FC2ブログ

アメリカは異常事態です。 日本や世界や宇宙の動向 H.26/11/09

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向


 アメリカは異常事態です。


日本や世界や宇宙の動向 2014年11月09日12:18

 アメリカでは何か大きなことが起こりそうな雰囲気です。
 以下のビデオは現在アメリカで起きている異常な出来事をまとめています。

 先日、「米軍は米国民を攻撃しない。彼らはアメリカで軍事クーデターを起こそうとしている。」と伝えている記事をご紹介しましたが。。。米軍は米国民を守るために軍事演習を行っているのか、それとも、米国民を攻撃するために準備をしているのか。。。良く分かりません。。。

 何しろ、アメリカには数年前からロシア軍などの外国部隊が大勢潜伏しているのが確認されています。彼らは噂通りアメリカを占領しようとしているのでしょうか。

 また、エボラ感染の疑いのある患者、あるいは感染者が次々にアメリカの医療センターから消息を絶っているそうです。一体、何が起きているのでしょうか。当局は、医療センターに隔離された患者は、検査後にエボラには感染していないことが分かったと伝えています。マラリアに感染していたケースもあるそうです。なんだか日本にも同じようなケースがありましたが。。。

 一体、どうなっているのでしょうか。アメリカは今後、良い方向に動くのか、それとも、NWOのための戒厳令が敷かれるのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/terrorism/2014/11/more-signs-something-major-coming-martial-law-it-has-begun-2451248
(概要)
11月8日付け:



(概要)

 アメリカでは警官に話しかけただけでも殴られたり逮捕され拘置所に送られるケースが増えています。
 例えば、マイアミで、オートバイに乗っていた男性が警官に駐車違反切符を切られたのですが。。。男性は、暴言を吐いている警官に一言も反論せずに命令に従いました。もし彼が警官に反論したなら拘置所に送られていたことでしょう。

 ビデオの0:33辺りから、男性は冷静に礼儀正しくふるまっていたのですが。。。警官が暴言を吐き始めました。男性に向かって、”F○cking”。。。を繰り返し攻撃的な態度をとっています。

 (0:42辺りから) 警官が男性に執ように絡んでいるのが分かります。男性は何も反論していません。
 (0:31辺りから) フィラデルフィアでは、少年らが警官と目があったという理由で警官に暴言を吐かれました。

 カンザスシティの医療センターでエボラ感染者の治療を行っている医療従事者の証言では:
 西アフリカから1人のエボラ感染者をアメリカに搬送し、カンザスシティの医療センターで隔離して治療を行っていました。この患者は血を吐いていました。しかし、突然患者が行方不明になりました。その後、行方不明になった患者はエボラに感染したのではなくマラリアに感染していたとの説明があったのです。

 その後、第二のエボラ感染の疑いのある患者がカンザスシティーの別の医療研究センターに搬送されましたが、この患者も行方不明になりました。検査の結果、この患者はエボラではなく○○に感染していたとの説明があったのです。アメリカの他の地域でもこのようなおかしなことが起きています。エボラ感染の疑いのある患者が隔離された後に行方不明になっているのです。

 (4:11辺りから)
 ブルックリンで16歳の少年が大麻を所持したとして2人の警官に銃で顔を殴られたり蹴られたりして激しい暴力を受けました。実際に大麻を所持していたかは確認されていません。

 (4:40辺りから)
 フロリダで、90才の退役軍人がホームレスの人々に食事を与えたとして逮捕されました。
 この老人がホームレスの人々に食事を与えていると、警官が駆け寄り老人の腕を掴み銃で脅しながら。。。その皿から手を離せ、と怒鳴られました。その後、老人は警官に逮捕されました。

 現在、フロリダではホームレスの人々に食事を与えることを禁止する法律が施行されています。この老人はフロリダの法律に違反したとして逮捕されました。この老人は何年も前から慈善事業の一環としてホームレスの人々に食事を与えてきたのです。しかし今回、彼は2ヶ月間、法律に違反したとして投獄されることになりました。しかしその後もこの老人は街に出てホームレスの人々に食事を与えています。この老人は第二次世界大戦で戦い、その後、50年間少数民族の公民権のために戦ってきました。

 そのため、彼はたとえ投獄されることになっても何も怖くないと言っています。彼が唯一心配していることは、彼が投獄されるとホームレスの人々が食べ物を得られなくなるということです。彼は23年間、ホームレスの人々に食事を与えてきました。死ぬまでこのような活動をしていくつもりだと言っています。

 (6:18辺りから)
 マイアミの中心街で大規模な合同軍事演習(米軍と地元警察による軍事演習)が実施されています。演習が行われている道路は警官が封鎖しています。ヘリコプターも出動し、激しい発砲や爆弾の音も聞こえます。当局は、テロリストの攻撃を想定した訓練だとしていますが。。。。まるで街が紛争地帯のようになってしまいました。

 このような状況に多くの市民が恐怖を感じました。しかし陸軍大佐は、軍事演習の目的を市民に伝えようとはしません。
国境の検問所にも軍隊が配備されています。DHS国土安全保障省も大量の武器を調達しました。これはアメリカ経済が崩壊した時に米国民を統制するための準備なのでしょうか。

 (12:07辺りから)
 カリフォルニアでは大量の戦車が運びこまれています。彼らは米軍兵士ではありません。外国の部隊です。これこそ、NWOの準備なのではないでしょうか。彼らはもうじきアメリカを占拠するでしょう。
 軍は何が起きるのかを知っているのです。

 ルイジアナでは大勢の兵士が米国旗を掲げたボートに乗って移動しています。
 デラウェアでも道路沿いに大量の軍用トラックが停まっています。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR