FC2ブログ

「江戸は世界最大の壮麗な都市だった」 外交評論家 加瀬英明 クオリティー埼玉 H.26/05/22


クオリティー埼玉

江戸は世界最大の壮麗な都市だった」 外交評論家 加瀬英明


外交評論家 加瀬英明 2012.5.22

 江戸は壮麗な都市だった。
 将軍家康の治世の慶長4(1609)年から、江戸に滞在したスペイン人のドン・ロドリゴ・デ・ビベロは「江戸の施政はローマ人による施政と競うもので、注目すべきことが多い。市街は全て一様に幅広く、長くまっ直ぐで、スペインの市街より勝っている。家は木造で、少数が二階建てである。外観はわれらの家屋が優れているが、内部が美しく、彼らのほうがはるかに勝っている」と、記している。

 ビベロはスペインが領有していたフィリピンの高官だったが、慶長2年に日本に漂着した。スペインとの交易を求めた家康の依頼によって、20数人の日本人を同行して、ヌエバ・エスパニア(新スペイン)と呼ばれたメキシコへ渡った人物である。

 江戸では、同業者が集まって「町」をつくっていた。大工町、染め物の紺屋町、石町、畳町、鍋町、桶町、材木町、野菜果物の青物町、大工町、鍛冶町、炭町、鞘町、乗物町、旅籠町、大鋸町、鉄砲町、馬の売買の馬喰町、材木町、白壁町、江戸歌舞伎座の中心の芝居町、人形芝居の人形師が、普通の人形もつくって売った人形町といったように、業種が町名となっていた。銀座は徳川家の主城があった駿府の銀貨鋳造所を、江戸に移したことに由来する。

 江戸は120、30万人か、140万人あまりの人口を擁していた。このほかに、多くの旅行者が滞在していた。ロンドンや、パリを凌ぐ世界最大の都市だったのである。ロンドンの人口といえば1750年に67万人であり、パリは1800年にやっと50万人に達した。

 庶民も、武家も、豊かな都市生活を謳歌した。江戸は全国から集まってくる武士や、庶民によって、観光都市としても繁栄した。広重の『江戸百景』は、江戸にあった多くの観光スポットを描いている。

 江戸後期の文人の太田南畝(1749~1823)が江戸の賑わいを描いているが、「五歩に一楼、十歩に一閣、みな飲食の店」と、記されている。一楼は小さな料理屋であり、一閣は堂々とした大きな料亭を指している。まるで今日の東京か、ニューヨークかパリ、ロンドンの見聞記のようである。

 エンゲルベルト・ケンペル(1651~1716)はドイツ人医師、博物学者であり、長崎の出島で1690年から1692年まで勤務した。このあいだに、商館長に随行して江戸に二回、参府している。

 ケンペルは『江戸参府紀行』のなかで、江戸の日本橋の印象を、「行きかう大名、小名、幕府の役人などの行列、美しく着飾った婦人たち、ヨーロッパの軍隊のように隊伍を整えて行進する褐色の皮羽織の消防隊、軒をつらねる呉服商、書籍商、薬種商などの商家。路上に大きな露店が並ぶ。だが、豪華な行列に見慣れている江戸の人々は、微々たるわれわれの一行には目もくれなかった」と、描いている。

 今日でも日本橋に本店がある三越百貨店は、越後谷呉服店と呼ばれた。19世紀初期に、越後谷一店だけでの年間の売り上げが7万4千両あったから、20万石の藩の年貢収入を上回っていた。

 店内は、町民でいつも溢れていた。「引札」と呼ばれたチラシを配って、客を呼び込んだ。顧客の大多数が庶民だった。

 江戸府内では大名が頻繁に通ったら、町民は大名行列に出会っても、土下座する必要がなかった。

(徳の国富論 1章 徳こそ日本の力より)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR