FC2ブログ

フルフォード情報 15/11/02:『イスラエルを封鎖する国防総省とロシア軍』 不正国家イスラエルの軍隊を空海封鎖下において、高度の秘密交渉が続く 新・ほんとうがいちばん  2015/11/05 



 フルフォード情報 15/11/02:『イスラエルを封鎖する国防総省とロシア軍
 不正国家イスラエルの軍隊を空海封鎖下において、高度の秘密交渉が続く



新・ほんとうがいちばん 2015/11/05 02:43

0717.png

転載元:嗚呼、悲しいではないか!さんより

フルフォードレポート英語版(11/02)
不正国家イスラエルの軍隊を空海封鎖下において、高度の秘密交渉が続く


 不正国家イスラエルは電磁遮断領域下に置かれており、軍機は離陸できず、戦艦は港を離れることができないことを意味していると、国防総省当局者は言う。
 ラマン空軍基地から飛び立ったF16ジェット戦闘機がハロウィーンにシナイ砂漠でロシアの航空機を撃墜して224人を殺したことを米軍とロシア政府情報筋が同意したので、遮断は今、強化されている。
 「イスラエルは今、砂漠で立ち往生しており、ガザの爆撃と航空機の撃墜しかできない」と国防総省当局者は付け加えた。
 航空機の撃墜は今、ロシアが合法的にイスラエルを攻撃する道を開いたと、当局者は言う。


事件の増長が、ロスチャイルド家、中国共産党、グノーシス・イルミナティ、国防総省他の代表を白龍会に送ることを促していると、白龍会情報源は言う。本件について以下に続くが、敢えて言うなら、これらの交渉は現在進行中であり、本記事が発行されても結論には達しないであろう。

 ロスチャイルド代表が最後に白龍会へ交渉へ行ったのは、2011年3月11日の核津波テロ攻撃の直後であった。彼は首都圏から40百万人の避難を強制しようと意図した攻撃が失敗したことに驚きを表した。

 彼はまた、ロスチャイルドが支配する雑誌エコノミストの一月号の表紙の11.3と11.5の数字を持つ矢による憶測にもかかわらず、ロスチャイルドは11月3日と5日にはなんの事件も計画していないと述べた。白龍会は、それにもかかわらず、ロスチャイルドは311攻撃における役割と、その深刻な結果の面で保証を払わなければならないと述べた。


 アレクサンダー・ロマノフと言う名前のグノーシス・イルミナティの代表もまた白龍会に接触してきた。
 彼はイルミナティは11月4日に重大なテロ攻撃が計画されていると聞いていると述べた。
 ロマノフは日本が核テロで攻撃されようとしているとしている311の前に警告をした後に強制的に精神病院へ収容されていた。  新たな攻撃が最も起こりそうな場所はテキサスだと、彼は述べた。

 良い推測はテキサス州アマリロのブッシュ/ナチ核再処理工場への攻撃であると、英国MI6情報局は言う。彼はまた、これを最後にブッシュ/ナチマフィアを処刑する動きにも言及しているかもしれない。

 一方、国防総省とその機関の人々は重大な新しいテロリスト大量殺人事件は、全ての徒党代理人とその家族に対する総攻撃の兆候を示していると言う。

 一方、世界を取り巻くハザールマフィアの作戦に対して、彼らの最終的降伏と人類の自由が確保されるまで、その圧力は上昇し続ける。

 ロシアはエジプト政府から、シナイ砂漠とリビアのイスラエル傀儡軍を攻撃するためにエジプトの基地を使う許可を得ていると、彼らは言う。日本、イエメンとウクライナにおいてイスラエルとサウジが核兵器を使った報復として、イスラエルとISIS傀儡軍に対して核兵器が使われる実現実的可能性もあると、彼らは言っている。

 レバノンで、2トンのアンフェタミンとコカインを輸送しようとしてサウジの王子の逮捕は、サウジアラビアのサルマン国王によるロシア大統領ウラジミール・プーチンとCIA副長官デイビット・コーエンへの必死の電話となった。

http://nypost.com/2015/10/28/saudi-prince-busted-with-two-tons-of-isis-drug-and-cocaine-on-his-private-plane-officials/

 ISISの真のトップであると国防総省に言われているコーエンは、彼の釈放を得るためにレバノンへ飛んだが失敗した。彼はまた、シリアで捉えられたISIS軍の司令官であるイスラエルの将軍の解放にも失敗した。王子の解放の失敗は、イスラエル、サウジアラビアとカタールに対するロシア、ヒズボラ、国防総省、イラン、イラク、イエメンとそしてエジプトの幅広い同盟のモラルを高めた。


 サウジは彼らのための戦いを実行するために、コロンビア人、フランス人や他の傭兵を雇っているが、これらの軍はロシア、国防総省と同盟軍の不正政権を敗北と降伏させる力を止める事はできていない。トルコ大統領のレジェップ・エルドガンは留まりたいなら、このことを理解する必要がある。

 イスラエルを封鎖する国防総省とロシア軍は、不正政権が不法に押収した全ての国境を放棄し、侵した全ての犯罪に対して大規模補償を支払わなければならないと主張している。

 白龍会もまた、ロスチャイルド家に対して、彼らが不正な私有の中央銀行負債奴隷制度によって盗んだ全ての世界の富に関して同様なメッセージを送っている。

 欧州人は彼らの崩壊しつつある制度の支援を得る希望を中国に変えている。フランスと、ドイツと英国は皆、希望としては先週または今週に中国とのトップ会談を行いたいと思っている。

http://news.xinhuanet.com/english/2015-11/02/c_134775098.htm

 欧州は彼らの金融システムを中国元にリンクすることで、米国のFRBのハザール・マフィア支配の爆縮から自身を遠ざけることを希望している。

 中国/欧州の和解に対抗して、国防総省は中国がアジアの軍事的支配を得ないようにロシア他と共同するのに忙しい。

 この目的を達成するために、ベトナムは南シナ海における国境紛争に中国を相手にできる能力を与えるために、核兵器と高度兵器を与えられたと、国防総省情報源は言う。中国が主張する海域への米戦艦の派遣は中国周辺のアジアの国々に、ワシントンと中国の金融取引がどうであれ、彼らを守る準備ができていることを説得するための動きであったと、複数の情報源は言う。

 中国は彼らとしても、白龍会とこれらの問題を議論するために代表を送った。
 中国は歴史問題に関してハザール人を使ってアジアの近隣を戦いに操作することを止めるように言われた。中国はまた、彼らは世界唯一の超権力として米国に取って代わろうと言う野心はないと白龍会を安心させた。その代わりに、合理的に中国は世界の20%の人口を持っているので、国際機関と権力の20%の占有をすべきであると述べた。



 この会談に続いて、韓国、中国と日本によるサミットが先週韓国で行われた。そこで、日本の首相安倍晋三は平和主義者として生まれ変わったようであった。
 慰安婦、些細な島等の問題に関する長年の操作された事件や挑発は最終的に取り繕われると思われる。
 韓国大統領の朴槿恵もまた、そのような問題でハザール人によってそそのかされた日本いじめを抑えた。
 3カ国は今は未来志向で過去を振り返らないことに同意している。

 安倍と朴槿恵の突然の変化は、新統合参謀長ジョセフ・ダンフォードが韓国を訪問して、部外者によって引き起こされた些細ないざこざは止めるべきだと明確にしたことと関連がある。

 安倍の新しい口調もまた、ダンフォードが日本を訪問して、リチャード・アーミテージ、ディック・チェイニー他がここで何をしているかを、つぶさに見ることと関連している。


 国防総省情報源はアーミテージは処罰されることを約束している。

 アーミテージのアフガンにおけるヘロインビジネスは解体され続けているように、その一部はすでに始まっている。
 アフガンで爆撃された国境なき医師団がヘロインの流通センターであったことが今、明らかになるだろう。

 ロシアのタス通信ニュース社によると、国境なき医師団は彼らが麻薬取引をしているので東部ウクライナから追い出された。

http://tass.ru/en/world/831682

 リチャード・ロックフェラーの飛行機事故による殺人と思われる件は、ブッシュ・マフィアが彼の国境なき医師団を乗っ取り、前線に使おうとした動きの一環であったと思われる。

 ロックフェラー家族の情報源は、リチャードはブッシュと彼の仲間の八ザールナチがエボラ流行を引き起こそうと言う計画に警告を発しようとし殺されたと言っている。時が教えてくれる、このかって高貴な組織は闇のサイトに乗っ取られたことが今、明らかとなった。

 一方、南アメリカの情報源は、カリ市長のモーリス・アーミテージはコロンビアのコカイン生産地の中心にいると指摘している。

http://www.eltiempo.com/politica/elecciones-2015/maurice-armitage-candidato-alcaldia-de-cali/16386215

 我々は確認していないが、彼はリチャード・アーミテージに良く似ており、モーリスがコカイン部恩を扱う一方、ブッシュの麻薬ビジネスのヘロイン部門をリチャードが扱う様に、よく似ている。

 いずれにしろ、ハザール暴徒のブッシュ・ナチ派の資金源となるヘロイン、コカインとアンフェタミンマネーを断ちろうとする協調した行動がある。2tのアンフェタミンと共に逮捕されたサウジ王子の逮捕は明らかにこの例である。ジェブ・ブッシュ大統領選運動は金欠になるのは間違いがない。




 まだやるべきことは多く残っているが、世界のニュースをフォローしている誰でもが、ナチオニストが力を失っていることは否定できない。
 第二次世界大戦の隠喩を使うへば、状況は、なすべき戦いがまだ残っているがナチの敗北が避けられなくなった1944年に良く似ている。

 我々が一生懸命圧力を掛ければ、2016年までにはこれらのナチオニスト犯罪者を永久に仕上げることができる。

(転載終了)


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR