言い、日本の真の独立を追求した政治家が、ことごとく攻撃され、潰されてきた歴史を指摘した。

そして、すべての人が安心して暮らすことのできる日本、医療の安心が確保される日本が大事であることを強調された。

民主党幹事長の大畠章宏氏が出席された意味は小さくないと言える。

小沢一郎代表は、与党が圧倒的勢力を占有する現況を是正し、国民の生活を本当に安定させる、国民のための政治をもう一度取り戻すことが必要であることを力説された。


日本政治はいま、対米隷属の勢力に占拠されている。

そして、この勢力は、日本の官僚機構、日本の大資本と結託し、日本政治を私物化してしまっている。

原発、憲法、TPP、そして、消費税、沖縄などの問題が、本当の国民の意思を無視して、身勝手に判断されてしまうリスクが高まっている。

日本は本当の意味の危機に直面していると言って過言でない。


わずか4年の時間のなかで、日本政治は完全に転覆された。

主権者が主導する政治が、ついに実現したのが4年前だった。

しかし、この政権は、誕生前から、日本の既得権益の最大の攻撃対象に定められていた。

小沢氏を標的とする人物破壊工作が激烈の度を強めたのは、その1年前のことだった。


麻生太郎氏は、警察庁長官出身の漆間巌氏を官房副長官に起用し、恐るべき政治謀略に手を染めたのだと考えられる。

その政治謀略が一気に火を噴いたのが2009年3月3日の小沢議員公設第一秘書大久保隆規氏の逮捕だった。

2009年9月の政権交代は、この謀略を跳ね返して実現されたものだったが、既得権益の総攻撃は、政権交代実現後に、一段と激化した。

鳩山由紀夫政権はわずか8ヵ月半で破壊され、対米隷属派に転向した菅直人氏がクーデター政権を樹立し、同じ勢力に魂を売った野田佳彦氏が、民主党に止めを刺した。


民主党は二つの政治勢力の混合物である。

悪徳民主党と正統民主党である。

正統民主党の人々の多くが民主党を離党して、いまの生活の党に流れた。

しかし、日本の既得権益は、小沢一郎氏を最大の脅威として、手段を問わない薄汚い手法を用いて、この小沢新党を攻撃し続けている。

民主党内には、本来、正統民主党に属する人々が残留し、悪徳民主党に取り込まれてきたのである。

この悪徳民主党こそ、日本の政治を破壊した、本当の主犯である。

そして、既得権益の元締めである米国は、日本政治を、対米隷属の二大政党体制に移行させようとしている。

それが、民みん維新合併工作である。

自公という大きな塊がある。

もうひとつの塊として、民みん維新をひとつにまとめてしまえば、日本を対米隷属の二大政党体制に移行させることができる。

この目論見に沿って、メディア報道を誘導している。

これが成立されてしまうと、主権者勢力が日本政治の実権を奪還することが非常に難しくなる。

主権者勢力は瀬戸際に追い込まれているのだ。

事態を再逆転するには、主権者勢力が結束して、自公、民みん維新に対抗しなければならない。

そのとき、何よりも重要なことは、大同団結である。

誰が好きだとか、誰が嫌いだとかを言っている局面ではなくなっている。

大同団結しか、事態打開の道はない。

その際、民主党の本来の正統派を引き込むことも重要になる。

大畠章宏氏は日立労組出身であるために、脱原発の旗を振りにくい。

ここに最大の問題があるが、この問題を除けば、本来、正統民主党に帰属するべき議員である。

また、生活の党が単独で政権奪還に向かうのは極めて難しい状況にある。

次の選挙は、いつあるか分からないが、可能性が高いのは、2016年の衆参ダブル選だ。

この3年後に照準を合わせて、主権者勢力の結集、主権者勢力の大同団結の戦略を明確に打ち立てなければならない。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

RKブログへのコメント一括投稿

では10月17日102号法廷の傍聴人全員で一斉に裁判所へ対し、公式にあの裁判は結局どういう内容だったのか公式記録を直ちに公開するよう国民請求と裁判記録開示命令を出せばいいね。相手はどうせ我々国民が税金で養ってやってる身分の低い下僕召使いに過ぎないんだから、鞭でしばいて記録を公開させて全国記者会見を開いて追い込んでやればよいw
警察も警備も全員主権者国民の下僕なんだから転び公妨や人質司法の冤罪検挙実力行使は憲法99条違反内乱罪の現行犯だから覚悟しとけよw

警備員警官の憲法違反内乱罪についてはnueqさんのブログに書いています。

橋下に関電から裏献金3千万!?
http://nueq.exblog.jp/18942965/      

ハシシタの変節と関電からの度々3000万円裏献金の疑惑

 ハシシタ、ガレキ受入説明会を強制終了
 住民の質問に答えず
 放射ガレキ受入説明会場で転んだ人を蹴るポリ公

トレモロスみたいに小学校4年の漢字も書けない成績劣等者は高校大学を不正入学不正卒業して学歴詐称で選挙に不正当選できても、世界の折り紙付きのバカ選抜試験である司法試験にすら絶対に合格できんけどね。だってトレモロス日本語の読み書きが出来ないから問題を読む事も答えを書くことも出来ない義務教育落第劣等者なんだもんなww

そんな低脳を党首にして連立内閣を組閣する自公国会議員の底抜けのばかっプリと、不正選挙で当選して野党と称しつつ安倍偽総理を国会で認めている国会議員全員のあさましさには、おもいっきり反吐が出る。国会議員も主権者国民の召使い下僕公務員であることを弁えなければ全員憲法99条違反内乱罪だぜ、ばか公僕め。


安倍とか小泉純一郎とか、ごんぎつねも読めるのかどうか怪しいもんだw
今度国会で安倍晋三に「日米安保条約と地位協定」と黒板に漢字で書かせてみたらどうだね。めちゃ面白いことが起きるぜww小学校6年女子でも暗誦できる日本国憲法前文をフリガナ無しで朗読させても爆笑ものだと思うねw

我々日本人はご先祖様じっちゃんばっちゃんから「嘘つきは泥棒の始まり」「人様を騙すな」「神様や仏様を敬え」「良いことは死ぬまで(死んでも)やり抜け」「弱いものいじめをするな」「すべての生きものの命を大切にせよ」等々と限りない慈愛の心で三つ子の魂に躾けられてきた。
そういう日本人だからこそごんぎつねの死に涙するのである。


山口那津男はごんぎつねを読んだことあるのかね?
牛をつないだ椿の木は?花の木村と盗人たちは?

読んだことなけりゃソウカノ100円ショップダイソーで
新美南吉童話集が100円で売ってるから買ってきて読めばイイw>山口那津男

憲法違反内乱罪カルト政党公明党党首公選法違反ニセ国会議員山口那津男刑法犯は(刑法罪名が多すぎて誰でも舌噛むわこりゃw)山羊の命救助を絵本にするより先にホルマリン蝋人形池田会長の人じゃなかった犬作の命救助をして(無理無理w)隠そうか麻薬王ホルマリン犬作二代目前原公選法違反国会議員の日本人としての社会生命を助けてやらなきゃ成らないんじゃないの?w


日本国憲法は主権在民象徴天皇だから、最強の国家権力は国民の持つ「主権」すなわち基本的人権です。最高法規第99条にある「天皇及び摂政、国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」は、日本国の象徴天皇であらせられる今上陛下を除いて全員が主権者国民の下僕である。つまり今の日本国で「お上」といえば主権者国民のことである。摂政すなわち総理大臣も国務大臣も国会議員も裁判官もすべての公務員もみな日本国のお上主権者国民に仕えるしもじも召使いに過ぎない。しもじもである召使いがご主人様主権者国民の基本的人権をたとえほんの少しでも侵害すれば、その召使いは直ちに憲法99条違反でご主人様主権者国民から刑法の内乱罪という鞭で厳しくむち打たれることになるのだ。
たつおとやら、あんまり日本国憲法を甘く見るんじゃない。


「日本国憲法に従い直ちに衆参全議員解雇して主権者国民直接選挙管理総選挙を行え」

あの動画がこんなに短時間で広まった今こそ独立党は12.16不正選挙と7.21不正選挙が証拠によって確定したことを全世界に対して宣言し、日本国憲法に従って直ちに衆参同時選挙を政府に要求するべきである。この国政選挙では、総務省全員解雇し選管ムサシを排除して、NHKはじめテレビの選挙報道や当確速報報道を絶対禁止して、投開票場の設置からすべて地方公務員の手作業で公開して集計開票100%で当選者発表までを行うようにして、主権者国民が直接参政権を行使して選挙全過程を厳正に管理する公平公正な日本国憲法遵守国政選挙とする。現在の国会議員は全員12.16および7.12不正選挙の当選者であるのに国会において誰も不正選挙を問題にせず議題にもせず国民を欺き続けたから、今度の選挙では全員被選挙権を没収停止する。参議院議員に関しては全員再選挙とするので、すべての現職国会議員が出馬禁止となる。
公明党および幸福実現党は憲法違反につき強制解散。
亀井静香議員だけただひとり自公政権の創価学会依存不正選挙を国会で問題にしてその憲法違反を明らかにした功績に鑑みて例外の立候補資格を与える。

これをRK氏と独立党が中心になって全国民へ呼びかけて主権者国民の総意形成し、憲法に従い直ちに衆参両院解散全議員総選挙を実施するよう政府公僕に対して厳命する。

最高裁判事国民審査も同日に行う。未記入はすべて不信任票である。
12.16と7.21の同日に行われた地方選挙(東京都知事選含む)もすべて憲法違反だから前記の国政選挙とは別日程で迅速に再選挙とする。


選挙に関わる者が行うすべての不正行為は刑事犯罪です。
いわゆる民事の「不祥事」ではまったくありません。
12.16衆院選国民審査と7.21参院選で不正行為に手を染めたのは総務省選管公務員及び地方公務員です。開票仕分け機を納入した特定業者職員も選管準公務員であり公務員と同格です。
さて国政選挙と国民審査は日本国憲法の定めるところに従って行われます。そして日本国憲法最高法規99条は「天皇及び摂政、国務大臣、国会議員、裁判官とすべての公務員」に対して憲法を擁護し遵守することを義務づけています。これは日本国の最高法規ですから違反をすれば直ちに刑法の最高刑である内乱罪または外患誘致罪で裁かれます。最高法規違反者を裁く主体は主権在民憲法ですから当然主権者国民がこれを裁くのです。裁判官は不要です。ちょうど最高裁裁判官を主権者国民が務めると同じ事になりますね、最高裁判員とでもいいますか。

つまり証拠によって明らかに12.16衆院選国民審査と7.21参院選は総務省選管公務員(準公務員含む)と地方公務員が犯した刑事犯罪であり、憲法最高法規99条違反であるから刑法の最高刑罪名である「内乱罪」で実行犯人を裁くことになります。裁判所は不要です。

不正選挙に関わった省庁公務員や記者クラブマスゴミおよび不正選挙で当選した国会議員は全員この総務省選管公務員及び地方公務員内乱罪犯人の共犯容疑で強制捜査を受けることになります。内乱罪共犯容疑で捜査対象となった摂政、国務大臣、裁判官および公務員は全員休職とされ捜査期間中はずっと捜査機関に身柄を拘束されて共犯事実の厳しい追及を受けなくてはなりません。憲法違反の刑事犯罪犯行事実の追及は国家最優先危機管理なのですから当然例外は絶対に認められない。

この結果現政府は全員総入れ替えで行政を続けることになります。

アヘトレモロフ憲法違反犯罪者くん、ざーんねんでしたウンのツキです。ウンチ漏れを刑務所の中でゆっくりじっくり治してください。オムツじゃなかったオツムの馬鹿はつける薬がないから治らんかもしらんけど、最後までケツしてあきらめちゃいかんよ、フンばれ!
プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR