FC2ブログ

インチキ・ユネスコは解体すべき! 日本と地球の命運 2015年10月16日 

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向



 インチキ・ユネスコ解体すべき!



日本や世界や宇宙の動向 2015年10月16日17:19

 日本では、地元にお金が落ちるようにと、ユネスコ世界なんたら遺産に登録されることが世界的名誉であるかのように考えられているフシがありますが。。。

 ユネスコも国連や他の国際機関と同様に、イルミの下部組織であり、世界中の文化遺産や自然遺産などをイルミが支配、管理、そして利権を得るために彼らの権威を振りかざし各国にユネスコ登録を推し進め、ユネスコは権威ある世界的機関として世界中の人々を洗脳しているのです。
 実際は、カネと権力で汚れた腐敗組織であり、やっていることは権威を振りかざしているだけです。


 イルミの組織に騙されてはなりません。日本が少しでもイルミから遠ざかるには、腐敗したユネスコから与えられた世界なんたら詐欺遺産は全て返上しましょう。

 日本の財産や遺産は、日本が定めた国宝や天然記念物や自然保護区で十分世界的に有名になれるはずです。

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50469574.html

 日本の対応で資金難悪化も=ユネスコへの拠出見直し問題

 時事通信 10月15日(木)14時23分配信

 【パリ時事】 中国の南京事件(1937年)に関する資料の世界記憶遺産登録に反発する日本からの資金が絶たれることになれば、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が受ける打撃は大きい。

 米国は今回の問題とは関係なく以前から分担金の支払いを停止しており、ユネスコの台所事情は既に火の車。現状でも事務所閉鎖や事業中断といった経費節減策を実施中で、関係者は息を詰めて成り行きを見守っている。

 日本政府はユネスコへの資金拠出見直し検討に着手した。菅義偉官房長官は「停止を含め検討したい」と表明。記憶遺産決定過程の透明性を確保するための改革を促す。

 ユネスコでは加盟国が経済力などに応じて運営資金を負担し、2014~15年の予算総額は6億5300万ドル(約780億円)。日本は負担割合が10.8%と米国(22%)に次ぐ。14年は任意の拠出金も合わせると、42億円超を提供した。米国はユネスコがパレスチナの加入を認めたことを理由に11年から資金支出を凍結している。それ以来、日本は事実上、最大の拠出国として、ユネスコを支えている。

 米国の資金が抜けた穴は大きい。11月開催のユネスコ総会では16~17年の予算案を審議するが、関連議案には「職員研修は予定通りに実施できない」と人材育成事業などの中止や延期を説明する文言が並ぶ。9月には財務上の理由からモスクワ事務所も閉鎖に追い込まれた。資金繰りに苦しむ様子がうかがえる。

 日本が実際に資金を引き揚げた場合、世界遺産などの選定で日本が不利になるなど「有形無形の影響は避けられない」(関係者)と指摘する声もある。

 「兵糧攻め」のやり方で、果たして日本の主張に対する理解を各国から得られるのか。

 この問題に関し、ユネスコは「コメントできない」(報道担当)と言及を控えている。

ソース

時事通信http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151015-00000087-jij-int


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR