FC2ブログ

最終知識 はじめに結語ありき【物語宇宙】

精神学協会


最終知識

はじめに結語ありき【物語宇宙】


精神学協会

  神は、まず宇宙の開闢のヴィジョンを見せてからいわれた。
  『すべては物語にすぎない 恐れることなく進みなさい』

  虚空。それをわたしは無と認識しながら見ていると、やがて、ひとつの光点が生まれ、ヴィジョン全体が光の洪水に変わる。それが、無限に続くかと思われた刹那、視界全体にあった光が、ひとつひとつの光点にわかれ、暗き空間のなかで渦を巻きはじめる。そこに銀河の形成を認めつつ、私は自分に問う。「これはビッグバンだ。自分自身でつくりだしたイメージを見ているのではないか」。この思考に神は、介入していわれた。

  『あなたがはじめて見るものではない 近くではワニサブローが知っている』
  また言葉があり、『思考の回路をひらく』といわれた。

  言語化も、ヴィジョン化もされないデータが、私の意識に流入し、私は神というものを理解した。私は、そのデータを一冊の本、あるいは、何かの設計図かプログラムのようなものとして感じていた。全体のフレームがそこにあり、知ろうと思えば知れる全知のシステムだと理解した。

  また言葉があった。
  『このちの人間が  受け入れる用意のできるようになるまで  この知識は封じておかれます』
  私は、自分が目覚めたことを知った。同時に、一匹目の猿であることの不安も覚えた。その時『すべては物語にすぎない』という冒頭の言葉がきたのだった。  

    『すべては物語にすぎない 恐れることなく進みなさい
   世のはじめから定められている時がきます
   その日 その時 と約束されてきたことが起こるでしょう
   聖書の時代が終わります』


p1


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR