FC2ブログ

化学調味料という神経毒を売る味の素 毒売り犯罪会社  宇宙への旅立ち H.26/02/26

宇宙への旅立ち


 化学調味料という神経毒を売る味の素 毒売り犯罪会社


宇宙への旅立ち 2014年2月26日水曜日


※ 動画は削除されました。


味の素の毒売り商人の横田さん

 私自身は味の素という会社を直ちに解体し、重役共を牢屋にブチ込むべきだと思いますね。味の素は100%神経毒!これは世界的に証明されています。そんな毒を世界に売り歩く会社は、爬虫類人の「人間に自主的に味の素という神経毒を 買わせ中毒にさせ奴隷にしやすくする」というイルミのアジェンダを遂行している会社なわけです。

 最近、安倍が世界各国を周り、日本食のアピールに行って来ましたが、実際には日本食のアピールというよりも、日本食に含まれる味の素という名の神経毒の売り込みだったわけです。
 そう、日本食とは「味の素という神経毒が入った、脳味噌が美味しくない物でも美味しく感じる食事」という事だ。
 レストランなどで食べる食事は美味しい。
 でも、その美味しさは何処から来るのだろうか?あなたは考えた事がありますか?

 では、この味の素という神経毒、英語では一般的にMSG(monosodium glutamate)と呼ばれる毒が、あなたの体で、どうゆう作用を引き起こすのかご紹介しよう。

 味の素が人体に引き起こす重大危険性 ~これは事実で有り真実です!!最後までお読み下さい!!~
http://ameblo.jp/y-fourgunsperson/entry-10234207375.html



脳損傷により様々な副次症状が引き起こされます。

・痺れ

・頭痛

・圧迫感

・甲状腺や副腎などの重量低下

・ホルモン類の著しい減少

・不妊などの生殖異常

・ビタミン欠乏症

・指がくっつくなどの骨格異常

・染色体異常

・催奇形性

・脱脳症

・唇裂

・無眼症

・MSG加熱で強い発ガン物質も生成される。

・腎臓障害

・痛風

・網膜損傷


脳には「血液-脳関門」と呼ばれる保護機能が有ります。

“関所”の様に有害物質の侵入を阻んでいるんです。

ところが赤ちゃんの出生直後はこの“関所”を閉じていないので、神経毒物の「味の素」はフリーパスで未成熟脳を直撃します。

この関門の完成は3歳頃になるんです。

この様な事が有るので「乳幼児に『味の素』を与えてはいけない」というのが根拠が有るのです!!


また脳の視床下部や下垂体などには「脳関門」は有りません。

この部分へのMSG(グルタミン酸ソーダ)アタックによる細胞破壊が報告されています。


人間はとりわけグルタミン酸塩の影響を受けやすい。

経口投与実験でも血中グルタミン酸濃度は人間幼児はサルに比べて細胞破壊が約20倍で有り、何と大人でも細胞破壊でも15倍程跳ね上がります。


この様な事から化学調味料入りのワンタンメンなどを食べると、

しびれや頭痛・圧迫感などを感じる場合が有ります。

これは「中華料理店症候群」と呼ばれる急性中毒症状だそうです。


諸外国のフィリピンなどの東南アジアでは、野犬を捕獲する時に缶詰の魚にアジノモト(味の素)を振りかけて広場に置くそうです。すると野犬がガツガツと缶詰の魚を食べてしまい、そのうち足がふらつき始めて昏倒してしまいます。そこでフィリピンの人達は野犬を捕らえるのです。これによって野犬を食した人達は、アジノモト(味の素)を間接的に摂取してしまい中毒症状が出てしまうんです。

日本でも“暴力バー”(私には暴力バーとは皆目見当が付きませんが、たぶんキャバクラ店の様な場所だと推測します。)のホステスが酒に「味の素」を振りかけお酒を飲ませた所、酔客を前後不覚にさせ金品を奪う事件も起こっているのです。

「味の素」の急性神経毒性は一般人にも多く知られている事なのです。


(転載終り)


どうですか?恐ろしいと思いませんか?「美味しい」という感覚を得るために、神経毒を食べ物に振りかけ健康を害す。もし、あなたのキッチンに味の素があるならば、直ちにゴミ箱に放り投げる事をお勧めします。

この転載した記事には、味の素とコカコーラなどの飲み物との同時飲食により、化学反応を起こし、さらに猛毒性が増すとの事です。味の素とコカコーラの同時飲食では、意識が朦朧とする程にまでなる事があるそうです。米国での味の素ドッサリ中華のランチ・テイクアウトでは、必ずコカコーラやソーダ類がタダで配られます。そう、あなたの意識を朦朧とさせるために…。その後の運転は危険ですね。

味の素は化学調味料なので、アルコールなんかにも化学反応おこすでしょうね。レイプ犯はよく味の素をたっぷり入れた料理とアルコールやコカコーラで神経毒同士の化学反応を、手に入れたい女性に飲食させ、その後、レイプしている奴等もいるらしい。よく、爬虫類男が使う手だそうだ。


味の素 ウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%B3%E3%81%AE%E7%B4%A0#cite_note-2


製法

食用グルタミン酸ナトリウム生産の先駆けである味の素社は当初小麦などのグルテンを加水分解することによって生産していた。が、コストが非常に高くつくため、石油由来成分(アクリロニトリルなど)による合成など様々な手法が試みられた。

しかし協和発酵工業によりグルタミン酸生産菌が発見され、これに廃糖蜜(サトウキビから砂糖を搾り取った残滓)などをエネルギー源として与え発酵させてグルタミン酸を得る手法が安全性、コスト面において優れていることから、現在ではこのグルタミン酸生産菌による発酵法が主流となっている。(という事は、今でも石油由来成分による合成で作っている可能性もあるという事)

発酵過程でビオチンを阻害するなどの、グルタミン酸生産菌のグルタミン酸生産を活性化する添加剤や、窒素源(硫酸アンモニウムなど)、発泡を調整する薬剤が加えられる。


アクリロニトリル

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%AB

引火性が強い(引火点 0 ℃)ほか、毒性が強いため空気中に 20 ppm 以上含まれると危険である。日本では毒物及び劇物取締法により劇物に指定されている

アクリロニトリルの原料であるプロピレンは石油由来原料であり、これが「味の素の原料は石油」と呼ばれた所以である。

http://epsehost.env.kyoto-u.ac.jp/safety/view/material/material_detail.php?code=00003034硫酸アンモニウム


化学物質の1回または極めて短期間の暴露により生じる毒性(刺激性、神経毒性、催奇形性等)を有する物質(急性毒性物質)。または、触れると人間の皮膚や粘膜を刺激し、損傷を与える危険性を有する物質(腐食性物質)のこと

P.S. 

今日、さっそく味の素(グルタミン酸)入りのスナック1袋を捨てました。そういえば、そのスナックを食べた後は腹痛がし、気分がとても悪くなりました。「止められない止まらない…」関係の「かっぱえびせん」やら「カール」なども味の素(グルタミン酸)が入っているはずです。スナック菓子お買い上げの際には、チェックする事をお勧めします。

「ほんだし」も、もちろん味の素の製品で、味の素毒入り。これから使わない事に決めました。

中華と寿司食べ放題のチャイニーズ・バフェで食べた時も、なんかケミカルの様な味がする時もあり、舌にピリピリきた時もありますね。相当使っているんでしょうね…味の素毒…。

宇宙への旅立ち


投稿者


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR