FC2ブログ

「そんな根性で農村を守れるか」、亀井氏が虐待政党への抵抗促す 高橋清隆の文書館 H.26/12/12

高橋清隆の文書館

 「そんな根性農村を守れるか」、亀井氏が虐待政党への抵抗促す


高橋清隆の文書館 2014年12月12日20:11

「そんな根性で農村を守れるか」、亀井氏が虐待政党への抵抗促す

IMG_6199
 構造改革で捨てられた民の叫びを引き受ける亀井氏(2014.12.12筆者撮影)

 衆院広島6区から立候補している亀井静香氏は12日午後、三次市三良坂(みよししみらさか)地区で演説し、中山間地の有権者が自分たちを虐待する自民党を支持している現状について「そんな根性で農村を守れるか」と挑発し、抵抗を呼び掛けた。

 同市内の三良坂商工会館で開かれた個人演説会には、地元市民約120人が集まった。

 亀井氏は公約違反のTPP参加や農協解体を伴う農業改革、農業予算の削減、一括交付金の廃止、年金削減や混合診療の解禁、消費増税などで農村集落が生活の限界に直面している現状に理解を示す一方、中山間地の人たちが自民党を支持している矛盾を指摘。「そんな根性で農村を守れるのか」と挑発した。

 さらに「市町村が消えていくのは、抵抗しないから。選挙でそういう所に投票するんだから、当たり前。そんな得手勝手なことをやって神様が助けてくれるか」と覚醒を求めた。

 その上で「間違ったときは、抵抗しなければ。江戸時代だって一揆をやった。われわれはもっと勇気を出さなければ」と鼓舞。「私が一揆の先頭に立つから」と抵抗を呼び掛けた。
 これに対し、会場のあちらこちらから賛同の拍手が発生。最後は参加者と亀井氏が一緒になり、「頑張ろう」と拳を突き上げた。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR