FC2ブログ

今日のビックリ  外務省によると 「安倍内閣や戦争法案は 世界から信頼と称賛を浴びている」らしい。… リュウマの独り言 2015.07.23

リュウマのひとリ言



 今日のビックリ 外務省によると 「安倍内閣や戦争法案は 世界から信頼と称賛を浴びている」らしい。
 その必要性を説くために 無理やり中国のガス田開発をやり玉に挙げた。
 米英の「石油資本」が参加していることは 国民に伏せて



リュウマの独り言 2015.07.23

 今日はびっくりした。 仕事の合間に 勤め先のパソコンで ヤフーニュースなるものを見てみた。 「安保法制閣議決定後の各国の反応」という外務省の出した書類が披瀝されているのだが、 『わが目を疑った』。 私は今まで何を書いてきたんだ … 
 安倍内閣は かくも世界の国々から 「愛され、信頼され」ているのか (笑)。 まあ、 皆さんも 是非見ておいてもらいたい。 集団的自衛権を日本が主張することに 面と向かって異議を唱えることは 他国からは難しいのかもしれないが、 決してそれを歓迎したり、積極的に賛同しているとは思えない。 
 外務省の「認識力」は、リットン調査団の判断への国連議決と同様 ( 日本の意見に賛同する国が1か国もない。) 全く的外れではないだろうか。 

諸外国の安保法制について2
諸外国の安保法制について1
      Kubota, Nozomi ‏@nozomi1950

アフガニスタンのペシャワルで活躍している医師、中村哲さんのことばは核心をついている。

Kubota, Nozomi
* peace * ‏@cyoki

◾️◽️◾️後方支援◾️◽️◾️

🔻👤帰還兵  自分達の息子や娘の遺体を出迎える用意があるのか
🔻👤小林節  戦場に後ろから参戦するだけの話で 前から参戦しないよというだけの話

後方支援1

 これらの戦争法案の必要性について、ペルシャ湾の掃海が事実上 「アメリカ、イランの合意」で言えなくなったので、 本命の『中国脅威論』をNHKを使って主張しだした。 しかし、何とも実態を知ってしまうと 日本の意見は 根拠に乏しい。 無理やり言いがかりをつけているように取れる。 さらに、 これらの油田開発には、 「米英がバッチリ」参加していることもお忘れなく …

中国海洋石油総公司、中国石油化工集団公司、英ロイヤル・ダッチ・シェル社と米ユノカル社は19日、東海(東中国海)大陸棚にある窪地・西湖海域での天然ガス5事業に関する契約書の調印式を行った。中国海洋石油の衛留成総経理は「中国経済で最も活力ある長江デルタ地域のクリーンエネルギーへの需要を満足させることができる」と語った。  -- 「人民網日本語版」より --
             538大河明日 ‏@taiga501

外務省の公式サイト。…ひと目で判る地図画像。>中国のガス田開発地点は、日本が主張する領域外の中国側
確かにこれで中国を責めるのはちょっとね。

ひと目で判る地図画像

          日本国黄帝 ‏@nihon_koutei

行き詰まった安保法案への援護射撃だろうが、日本も認める中国側に作られた施設に抗議する事が論外だし、共同開発が頓挫したのも日本の尖閣国有化があったからだろうが(呆)。 そもそも中国側の主張は「大陸棚が途切れる沖縄トラフまでが中国の資源経済水域」。日本側の主張はそれよりも遥かに日本に有利な「日中の排他的経済水域の中間線」…そして今回発表されたガス田があるのは、中国側の主張ではなく日本側の主張する中間線よりも中国側。日本の抗議は筋違いなのだ。

このガス田が問題になったのも、中国が大陸棚の資源として日本の主張する日中中間線よりも日本側の水域で資源探査をしたから。今回、政府が発表した新しいガス田はその日本側ではなく、その中間線よりも中国側なのだから明らかないちゃもん。それも安保法案を通す為の中国脅威論プロパガンダなのだ。日本が認めない中国の一方的な主張による経済水域の中、日本側に中国がガス田を作ったのなら抗議も当然だし、国際的にも中国は非難を免れない。所が中国が認めていない日本の主張する経済水域の中国側に作ったガス田に日本が抗議する…こんな意味不明な抗議はそれこそ日本の恥にしかならないだろうが。

今回の安保法案が憲法違反で立憲主義に反する事も、今までの平和主義を捨てる戦争法案である事も海外では報じられ、常識になっている。そんな中で中国脅威論を煽る為、中国に理不尽な抗議をするのは恥ではすまない。それこそ日本が中国よりももっと異質な国として世界中で排除されるだけだろうが。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR