スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千島学説 千島喜久男博士 造血の仕組み  真実報道

真実報道



 千島学説 千島喜久男博士 造血の仕組み



 腸造血説(骨髄造血説は誤り。造血器官は小腸の絨毛である



真実報道 

 鶏の卵を75時間暖めると、黄身の表面に赤い血(赤血球)が出てきます。
 細胞分裂していないのに、赤血球ができてくる。
 また、黄身の中には赤血球のヘモグロビンが無いのに、ヘモグロビンができてくる。
 また、核酸DNAやヘモグロビンも無いのに、できてくる。
 これは、確かな事実です。そういうことが、現代の科学ではわからない。

 そんなことは認めておらない。
 DNAは、幹細胞の核が分裂してできたと解釈しておる。
 これは間違いであって、決して卵が2つに分かれて、真ん中の核が分かれるんじゃなくて、
 いっしょにドンドン卵の黄身が集まってできることが、非常にはっきり見えます。

千島喜久男博士「造血の仕組み」

http://youtu.be/1nS3gmb_rLs アップロード日: 2011/01/28 11分12

千島学説

次の8大原理から構成される。

1 赤血球分化説(赤血球は凡ての体細胞の母体である)
2 組織の可逆的分化説(飢餓・断食時には体細胞から赤血球へ逆戻りする)

3 バクテリア・ウイルスの自然発生説(バクテリア・ウイルスは一定条件下で自然発生する)

4 細胞新生説(細胞は分裂増殖しない。6つの形態で新生する)

5 腸造血説(骨髄造血説は誤り。造血器官は小腸の絨毛である)

6 遺伝学の盲点(生殖細胞は赤血球から。遺伝は環境を重視)

7 進化論の盲点(弱肉強食思想は行き過ぎ。進化の基盤は共存共栄である)


千島学説研究会

千島学説とは

故・千島喜久男博士

千島学説とは、生物学者 千島喜久男博士が、
1963年から提唱した学説です。

千島学説の特徴として、現代医学の常識とは全く異なる
学説であります。

そのため、千島喜久男博士の考え方を容認すると、
現代医学が成り立たなくなってしまうため、
学会からは黙殺・敬遠・タブーとされてきました。

千島学説の考え方の一例

・血液は小腸の絨毛で造られる説。
(現代医学では、血液は骨髄から造られるという考え)

・細胞は、赤血球が変化したものという説
(現代医学では、細胞は同じ細胞からできるという考え)

・輸血は危ない
(輸血の恐ろしさは、医者が一番良く知っている。どんなに適合性を調べて輸血しても、死亡率50%の溶血反応が起こる可能性がある。また、輸血にまつわる感染もなくなる。)

・骨髄移植は危ない
(移植の際、患者はさまざまな危険な処置をされる。また、移植後、他の病状が出たり再発したりしている。)

・ガンは摘出するべきではない
(ガン細胞は赤血球からできている。摘出しても根本を解決しないと転移する。)

などです。

千島学説は当時も、2011年の今でも、現代医学からは受け入れられておりません。
しかし、東洋医学を学ぶ人間から少しずつ支持されてきています。

なぜ東洋医学を学ぶ人間が支持するのでしょうか?
それは、千島学説の理論が実際の治療とずばり一致しているからです。

千島学説研究会 セミナー動画集
新生命医学会


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。