FC2ブログ

テレビを長時間見ると言語能力が低下する!脳の前頭極に悪影響!東北大が数百人規模の実験調査で証明! 真実を探すブログ H.26/04/03

真実を探すブログ


 テレビを長時間見ると言語能力低下する!
 脳の前頭極に悪影響!
 東北大が数百人規模の実験調査で証明!

真実を探すブログ 2013/12/03 Tue. 21:44

TV
TV / Gilgongo
テレビを見ると頭が悪くなることを、東北大加齢医学研究所の川島隆太教授や竹内光准教授らのグループが証明しました。これは11月20日に発表されたもので、テレビの長時間視聴と脳の関係を調査してみたところ、テレビを長時間視聴した子供の前頭極に異常が発生していたとのことです。

前頭極は言語知能などを管理している部分で、ここが悪くなるということは、言葉について考える力が減少する事を意味しています。
実際、テレビの長時間視聴が読書能力や注意能力を低下させる事はかなり前から判明しており、今回の件でそれが改めて裏付けられたと言えるでしょう。


☆長時間視聴、脳の成長に悪影響 テレビっ子、言語能力低下
URL http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131121t15018.htm

引用: 
 東北大加齢医学研究所の川島隆太教授(脳科学)と竹内光准教授(同)らのグループは20日、子どものテレビの長時間視聴が、言語知能などをつかさどる脳の前頭極に悪影響を与えるとする研究結果を発表した。従来、心理学研究でテレビが子どもの読書能力や注意能力を低下させることが確認されていたが、脳のどの部分に作用するかが明らかになったのは初めて。

 脳画像解析と追跡調査によって解明した。「テレビを1日に何時間見るか」といった生活習慣を問うアンケートと知能テストに加え、脳を磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影し比較検討した。
 2008年7月に始まった1回目調査で「テレビを長時間見る」と答えた子どもほど、3年後の2回目調査の知能テストで言語能力が低い傾向があった。
:引用終了

☆長時間テレビ視聴が小児の高次認知脳領域の発達性変化や言語性知能に悪影響を与えることを発見
URL http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20131118_02web.pdf

terebinou120301.jpg
terebinou120302.jpg

マスコミは重要な情報は報道せずに、どうでも良い情報ばかりを流しているので、基本的には全く見る必要がありません。外国人からも、「日本の番組はどれもクイズと食べ物ばかりで飽きる」とか言われていますし、本当に必要ないと私は思います。

まあ、一部のドラマや映画、アニメなどは非常に面白い物もありますが、今の時代はネット配信などをすれば、特に大きな問題は無いはずです。
科学的にも「テレビを見ると体に悪い」ということが証明されたわけで、これでマスコミの存在意義は完全に無くなってしまいました(苦笑)。
マスコミは情報の伝え方などを本気で改善しなければ、このままドンドン沈んでいくことになるでしょう。

☆テレビを長時間見る習慣、脳に悪影響も 子供追跡調査で東北大。ラジオの良さを再認識 《ありがとう浜村淳です》



大マスコミ 疑惑の報道


タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書)


僕が電通を辞める日に絶対伝えたかった79の仕事の話


電通 洗脳広告代理店


電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ


大手広告代理店のすごい舞台裏 電通と博報堂が圧倒的に強い理由


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR