FC2ブログ

1999年に国が作成した津波予測地図、福島原発の崩壊を予想していたことが判明!「8メートルの津波で1~4号機が完全に浸水」 真実を探すブログ 2015.06.24

真実を探すブログ



 1999年に国が作成した津波予測地図、福島原発の崩壊を予想していたことが判明!
8メートルの津波で1~4号機が完全に浸水



真実を探すブログ 2015.06.24 21:00

s_screenshot24-06-2015 193842poiuyt

 1999年に国土庁(現・国土交通省)が福島第一原発に津波が襲来する可能性を想定した「津波浸水予測図」を作成していたことが分かりました。この予測図には「福島沖で巨大地震が発生すれば8メートルの津波で同原発1~4号機が完全に浸水する」と記載されており、福島原発事故前から政府が津波の危険性を把握していたことを示しています。

 東京電力も東日本大震災の3年前から大津波の危険性を指摘した報告書を作っていることから、政府と電力会社は津波の危険性を把握していながら、対策を怠っていたと言えるでしょう。

 これは福島原発事故の責任を巡る裁判で重要な証拠になると見られ、専門家からも「なぜ浸水予測図がその後の津波対策に生かされなかったのか」というような声が上がっています。

☆国は福島原発事故を予測? 99年に津波予測図作成
URL http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201506/0008148726.shtml


引用:

s_screenshot24-06-2015 193328pad@o

 浸水予測図の作成は1999年。目的について「発生頻度の少ない津波地震(の備え)は、過去の経験だけでは必ずしも十分でない」とし、当時の研究成果を踏まえた最大モデルを想定。「海岸ごとに津波対策を検討するための基礎資料」と位置付けていた。

 国は当時、想定を超える津波で200人以上が犠牲になった北海道南西沖地震(93年)を踏まえ、津波対策の指針を検討。7省庁(国土庁、運輸省、建設省など=いずれも当時)は98年、過去の実例と、想定される最大規模の地震を比較し、「常に安全側から対応するのが望ましい」とする「津波防災対策の手引き」を全国の自治体に通知した。

:引用終了

☆福島原発8m津波で建屋浸水予想 国が99年に予測図作成
URL http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015062401001322.html


引用:

2015年6月24日 16時53分

 福島県の沖合で巨大地震が発生し東京電力福島第1原発を高さ8メートルの津波が襲った場合、1~4号機の建屋が浸水するとの予測図を1999年に旧国土庁が作成していたことが24日、分かった。国は自治体が津波防災対策を検討する「基礎資料」として作成したが、原発事故を防ぐための電力会社の対策強化には生かされなかった。

;引用終了

☆【原発】高さ15m 巨大津波が原発襲う瞬間映像(11/04/09)


☆【原発】第一原発に大津波が襲った瞬間 写真公開(11/05/19)


☆福島第1原発を襲う津波



 政府側は何度も「津波は想定外だったから保証はできない」と繰り返していますが、このような資料を見るとそれは信じられません。というか、今回の資料も国会事故調査委員会の添田孝史さんが情報公開請求をしたから存在が分かったわけで、他にも政府が津波を予想した資料は多くありそうです。

 今後も裏付けの資料を積み重ねて、政府や東電を徹底的に裁いて欲しいと思います。


関連過去記事

☆東京電力、東日本大震災の3年前に大津波の危険性を指摘していた事が発覚!東京電力の株主が内部資料を証拠として提出!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6919.html


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR