FC2ブログ

「<安保法案>「正統性のない国会議員が立法するのは狂気の沙汰」弁護士が批判:弁護士ドットコムニュース」 晴耕雨読 2015/7/31 

■ 晴耕雨読



「<安保法案>「正統性のない国会議員が立法するのは狂気の沙汰
 弁護士が批判:弁護士ドットコムニュース」



晴耕雨読 2015/7/31


https://twitter.com/bengo4topics

 安保法案をめぐって、一票の格差問題について違憲訴訟を起こしている弁護士が「正統性のない国会議員が立法しようとしているのは狂気の沙汰」「クレイジーなことだ」と安倍政権の対応を強く批判しました。http://t.co/WPhtilvSRJ

クリックすると元のサイズで表示します

人気blogランキング <-- クリックしていただくと、より多くの方に読んでいただけます。応援よろしくお願いします。

 久保利英明弁護士「正統性のない議員が安保法を立法するなど、狂気の沙汰。立法しようとする議員に正統性がないと、みなが気づけば、この法案は吹き飛ぶ。一発撃沈の議論だ」http://t.co/WPhtilvSRJ

 【NEW】<安保法案>「正統性のない国会議員が立法するのは狂気の沙汰」 弁護士が批判

http://t.co/HzJpmHgクリックすると元のサイズで表示します
pve
#bengo4topics

 弁護士「もちろん一人一票ではないので、来年7月の参院選があれば、ただちに違憲訴訟を起こす。」法改正後の新しい参院選の定数も「違憲」であるという見解を示した。http://t.co/x1cvXaWVAW

ーーーーーーーーーーーーーーーー

http://t.co/HzJpmHgpve

<安保法案>「正統性のない国会議員が立法するのは狂気の沙汰」 弁護士が批判記者会見する久保利英明弁護士(左)と升永英俊弁護士

 国政選挙の「一票の格差」の問題について、6年前から違憲訴訟を提起しつづけている升永英俊弁護士と久保利英明弁護士が7月30日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。二人の弁護士は、国会で審議されている安保法案について「正統性のない国会議員が立法しようとしているのは狂気の沙汰」と厳しく批判した。

 升永弁護士と久保利弁護士を中心とする弁護士グループは、衆議院選挙と参議院選挙の「一票の価値」が選挙区によって差があるのは憲法に違反するとして、裁判を起こしてきた。これまでに複数の高裁で違憲判決が出ており、最高裁も選挙が違憲状態だったと認める判決を出している。

 そのような違憲状態の選挙で選ばれた国会議員には正統性がない、と升永弁護士は主張する。この日の記者会見で、升永弁護士は、昨年11月の最高裁大法廷判決の補足意見を引用しながら、次のように述べた。

 「違憲状態の選挙で選ばれた国会議員は国会の活動をする正統性がない、と5人の判事が言っている。つまり、国会活動をする正統性がない議員が、立法活動をしたり、総理大臣を選んだり、総理大臣になって行政権を行使している。これはとんでもない、クレイジーなことだ」

 そのうえで、「安保法を通そうとしている人たちには正統性がない。正統性のない人たちが国会議員と名乗ってやっているのだから、話にならない。木の根が腐っている。安保法を作ろうとしている人たちはその資格をもっていないということが広がれば、この法律は止められると思う」と指摘した。

 続けて、久保利弁護士も新聞に掲載した意見広告を掲げながら、「正統性のない議員が安保法を立法するなど、狂気の沙汰。
 立法しようとする議員に正統性がないと、みなが気づけば、この法案は吹き飛ぶ。

 一発撃沈の議論だ」と強調した。

(弁護士ドットコムニュース)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR