FC2ブログ

クローズアップ再検証!五井野正博士が書いた  一念三千論の論文盗作事件

五位野

クローズアップ再検証!五井野正博士が書いた

一念三千論の論文盗作事件


クローズアップ再検証!

 どういう意味を持ち、どうあるべきが壊された事件なのか?

 「池田大作が昭和48年2月(1973年)五井野正青年から一念三千論の論文の提出を受け取った。
 五井野博士は学会員の皆様方が読んでいただけるならという思いで提出された。
 約1年数ヵ月後にこの提出論文は自分が書いた論文だと池田大作神格化全国キャンペーンの証明として利用され創価学会員に配布された。
 池田大作は、日蓮正宗信者団体の代表から一念三千論の盗作論文を自分で書いて見せたと風潮して神以上の菩薩に生まれ変わったのだ~論文を見てのとおり実は神だったのだ~という教祖降臨全国キャンペーンに利用した。
 後に自分が仏だと池田本仏論へと段階を経て様子を見ながらエスカレートして行った。

 突然のカミングアウト豹変劇。

 これにより日蓮正宗を信仰する数百万人の創価学会員は、在日朝鮮人である池田大作を神 、菩薩、仏へとすり替え日蓮正宗と絶縁し暴力団を使い日蓮正宗や五井野正博士を攻撃する団体へと変わった。
 そして、米軍による日本間接支配(朝鮮、韓国人経由)の代理人と化しテロ組織としての役割を担う方向へ変わった。
 ありとあらゆるジャンルにおいて米軍のシナリオが描くとおりの日本弱体化の切り込み集団と化して行く。
 盗作した一念三千論論文を旗印に掲げ信じられないほどの変貌へと化していったのである。

五位野
↑↑五井野正博士の一念三千論の論文を自分が書いたと全国公演が始まった記事。


 池田大作(朝鮮人ソンテジャク)は、これだけ多くの人々を日本全国隅々まで池田本仏論を展開しダマしていった。
 日本人を装いながら、日本人に変装して・・。
 日本人が書いた論文(五井野正博士作)を盗作して世界中の学会員を騙しながら・・自分ひとりのための団体にすり替えて行ったのである。

以下、本投稿をご参照ください。
http://nokano.web.fc2.com/12.11.30itinen.html

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR