FC2ブログ

所在不明の子供が全国に2908人いると判明。厚労省が人数を再調査し、この数字を大幅に減少させる見込みです。 rapt H.26/08/30

RAPT


 所在不明の子供が全国に2908人いると判明。厚労省が人数を再調査し、この数字を大幅に減少させる見込みです。


rapt 2014/08/30

phot-r1_f05

 厚生労働省は今年になってようやく重たい腰を上げ、日本全国の行方不明になっている子供の数を調査するよう全国の地方自治体に呼びかけましたが、その結果、今年の5月1日の時点で2908人もの所在不明児童がいることが判明したようです。

 厚生労働省はもともと裏社会の人間たちが組織的に幼児誘拐を行い、世界の悪魔崇拝者たちに人身売買を行っていることを知っているため、本当はこんな調査をしてほしくはなかったでしょう。できることなら行方不明児の数を世間に公表するのも避けたいと考えていたはずです。

 しかし、昨年の2013年、一部の大手マスコミが独自に調査した結果、4000人以上もの行方不明児がいることが判明。この事実について、私のようなブロガーがネット上で大騒ぎしはじめたため、さすがの厚労省も黙っているわけにはいかなくなり、やむなく全国で一斉に調査をするように命じたのだと思います。

 しかし、その結果、彼らの予想していた通り、最悪の結果が出てしまいました。全国合わせて2900以上もの児童が行方不明になっていることが判明したのです。

 彼らは焦ったはずです。さすがにこのような最悪の調査結果が日本全国の人たちに知られるのはまずい。もしこんなことが知れたら、さすがの国民も黙ってはいないでしょうし、下手をすれば、彼らの多くがネットで情報を集め、私のブログなどを読み、(金融ユダヤを始めとした)世界のトップエリートたちが日夜、悪魔崇拝のために子供たちを生贄として捧げていることを知ってしまいます。

 厚労省の役人たちもアメリカの金融ユダヤ人から常に大量のキックバックをもらっているため、できれば金融ユダヤ人たちを怒らせたくない。もし彼らを怒らせたら最後、彼らから入ってくるはずのキックバックが今後一切入らなくなり、最悪の場合、自分たちの地位や財産までも奪われかねません。

 そこで厚労省は、この調査結果を発表する際、「各自治体が家庭訪問するなど確認作業を進めた結果、相当数の子どもの所在が確認できた」とマスコミに報道させることにしました。

 恐らく今後は、この調査結果の大幅な数字の改ざんを行い、インチキな調査結果を発表するつもりなのでしょう。果たして彼らがどれほど数字を改ざんするか見物です。もしその数字の減少幅が余りに大きいようですと、当然、その信憑性を疑わなければなりません。

 第一、地方自治体の立場からしても、自分の管轄地の子供たちが所在不明になっているという事実は不名誉なことですから、できることならその数字を少なく見積もりたかったはずです。にもかかわらず、このような最悪の結果を発表したということは、それだけこの数字に信憑性があるという証左でしょう。

 とにかく厚生省は、このようにいつも陰でこそこそと悪いことばかり画策します。今頃になってようやく子宮頸がんワクチンの副作用について調査を始めていますが、彼らは最初から子宮頸がんワクチンが害悪でしかないことを知っていたはずです。実際に海外では何人もの死者が出ていたのですから。

 それだけでなく、彼らは害悪でしかない抗ガン剤を認可したり、精神的に余計におかしくなる抗うつ剤を打たせたりと、とにかくこの日本民族を破滅させるようなことばかりに手を貸してきました。

 人類の敵である金融ユダヤの手先である以上、彼らは常にそのような行動に出るしかないのです。

 つい昨日も、ネメシスさんという方からコメントがあり、厚生労働省が日本の子供たちを拉致・監禁しているということが判明しました。


 とにかく今後の再調査の結果、2900人から急激にその数が減少するようであれば、我々は心して眉に唾しなければなりません。彼らは必死で裏社会のやっていることを隠そうとしています。厚労省に騙されないためにも、私たちはこのような厚労省の実態をきちんと知っておくべきです。

 ちなみに、組織的に幼児誘拐が行われていること、誘拐された幼児たちが悪魔崇拝の犠牲になっていることについては、以下のリンク記事に詳しく書いてあります。興味のある方はぜひご一読ください。

 ○悪魔崇拝と創価学会との関連性について。これまでの簡単なまとめ。

(以下、毎日新聞より転載)

居住不明児童:全国で約2900人 5月1日現在

 世耕弘成官房副長官は29日、全国で居住実態がつかめない児童が5月1日現在で約2900人に上ることを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。厚生労働省が全国の市町村を通じて調べた。厚労省は「その後、所在が確認できた児童もおり、現時点の対象人数は減っている」と説明している。

 調査対象は、自治体に住民票はあるものの、乳幼児健康診断などの保健福祉サービスに関する電話や家庭訪問などで連絡が取れず、市町村が居住実態を確認する必要があると判断した児童の数。今年4月に調査を実施し、5月1日時点で取りまとめた。

 政府はさらに、8月1日現在での人数を把握するため調査を実施している。結果がまとまれば、官邸に設置された児童虐待防止対策に関する副大臣会議に報告する。

(転載ここまで)

(以下、TBSニュースより転載)

“所在不明”の子ども、厚労省が人数を再調査

 全国の子どもたちの所在について初めての調査を進めていた厚生労働省は、住民票に登録があるものの居住の実態が把握できない18歳未満の子どもが5月1日の段階で、2908人いたと発表しました。しかし、その後、各自治体が実際に家庭訪問するなど確認作業を進めた結果、相当数の子どもの所在が確認できたということです。

 このため、厚労省は8月1日現在での新しい人数を再調査し、まとめ直している最中で、最終的な所在不明の子どもの数は大幅に減るということです。

 調査結果は来月以降、なるべく早く公表したいと話していて、児童虐待防止のための副大臣会議で報告するとしています。

(転載ここまで)

○こちらの記事もどうぞ





関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR