スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIAの本拠地はスイス、同国を建国したのは近代悪魔組織の源流・テンプル騎士団? 今この時&あの日あの時 2015年11月 3日 

今この時&あの日あの時



 CIAの本拠地はスイス、同国を建国したのは近代悪魔組織の源流・テンプル騎士団



今この時&あの日あの時 2015年11月 3日 (火)

-スイスといえば、白雪をいただくアルプスと美しい湖のある国、永世中立の平和な国、アルプスの少女ハイジの国、時計など精密工業に優れた国など、どちらかというと良いイメージの国である。

 しかし今回の転載文によれば、そういう見方は暗黒勢力にとって思う壺なのらしい。

 そういえばスイス、特にジュネーヴには末尾に転載するとおり国際機関が異常に多いのである。

 首都でもない人口わずか18万人に過ぎない都市になぜこんなにも多くのイルミ国際機関が集中しているのか?

 もっと早く気がつくべきだったのだろうが、「彼ら」は気づかせないためにも世界中にスイスの好イメージを振りまいてきたわけである。分けても驚くのは、「CIAの本拠地はスイス」という今回のテーマである。

 えっ、あの“世界的広域暴力組織”の本拠地はアメリカでしょ?

 それがどうも違うらしい。CIAは戦後日本を占領したGHQの情報局が発展して出来た比較的新しい組織というのが通説である。

 ついでに裏話をすれば、その創設資金はGHQが押収した旧日本軍の退隠蔵物を本国に持ち帰って換金した(今の時価換算で50兆円)一部が当てられ(退隠蔵物隠匿取締りの日本手先が今の東京地検特捜部)、1955年の自由民主党設立は売国スパイ岸信介ら経由でさらにその一部の援助金に拠るものだった。

 しかし私たちが知るCIAは米国支局のようなもので、本拠地はあくまでもスイス、そしてその淵源は何と、今日のすべての悪魔組織の源流とされる(十字軍遠征時結成の)テンプル騎士団にまで遡り、スイス建国(1291年?)の40年後にはもう創設されていたという驚愕の話なのである。 (大場光太郎・記)-

11031

11033

 CIAの本拠地はスイス

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1925395.html
大摩邇 2015年04月01日18:17
日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51955492.html

<転載開始>
 やはり。。。。スイスが!という感じです。何しろスイスには多くの著名人、独裁者、企業家、銀行家に好かれている国です。彼らはスイスを第二の故郷にしているのでしょう。

 スイスだけがどうして戦争もなく平和であり続けるのか。。。スイスは世界で唯一の中立国として侵略されず、主権も犯されず、テロの被害にも、災害の被害にも遭っていませんし、金融危機も起きません。

 しかもヨーロッパの中心部に位置するのに。。。何の民族紛争もありません。

 また、戦前、スイスには国際連盟の本部があったようですし、戦後は国連の様々な機関がスイスに置かれています。
なぜ、このようにイルミナティの多くの機関がスイスにあるのか。。。どう見てもおかしいのです。

 そのため、スイスには何かあるなと思っていました。私は個人的にスイスはあまり好きではありません。景色も美しく、犯罪も少なく、汚染されておらず、平和的でとても素敵な国だと観光客は思うでしょう。

 でもスイスは何か近寄り難い独特の雰囲気があります。

 そのような奇妙な雰囲気がある理由は、一般のスイス人のせいではなく、スイスがイルミナティのための天国として建国されたからなのかもしれません。

 それにしても、何百年も前にCIAが結成されたことや、スイスが彼らの本拠地だった事は、本当に驚きです。

 つまりCIAはアメリカの諜報機関ではないということです。アメリカはCIAの支局が置かれている国だったのです。
CIAはまさにグローバル集団であり、NWOの象徴です。

 そういえば、数週間前に、アメリカのCIA本部が一時閉鎖されていましたが、フルフォード氏は、その理由をCIA本部が捜査され、複数のCIA職員が逮捕された、と説明していましたが。。。たとえ本当にアメリカのCIA本部が捜査されたとしてもトカゲのしっぽ切りでしかないということが、これで分かります。

 フルフォード氏の情報は50%は正しくないと言わざるを得ません。気を付ましょう。

 まあ、彼は中国大好き人間ですから。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/03/1-most-censored-story-in-the-world-10-reasons-switzerland-is-home-to-cia-central-intelligence-agency-3130940.html

(概要)
3月31日付け:

 スイスがCIAの本拠地です!

11035

11034

以下の情報は2014年12月21日に初めて出版された著書「Greenland Theory: Apocalypse Now」及び関連サイトに投稿された記事に基づくものです。ここではスイスとCIAの関係について明かされており、非常にショッキングな内容となっています。スイスに本部を置くCIAによる数世紀にも渡る世界的戦争犯罪を終わらせるために、この事実が明かされなければなりません。

 Truther.orgのデービッド・チェイサー・テイラー氏によると:

 ヨーロッパの中心に位置するスイスはCIAの本拠地です。CIAはHoly Sea=Holy C(聖なる海)という偽名の下で活動しています。CIAは、約755年前にスイス連邦(Confoederationis Helveticae )が建国されて40年後に創設されました。

 演繹的推理を基に、スイスがCIAの活動拠点であると考えられます。スイスのバーゼルにあるBIS国際決済銀行へのお金の流れを見れば分かります。この銀行は秘密裡にCIAの活動資金を供給しています。

 スイスはCIAを匿っている世界で最もユニークな国です。

 スイスとCIAは世界中で絶えず暗殺、テロ攻撃、戦争を内密に起こしています。そのため、スイスではそのような騒乱は一切起きません。。

 つまり、スイスは世界的な騒乱の嵐の目なのです。スイスは、過去500年以上、金融危機も、テロも、戦争も起きていません。結局、CIAの指揮下で活動しているテロリストらは、世界中でブラック・オペレーションを実行した後、静かで安全な逃げ込み場所に戻る必要があります。

 さらにテロリストらは、誰からも告発されないように安全な場所に逃げる必要があります。スイスは国際的にも中立的な立場をとっていますから、彼らが逃げる場所としては最適です。このような理由から、悪名高い銀行家、海賊、テンプル騎士団やオーダー・オブ・セントジョンと呼ばれるテロリスト集団などは、スイスに逃げ込むのです。

 CIAは世界各国の諜報機関や軍隊を指揮・支配しているため、彼らこそが世界的な暗殺、テロ、戦争の首謀者なのです。スイスは世界中で思うがままに政治的、軍事的作戦を行えますので、スイス・アーミー・ナイフの概念はここから由来しています。

 スイスは傭兵隊員で有名ですが、傭兵とは、CIAが暗殺やスパイ活動を実行するために、外国陸軍、政府、法廷に戦略的に配備した隊員のことをいいます。しかし99%のスイス人は彼らの国がCIAの本拠地であることを全く知りません。

 スイスがCIAの本拠地となった理由:

1. ヨーロッパの中心に位置する。
2. 世界で唯一の中立国である。
3. 世界で唯一の主権国家である。
4. オニキス・インターセプション・システムの本拠地。
5. 聖なる海(Holy See )がある→(Holy C-I-A)
6. BIS国際決済銀行がある。
7. スイスの名前はChとSuisseでありCIAとSSと同じ。
8. スイスの国家的な記念日はスパイ神殿(Temple of Spies)の記念日と同じ日である。
9. スイスは独裁者と親密な繋がりがある。(例:ヒットラー、ムッソリーニ、金正恩など)
10. スイスを建国したのはテンプル騎士団とオーダー・オブ・セントジョンである。

以下省略

人口18万人のジュネーブに国際機関が集まる理由
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20080925-90005089-r25

(転載終わり)

11037
(戦闘に向かうテンプル騎士団)

11038
(イルミナティ国際機関集中都市ジュネーヴ)


(参考-ウィキペディア)

 ジュネーヴに事務局・本部等を置いている国際機関には以下のものがある。
  • 国際連合諸機関
  • 国際連合欧州本部(旧国際連盟本部)

  • 国際連合人権高等弁務官事務所 (OHCHR)

  • 国際連合難民高等弁務官事務所 (UNHCR)

  • 国際連合貿易開発会議 (UNCTAD)

  • 国際連合エイズ合同計画 (UNAIDS)

  • 国際連合専門機関
  • 国際電気通信連合 (ITU)

  • 国際労働機関 (ILO)

  • 世界気象機関 (WMO)

  • 世界知的所有権機関 (WIPO)

  • 世界保健機関 (WHO)

  • その他の国際機関

    関連記事
    スポンサーサイト
  • コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    行雲流水

    Author:行雲流水
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。