スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんと闘う人達の奇跡は千島学説(ガン赤血球分化説)を裏付ける。 世界の真実の姿を求めて! H.22/12/12

世界の真実の姿を求めて!



 がんと闘う人達の奇跡千島学説(ガン赤血球分化説)を裏付ける。



世界の真実の姿を求めて!  H.22(2010)-12-12

 赤血球(一部は白血球)がガン組織中の至る所の組織間隙に存在しているはなぜか?
(ガン組織を始め、正常組織の何処を見ても組織間隙には赤血球が多量に流出している像を確認することができます。)

ガン組織の周りには定形的なガン細胞、赤血球、白血球、極めて多種多様の細胞が存在するのはなぜか?


赤血球は毛細血管の先端から出てくる。
毛細血管の先端は開いている。

赤血球ががん細胞に変化する。(赤血球が変身したもの=がん細胞)

ガン組織中には、赤血球からがん細胞に変化する様々な過程がそこにある。
(赤血球→血球モネラ→血球モネラ中に細胞形成前の液胞または空砲を生じ、その内部に細胞核が新生→リンパ球状または間葉細胞を経て→若いガン細胞へ移行)

だから、ガン組織の周りには定形的なガン細胞、赤血球、白血球、極めて多種多様の細胞が存在する。

① 細胞は分裂によって増える説。(癌細胞分裂説)
「細胞分裂説」はすでに世界が認める定説であり、それを実証するかのごとき顕微鏡写真や映像も広く社会に認められている

② 細胞は赤血球が分化してなる説 (癌赤血球分化説)
千島喜久男教授など、一部の医学関係者が主張している。

細胞形成(起源)に関するこの問題は、具体的な治療の面でも非常に大きな影響を及ぼします。

癌赤血球分化説は手術、抗癌剤、放射線治療を否定する。

癌赤血球分化説は治療には食生活の改善、ストレスの発散を最優先する。


ガン細胞には異常核分裂像が多く見られる。
これは真の核分裂像ではありません。細胞は分裂するという既成概念のもとに観察した短絡的な考えで、
赤血球が融合によるAFD現象によって、核を新生しつつある像を細胞分裂と見誤ったものです。自然状態ではまず細胞分裂はありません。

ガン組織を注意深く検索すれば、従来の常識を超えた次のような2つの重大な事実をみつけることができるでしょう。
① 赤血球(一部は白血球)がガン組織中の至る所の組織間隙に存在すること
② ガン組織中には定形的なガン細胞のほかに極めて多種多様の細胞があって、赤血球との間に一連の中間移行像が見えること

毛細管は閉鎖型だという誤った判断のもと、赤血球は血管外に出ることはないという思い込みをしていること。
ここで重要なことは、なぜ組織間隙に多量の赤血球が流出しているか…ということに学者たちは誰も疑問を抱いていないことです。毛細管や静脈洞は必ず一層の内皮細胞で被われており、かつ血管の先端は閉鎖されているというのが既成学説の定義となっています。しかし、ガン組織を始め、正常組織の何処を見ても組織間隙には赤血球が多量に流出している像を確認することができます。これは定義と一致していません。
 毛細血管の先端部は開放型になっているのです。


治る方法はみんな個性的。
がんに負けない方法は十人十色。
ただしみんな治ると信じているところから始まっている。
どんな方法を選ぶかは、自分の体に聞いて自分で決断するしか無い。

つまり自分で決断することは、精神的ストレスを一番少なくすることにつながる。
精神的ストレスが、ガンに一番大きな影響を与えているのでは無いだろうか?

12121.jpg

12122.jpg




12123.jpg

12124.jpg

12125.jpg

12126.jpg

12127.jpg

12128.jpg

12129.jpg

121210

121211.jpg

121212.jpg

121213.jpg

121214.jpg121215.jpg

121216.jpg

121217.jpg

121218.jpg

121219.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。