FC2ブログ

日本の製薬会社がインフルエンザの特効薬を開発! 日本と地球の命運 2015年10月30日

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向



 日本の製薬会社がインフルエンザの特効薬を開発!



日本や世界や宇宙の動向 2015年10月30日20:09

 塩野義製薬が凄い薬を開発しています。本当にすごいことです。日本の製薬会社は、ウイルスや菌をばらまき、ワクチンの押し売りをしている欧米の悪者たちから人類を救くうことをやっちゃっています。

 何しろエボラ出血熱の特効薬を開発したのも日本の製薬会社(富山化学工業)ですし。。。


 これで日本人は、悪名高いタミフルやワクチンの被害に遭わなくて済むようになるかもしれません。

 欧米の製薬会社は信用できません。何しろ、彼らはイルミの配下で金儲けと人口削減計画に寄与しているだけですから。。。

 私はインフルエンザ・ワクチンなど絶対に飲みたくありません。ワクチンには何が入っているか分かりません。

 しかも効き目はないし。。。

 ワクチン・ビジネスと言えば人口削減計画を推し進めているビル・ゲイツです。

 米研究機関は様々なウイルスや病原菌を開発し大気中にばら撒いています。同時に新しいワクチン(人々の健康を侵し早死にさせたり不妊にする)を開発して世界中に売りまくります。そうやってビル・ゲイツ達は巨額の富を得ながら多くの人々の命を奪っています。

 どのワクチンも何が含まれているか分かりません。海外では多くの子供たちが被害に遭っています。

 日本の製薬会社が安全なインフルエンザの治療薬を開発したとなればインフルエンザ・ワクチンの商売はあがったりでしょう。しかしそうなることで人の命が救われます。

 ただ、どんな薬でも身体にとっては異物ですから、私は薬を飲むときに同時に解毒作用のあるビタミンCを飲みます。

<インフル 1回投与で治療 塩野義、3年後にも新薬>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000100-san-bus_all

 塩野義製薬が開発中の世界で初めてインフルエンザウイルスの増殖を抑える効果のある飲み薬が、平成30年にも発売される見通しとなったことが30日分かった。1回の投与で1日以内に症状を抑える効果を目指して実用化に向けた臨床試験(治験)を進めており、厚生労働省も画期的な新薬候補として優先的に審査する対象に指定している。

 スイス製薬大手ロシュの「タミフル」など従来のインフルエンザ治療薬はウイルスの拡散を抑えるもので、増殖そのものを抑えることはできなかった。このため、発症後48時間以内に服用しなければ効果が得られず、タミフルの場合は5日間程度服用を続ける必要があるといった不便さがあった。

 塩野義は国内での治験を開始しており、11月以降に数百人規模の患者を対象にした第2段階の治験を行い、有効性などを確認する。

 早ければ29年にも承認申請を目指している。

 厚労省はすでにこれを画期的な新薬候補として、世界に先駆けて優れた新薬を発売するために優先的に審査する「先駆け審査指定制度」の対象に指定した。塩野義が承認申請すれば、通常1年程度かかる審査を半年程度に短縮することになり、30年にも発売される見通しだ。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR