FC2ブログ

「暴力団よりもタチが悪い在日米軍」とまで酷評した孫崎享氏 天木直人のメッセージ H.26/08/31

天木直人のメッセージ


 「暴力団よりもタチが悪い在日米軍」とまで酷評した孫崎享氏



天木 直人 | 外交評論家
2014年8月31日 9時48分

私が尊敬する数少ない外務省の先輩である孫崎享氏が、ますます過激になりつつある。

ついに在日米軍は日本の暴力団よりタチが悪いとまで酷評するようになった。

みずからの連載である日刊ゲンダイ(8月30日付)「日本外交と政治の正体」の中でそう書いている。

激しい言葉を使う私も真っ青の過激な表現だ。

しかし孫崎氏の評論には必ず勉強になる情報が含まれる。

この過激な連載の中にも次のような事が書かれていた。

暴力団よりもタチの悪い在日米軍は、日本を守る義務はないから、タチが悪いだけでなく不必要な存在である、と次のように教えてくれている。

すなわち、1951年に調印された日米安保条約の米国側の立役者であるジョン・フォスター・ダレスは米外交誌フォーリン・アフェアーズ誌の1952年1月号で、「米国は日本を守る義務は持っていない」と明言しているというのだ。

動かぬ証拠だ。

あらゆる議論は歴史的事実に立って議論されなければ空回りの議論になる。

事実を知れば知るほど、在日米軍はタチが悪く、不必要である事がわかる。

日米同盟が重要だと考える者は、単なる無知か、事実に目を背ける食わせものだ。

そのどちらかでしかない。

ただそれだけである。

私は孫崎氏がどんどんと過激になることを歓迎する。

そんな孫崎氏と、そのまた先輩で、もっと筋金入りの日米同盟反対論者である浅井基文先輩と三人の公開鼎談を9月18日に東京都内で行う。

前代未聞の日本外交批判となるだろう(了)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR