FC2ブログ

飯山一郎先生の天皇陛下崇拝  宇宙への旅立ち H.25/11/19

宇宙への旅立ち

[再掲]

 飯山一郎先生天皇陛下崇拝


宇宙への旅立ち 2013年11月19日火曜日

http://grnba.com/iiyama/
2013/11/19(火)  正義をよそおい UFOサギは飛ぶ…
インチキ&悪質サイト 発表!
宇宙旅
鷲も“敵”を増やすのが好きなのか?(爆) 違う。悪を悪と言うだけの話ww

上のサイトはきわめて悪質である。
東宮(皇太子殿下)が「悪魔信仰でサタンサイン」をしているの、「売春業は戦前から天皇家の得意とするものである」のと、非常に悪質な名誉毀損記事を平然と載せているからだ。


 飯山一郎先生のサイトで、私のブログの特集をしてくれた。彼は、私のサイトをヘイトサイトと呼んでいるが、私の性格は嫌いなものは嫌い!と言わないと気がすまない性質なので、もう「どうにも止まらない」なのだ。

 最初に一言、言わせてもらうが、私は朝鮮人に対して差別やヘイト記事は書いていない。私が批判しているのは、日本で日本人の振りをして、日本人から搾取している朝鮮爬虫類人の権力者なのだ。つまり、朝鮮人の人間に対して批判しているのではなく、朝鮮人のツラを被った爬虫類人達を批判しているのだ。その朝鮮爬虫類人達が日本を支配している。そして、北朝鮮の朝鮮人達を強制収容所に入れ虐殺している。その残虐さは類を見ない。

 北朝鮮の強制収容所での生き地獄
http://reptilianisreal.blogspot.com/2013/09/blog-post_5938.html

 そう、明治維新以降、皇室は、山口県の朝鮮部落の大室寅之祐が乗っ取った。明治天皇は山口県の朝鮮部落出身の大室寅之祐だったという事だ。そう、こいつこそがインチキ天皇だ。「天皇バンザイ派」の飯山先生に、この点についてお聞きしたい。先生が、私が天皇を中傷している、と書く前に、この点についてハッキリさせないといけない。つまり、今の天皇が、このインチキ天皇の血をひく者であれば、私の中傷は、天皇への中傷ではなく、山口県の朝鮮部落出身のインチキ天皇の詐欺行為への中傷になるからだ。

 飯山先生は「天皇家は一切、売春業をしていない」と断言しているが、あなたはそれを証明できますか?天皇売春業でグーグルすると、ワンサカ情報が沸いて出てくる。




「天皇売春業」の検索で690,000件のヒットってすごいな~!!!


 飯山先生は、きっと、このインチキ天皇家を守る八咫烏のメンバーではないですか?先生自身、日本人ではなく、朝鮮人の高貴な血をひくお方でしょうけど、この朝鮮権力者とインチキ天皇の体制が崩れる事により、ご自分がお持ちの特権(日本における朝鮮特権)を失う事を危惧されているんじゃないでしょうか?

 この一握りの朝鮮権力者が日本の国を利用し、大金持ちになっている。それとは対照的に、日本人は奴隷の様にコキ使われ、中には仕事でさえもなかなかありつけない有様。

「朝鮮権力者支配の日本国、永遠なれ!」などと書かれているが、一部の権力者だけがリッチになる国だったら、消えてなくなった方が良いと思いますがね。そう、インチキ天皇と共に消えてなくなったらスッキリしますね。

 もう一回言っときますが、別に私は朝鮮人を差別しているわけではないですよ。朝鮮権力者が、日本では日本人から搾取し、北朝鮮では朝鮮人から搾取しているのが気に入らないと言っているんですよ。

 大体にして、天皇、皇族なんて特権階級が、この世に存在する事自体、おかしいですよね。第二次世界大戦が、日本の皇族も含む世界の王族貴族によって起こされたというのは、明らかな事実ですけど。この点についても、飯山先生にご意見をお伺いしたいですね。

 浩宮のサタンハンドサインが手話の「I love you」???じゃあ、この手話を作った人がフリーメーソンの悪魔主義者だったという事ですね。手話の「I love you」は「I love Satan!」という事になりますね。手話から、教育から、政治から、経済まで、すべて悪魔主義者がコントロールしているという事ですよ。

 天皇が叙勲式の時につけていた金の首飾りはフリーメーソンの首飾りと同じ物じゃないですか!天皇がフリーメーソンの首飾りを着けている事自体が、悪魔崇拝主義者という事になるでしょ。



「宇宙への~」と蜂谷弘悦クンは、さらに、鷲の宴会の写真と知りながら、これを志布志警察署の「入れ歯宴会」などとデッチアゲている。
この写真である。


志布志事件」は鹿児島県警による非常に悪質なデッチアゲ事件事件だったが…、「宇宙への~」と蜂谷弘悦は「志布志警察の入れ歯宴会の写真」を掲げ、豚でもないデッチアゲをやっている。(爆)

 この件については、訂正を入れないといけませんね。志布志警察署のイメージをグーグルしていたら、この写真が出てきたので、「また、国民の税金を使って、下品な宴会を開いている」と思ったわけですよ。間違った写真を載せ、ご迷惑をかけました。この写真、早速、その記事のページから消しておきます。

 まあ、先生の「天皇制擁護派」と私の「天皇制解体派」の違いは、どこまで行っても平行線でしょうね。

 でも、先生の世界の動きに対する洞察、そして、乳酸菌と健康に関する情報には、感謝するべきですね。その点では、これからも長生きしてがんばって頂きたいですね。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本国憲法の定める国体は象徴天皇ではなく、主権在民すなわち国体は主権者国民

第1章 天 皇
第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
第2条 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。
皇室典範
第3条 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。
第4条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。
第5条 皇室典範の定めるところにより摂政を置くときは、摂政は、天皇の名でその国事に関する行為を行ふ。この場合には、前条第一項の規定を準用する。
摂政(皇室典範)
第6条 天皇は、国会の指名に基いて、内閣総理大臣を任命する。
2 天皇は、内閣の指名に基いて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。
第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
1.憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
2.国会を召集すること。
3.衆議院を解散すること。
4.国会議員の総選挙の施行を公示すること。
5.国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
6.大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
7.栄典を授与すること。
8.批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
9.外国の大使及び公使を接受すること。
10.儀式を行ふこと。
第8条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。
-------------------------------------

そして第10章最高法規で次のように明文化してある。

第10章 最高法規
第97条 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
2 日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。
第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

ヒロヒトは日本国憲法では天皇位に就いてはならぬ下賎下劣天皇史上最低最悪破廉恥卑劣漢であった。

日本国憲法の定める国体は象徴天皇ではなく、主権在民すなわち国体は主権者国民である。
大日本帝国憲法では国体は天皇だった。すなわち、敗戦でヒロヒトは戦争責任をとって死刑に処せられなくても大日本帝国憲法上必ず退位しなければならなかったのに退位せず、そのまま厚顔無恥にも日本国憲法の象徴天皇を僭称した下劣下賎な偽者天皇だった。ヒロヒトが40年も象徴天皇を僭称した後即位した今上陛下はヒロヒトと対極の天皇氏始まって以来の至高の聖賢仁徳天皇であらせられる。日本国憲法最高法規99条を誠実に遵守している日本人は今上陛下お一人だけであり、すなわち地球平和に対する神聖な責務ノブレス・オブリージェを果たされておられるただひとりの地球人が今上陛下であらせられる。

ヒロヒト皇室と今上陛下皇室はまったくの別物である。本来は敗戦と同時にヒロヒト退位でヒロヒト皇室も消滅すべきものであったのだ。当時の若き皇太子が即位されて新たな日本国憲法に従った新たな皇室をお作りになられるべきであった。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR