スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アフォリズム」 無我 2014/11/10(17:48)  一圓融合 心田開発

[アフォリズム」 


 無我



 「私」という中心が存在しなければ、私たちの問題は確実に消滅してしまう

 もし私たち一人一人の心の中に、権力、地位、権威、持続、自己保存などにたいする欲望を懐いた「私」という中心が存在しなければ、私たちの問題は確実に消滅してしまうのです。

 自我というものは思考によって解消することができない問題です。
 それには思考に拠らない注意深い熟視が必要なのです。
 自我を非難したり正当化したりせずに、その自我の動きを目を凝らしてじっと見詰めていること、それだけで十分なのです。

 しかしながらもしあなたが問題を解決する方法を発見しようとしたり、それを変えようとしたり、ある結果を導きだそうという目的で自我を観察しているならば、それは依然として自我と「私」の境界の中にあるのです。

 私たちがあらゆる思考を分析したり、観察したり、絶え間なく検証することによってある一つの結果を求めているかぎり、私は思考の範囲を超えていないのです。

 そしてこの思考そのものも、やはり「私」やエゴ――それを何と呼んでも構いません――の範囲内にあるのです。P-159

「自我の終焉――絶対自由への道」J・クリシュナムルティ 篠崎書林


〔誠の心をもって事業を展開せよ〕

 一大事のこころざしをはげまし、万念を放下して、所作所為の上に就て、切に急に真実勇猛の念仏を以、自己の真仏を信仰せば気の熱するに随て、自然に誠の心至極して……自己の真仏顕然たるべし。
                    「職人日用」鈴木正三

「私利私欲を払うのじゃ。
 勇猛の南無阿弥陀仏、なむあみだぶつと唱えながら、仕事に打ち込んでいくことじや。
 そこには、私利私欲はない。雑念はとんでしまい、真実、無心の自己が現われてくる。
 本物の職人は、『勇猛心』をもやして無心に仕事に打ち込めば、すばらしい仕事ができる。汚れのない作品が生まれる。使う人も汚れなき心で使うことができるのじや。

 誠の心で仕事に当たれば、天道は必ず幸福を与えてくれる」
 職人になるのには、親方に徒弟として弟子入りし、雑役から職人になるまで約十年の年季をつとめ、生涯、親方を主家と仰いで大事にしなければ、破門されたのです。
 親方の推薦と保証がなくては仕事はとれません。
 正三は利権や不正が幅をきかす世の中にあっても、あえてあるべき職人の心がまえの大切さを教えているのです。

        「不易の人生法則」赤根祥道 PHP文庫


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。