FC2ブログ

●創価学会85周年創立記念日11・18に内部分裂の「不穏な動き」 R K's blog 2015/11/11

Richard Koshimizu's blog


●創価学会85周年創立記念日11・18に内部分裂「不穏な動き」



Richard Koshimizu's blog 2015/11/11 08:43

人気ブログランキングへ

 池田センセイがホルマリン漬けなのをいいことに、四人組がセンセイのご威光を振りかざしてやりたい放題。
 「センセイのご意向」と偽って、統一教会自民党に擦り寄り、米国1%の日本略奪・戦争計画に全面協力。

 正木会長の「正論」も婦人部の安保法反対の声も無視され、池田家の嫡男も権力から排除されている。

 これでいいんですか、創価学会のまともな信者の皆さん?

 もっとも、毛沢東の4人組、悲惨な末路を迎えました。同じ結果が、谷川たちにも待っていることでしょう。

 創価学会の心ある諸君、「君側の奸」を駆除しましょう。フマキラーとかゴキブリホイホイとかあるじゃないですか。チャウシェスク式、ムッソリーニ式の処断の仕方もありますよ。情報感謝。




●創価学会85周年創立記念日11・18に内部分裂の「不穏な動き」

掲載日時 2015年11月10日 16時00分 [社会] / 掲載号 2015年11月19日号(週刊実話)

http://wjn.jp/article/detail/3752403/

(抜粋) 「ブログでは俗に“学会四人組”といわれる権力中枢を握った幹部をH、A、T、Yと書いていますが、これは原田会長ほか、秋谷栄之助五代目会長、谷川佳樹副会長、学会の弁護士グループトップの八尋頼雄氏のことです。

 一方、正木正明理事長は登場せず、次期会長レースからは完全に脱落したと読める。

 問題は、元祖、中国の四人組が『毛沢東の威光』を振りかざして暴走したように、“学会四人組”も『池田先生のご意向』を振り回しているのに、その歯止めがかからないことなのです」(学会本部関係者)

 実際、先の安保法制議論でも集団的自衛権反対派の正木理事長は、谷川副会長をはじめとする賛成派に完全に押し切られてしまった。

 「さらに注視すべきは、我々が接する情報の教義変更や安保法制に関して池田家の嫡男・博正副理事長の名前が出てこない点。

 一方で、教義変更に関する原田会長の説主旨では、『世界広布』とか『世界宗教』の言葉がくどいほど出てくる。
 つまり、まずは教義の土台を整えた上で、受け皿としての組織を作るという意図が見え隠れするのです



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR