FC2ブログ

中国が地上ミサイルで人工衛星の破壊実験を行ったことを受け、日米欧で国際規範策定急ぐ! R K's blog 2015/09/29

Richard Koshimizu's blog



 中国が地上ミサイルで人工衛星の破壊実験を行ったことを受け、日米欧で国際規範策定急ぐ!



Richard Koshimizu's blog 2015/09/29 07:04

人気ブログランキングへ

画像

 米国1%(金融ユダヤ)が旧約聖書に書いてある天変地異を人工的に引き起こそうと、宇宙空間に打ち上げた、複数の超巨大静止衛星。

 50-100mの大きさ。国籍不明。

 目的不明。この費用を捻出するために「偽の火星探査」が進行中?軍事目的に費用を転用中?

画像

 この太陽光発電衛星を利用した「マイクロ波による地上海上加熱兵器」の存在を中露に知られ、撃墜されるのを恐れたのでしょうか? 

 撃墜されたら、台風の連続発生、巨大化、進路変更、集中豪雨を作れなくなってしまう?

 日米欧の金融ユダヤ隷属国家が協議して、「衛星など宇宙物体の破壊の自制」を進めるそうです。「中露に気象改変衛星を撃墜させない」規制をつくるということですね。あはは。




 スレ違いの連投お許し下さい、金融ユダヤ製人工気象操作衛星を守れ!!、とのお達しです。

 中国が地上ミサイルで人工衛星の破壊実験を行ったことを受け、日米欧で国際規範策定急ぐ!

2015.09.29

 日米欧など109カ国の多国間交渉で協議している「宇宙活動に関する国際行動規範(ICOC)」の原案が、明らかになった。紛争防止とともに協議システムの構築や国際法にのっとった解決などを明記している。

 2007年に中国が地上ミサイルで人工衛星の破壊実験を行ったことを受け、宇宙空間での破壊行為や宇宙ごみ(スペースデブリ)の発生を抑制するため日米欧が早期策定を目指している。政府資料によると、一般原則として宇宙の平和利用を掲げ、自衛権の行使や安全上の緊急要請を例外として、衛星など宇宙物体の破壊の自制を求めている。

 違反行為や問題対処における協議メカニズムについては「直接被害を受けると信じる国による協議申し立て」や「潜在的被影響国も協議に参加する権利」を盛り込み、平和的な解決を促す。

 また、宇宙活動に関しては通報を求め、スペースデブリや衛星との衝突に関する情報共有も盛り込んだ。

 中国が衛星破壊行為を強行したことで大量発生したスペースデブリと各国の衛星との衝突は、重大な懸案となっている。

 このため日米欧は、まずは法的拘束力のない国際行動規範の策定を急ぎ、国際秩序を乱す行為を排除する必要があると判断した。

 法的拘束力のある新条約も国際行動規範の導入後に締結を目指す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000044-san-sctch

酔楽人

2015/09/29 05:15



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR