FC2ブログ

世界覇権の交代劇の真相(4) CPA東郷郁三のブログ H.25/10/24

CPA東郷郁三のブログ


 世界覇権の交代劇の真相(4)


 私が驚いたことは、「57か国会議」の情報機関に命を狙われていることを苦にしたのか、財産没収された竹中平蔵氏が自殺未遂をしたということである。
 さらに小泉純一郎氏の財産が没収された為か、小泉進次郎氏は、かなり落胆していたそうである。


CPA東郷郁三のブログ 2013-10-24 11:21

板垣英憲

(4)小沢一郎氏による倍返し政権取りの展望

 世界の支配権が、失脚したデイビッド・ロックフェラーから欧州最大の財閥総帥ジェイコブ・ロスチャイルドに移ったことから、日本政治の主導権が、これまで長期間にわたり、デイビッド・ロックフェラー配下の米CIAに直結した自民党「清和会」(岸、福田系)などから、ジェイコブ・ロスチャイルドやローマ法王に結びついている「生活の党」の小沢一郎氏に移っている。

 デイビッド・ロックフェラーは、米英中心の多国籍軍編成で「世界新秩序」を築こうとした。ジェイコブ・ロスチャイルドは、国連正規軍による「世界政府」の確立を目指している。日本の政治家の「世界新秩序派」は、中曽根康弘元首相、森善朗元首相、小泉純一郎元首相、竹中平蔵元総務省、石原新太郎前都知事、石原伸晃氏、石破茂氏、前原誠司氏、野田佳彦前首相などである。日本のマスメディアは、米CIA直結の読売新聞、文芸春秋、統一教会と緊密な産経新聞、創価学会と提携関係にある毎日新聞、竹下登元首相が小沢一郎氏潰しに作った「三宝会」の残党である共同通信の後藤謙次元編集局長などである。

 一方、「世界政府」は、小沢一郎氏、与謝野馨元金融財政相らである。国内的な勢力は、極めて弱小である。

 世界支配層(主要な王族や財閥などのファミリー)で、「財力による支配権」はジェイコブ・ロスチャイルドが握っている。しかし、「身分階級」では「世界最高の権威」として、30ある王室の頂点に立っているのは、「天皇家」である。(これは私感であるが、デイビッド・ロックフェラーは、日本に対して厳しい態度で奴隷のように扱ってきた。天皇に対する尊敬の念もなかった。しかし、ジェイコブ・ロスチャイルドはロックフェラー3世のように天皇家に対して最大の尊敬を払っている。つまり、悪魔のような存在ではないということである。極めて穏和に対処できる常識人であるということである。)

 世界支配層は、小沢一郎氏が世界を救済する指導者として、2016年7月に政権樹立することを要請している。それゆえ、2016年7月の「衆参ダブル選挙」を最終決戦場として、次のようなタイム・スケジュールを組み立てている。

①小沢一郎政治塾卒業生300人を衆参ダブル選挙に立候補させる。衆院295小選挙区、比例代表180人、参院改選121人にすべて立候補させる。

②2014年2月25日に、小沢一郎氏の状況が物心ともに一変する。

③2015年6月に世界大乱が起こり、世界支配層から世界を救う指導者として小沢一郎氏は、さらに奮起を促される。

④小沢一郎流の選挙戦略・選挙戦術の徹底を図る。

⑤2016年7月衆参ダブル選挙に小沢一郎氏率いる政党が大圧勝し、小沢政権を樹立する。

 小沢氏の政治の目的は、「仁徳天皇」の「竈の煙」という伝説に求めている。国民の大多数が「安穏な生活」を営めるか否かが最も大事である。政治とは生活であり、経世済民にある。

 「高木屋に のぼりて見れば 煙立つ 民のかまどは にぎはひにけり」という仁徳天皇の歌に、政治の本質が隠されているのである。

 みずほフィナンシャルグループの「巨額使途不明金」をめぐる問題を発端として三菱UFJフィナンシャルグループへの吸収合併騒動は、三菱UFJフィナンシャルグループの「巨額使途不明金」の存在をあぶりだしている。このため、財務省は、みずほを三菱に吸収合併させた後、さらにこれを三井住友フィナンシャルグループに吸収合併させ、メガバンクを一つにまとめることも視野に計画を進めている。(この使途不明金は、米国政府やデイビッド・ロックフェラーへの不明な送金である。さらに三井住友はジェイコブ・ロスチャイルドとジェイ・ロックフェラーの共同支配のバンクである。)

 私が驚いたことは、「57か国会議」の情報機関に命を狙われていることを苦にしたのか、財産没収された竹中平蔵氏が自殺未遂をしたということである。さらに小泉純一郎氏の財産が没収された為か、小泉進次郎氏は、かなり落胆していたそうである。

 世界支配層は、小沢一郎政権樹立に当たり、民主党の反小沢勢力を排除する。だが、野田佳彦氏は小沢氏に詫びを入れれば残すそうである。日本維新の会は太陽の党系列の国会議員は全員排除する。橋下徹共同代表は「ポスト小沢」を期待して、新党に合流させる。みんなの党の渡辺喜美代表も新党に合流させる。さらに解党する自民党からは、小泉進次郎議員も合流させるという。これらは、将来の首相候補である。

 世界支配層の対日戦略の下で、小沢一郎氏は、参議院選挙で無所属の山本太郎氏を陰で支援した。埼玉県選挙区で、みんなの党から立候補した行田邦子参院議員に小宮山泰子衆院議員をべったり貼り付けて応援させた。今は、表向き、「死んだフリ」をしているが、水面下では「水かき」をして盛んに動いている。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR