FC2ブログ

【正論】漫画「美味しんぼ」の作者である屋哲氏「鼻血騒動を検証しない科学者たちこそ非科学的」 真実を探すブログ H.27/03/20

真実を探すブログ


【正論】 漫画「美味しんぼ」の作者である屋哲氏「鼻血騒動を検証しない科学者たちこそ非科学的


真実を探すブログ 2015/03/20 Fri. 17:00

20150319234047SDPFO.jpg

 昨年に漫画「美味しんぼ」で福島訪問時に鼻血が出た描写をしたことでバッシングされた雁屋 哲(かりや てつ)氏が、「鼻血騒動を検証しない科学者たちこそ非科学的」等と発言したことが分かりました。

 これは週刊プレイボーイが行ったインタビューで彼が発言した言葉で、他にもICRP(国際放射線防護委員会)について「原子力産業寄り」と指摘したり、プルトニウム等の核種が危険であることを説明しています。

 その上で、「非科学的だと言って葬り去るのではなく研究対象にして、なぜ今までの科学で解明できないのかという方向へ向かわなきゃダメ」と雁屋氏は話してくれました。

引用: 
 
―しかし、低線量被曝では鼻血はあり得ないとする専門家も多いですね。

 雁屋 でもね、彼らは鼻血が出ない根拠を科学的に説明しないで、あり得ないと言う。御用学者が言うことは科学でもなんでもない。彼らは政治言語をしゃべっているだけです。

 東大のある教授が「プルトニウムは何も怖くない。水にも溶けないし、仮に飲んだとしても排出されてしまう」と言ったことがあります。しかし原子炉が爆発すると、プルトニウムをはじめとする放射性物質は、マイクロ単位の小さな球体になってエアロゾルのような形で鼻に入るんです。

(注:プルトニウムが消化管に入ると微量が吸収され、骨や肝臓に数十年間沈着し、強力で有害なα線を出し続ける。吸入すると一部がリンパ節に取り込まれて発がん性があると指摘されている)

 それに、放射線の研究をしているほとんどの学者は原子力産業寄りのICRP(国際放射線防護委員会)の言っていることをそのまま信じている。そんな科学者の話は全然科学的ではない。

~省略~

 ―低線量被曝による鼻血は新しい事象だから、まず調べるのが科学的なアプローチだと。

 雁屋 原発事故後、福島などでたくさんの人たちが鼻血を経験した。それは今までの科学で説明できない事象です。だからこそ、非科学的だと言って葬り去るのではなく研究対象にして、なぜ今までの科学で解明できないのかという方向へ向かわなきゃダメ。

 それをせず、最新の放射線医学も知らず、古い物理学の知識で「鼻血なんかあり得ない」「科学的に認められてない」と言うのは、その学者たちが認めたくないだけです。それに鼻血はたったひとつの症状です。放射線ってもっといろんな害を起こしてるわけですから。
:引用終了

☆「鼻血は事実」〜福島の母親「美味しんぼ」言論抑圧に抗議


☆#福島 #原発 爆発後,鼻血や下痢多発=#被曝 症状ですDr.Caldicott #Nuke #Radiation illness=BloodyNose



 雁屋氏の言っていることは正論だと私は思います。ネット上ではバッシングの嵐で、彼の事を「あり得ない」「デマ」だの批判の言葉が吹き荒れましたが、反射的に批判する前にちゃんと入念な調査や確認をするべきです。

 現に岡山大や広島大、熊本学園大のグループが福島を調査したデータでは、線量高い町で鼻血の発生比率が明らかに高まっていました。双葉町の記事録にも鼻血の報告が書いてありますし、知らない事を「非科学的だ!」と批判するだけなのは子供と同じです。

関連過去記事



☆「鼻血騒動を検証しない科学者たちこそ非科学的」大バッシングを受けた『美味しんぼ』著者が激白!
URL http://news.livedoor.com/article/detail/9905029/


☆美味しんぼ、最新刊で放射能描写を一部変更へ!「(被ばくと)関連づけたら大変」⇒「原発内での外部被ばくが原因ではありませんね」
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4788.html


☆【超重要】「福島県双葉町で鼻血が多い」統計資料の存在が判明!双葉町はデータを隠蔽か?岡山大、広島大、熊本学園大のグループが発表!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2570.html


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR