FC2ブログ

通常国会1月4日召集が意味する来夏の衆参同日選挙 新党憲法9条 2015年10月31日

天木直人のブログ


 通常国会1月4日召集が意味する来夏の衆参同日選挙



新党憲法9条 2015年10月31日

[カテゴリ] 創価不正選挙内乱罪!死刑! 一圓融合 心田開発


 臨時国会が先送りされたと思ったら、今度は通常国会1月4日の前倒しだ。

 各紙が一斉にそう書き始めた。

 そして各紙の書く通りに国会日程が決まって行っている。

 これを、臨時国会を開かなかったから、その批判をかわすために通常国会を早く開くことにした、と考えるのは大きな間違いである。

 それを発売中の週刊プレーボーイ11月9日号で池田和隆の「政界斬鉄拳」が教えてくれている。

 すなわち来年1月の通常国会冒頭で補正予算を真っ先に通し、2月にはそれを執行出来得るようにする。

 そして4月にはすでに通過済みの新年度予算が執行できる。

 かくして来年7月の参院選の前に大型予算の大盤振る舞いができるというわけだ。

 すなわち選挙対策のための臨時国会先送りであり、通常国会の前倒しであるというわけだ。

 そう思っていたら、きのう発売された情報月刊誌エルネオスが書いていた。

 いまや安倍政権は進退窮まっている。

 通常国会では安保法案の追及必至であり経済に逃げ込むとしてもアベノミクスどうにもならなくなった。

 だから、一か八かの大博打になるのを覚悟で、来夏の衆参ダブル選挙>しか選択肢がない、というのが永田町ウオッチャーの見方である、と。


 私もそう思う。

 私でもそうする。

 それほど野党は見くびられているということだ。

 来年に入れば、国民の生活などほったらかしで、政局は選挙一色になるだろう

 (了)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR