スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 戦争で片腕を失った水木しげる先生が描いた「従軍慰安婦」。 Everyone says I love you ! 2015年11月30日 

Everyone says I love you !



 追悼 戦争で片腕を失った水木しげる先生が描いた「従軍慰安婦」



Everyone says I love you !

2015年11月30日

「従軍慰安婦」=戦時性奴隷







カランコロン漂泊記 ゲゲゲの先生大いに語る

水木 しげる(著)小学館より。



総員玉砕せよ! (講談社文庫)

水木 しげる(著)講談社

 昭和20年3月3日、南太平洋・ニューブリテン島のバイエンを死守する、日本軍将兵に残された道は何か。アメリカ軍の上陸を迎えて、500人の運命は玉砕しかないのか。聖ジョージ岬の悲劇を、自らの戦争体験に重ねて活写する。戦争の無意味さ、悲惨さを迫真のタッチで、生々しく訴える感動の長篇コミック。



水木しげるのラバウル戦記

水木 しげる(著)筑摩書房

 太平洋戦争の激戦地ラバウル。水木二等兵は、その戦闘に一兵卒として送り込まれた。彼は上官に殴られ続ける日々を、それでも楽天的な気持ちで過ごしていた。ある日、部隊は敵の奇襲にあい全滅する。彼は、九死に一生をえるが、片腕を失ってしまう。この強烈な体験が鮮明な時期に描いた絵に、後に文章を添えて完成したのが、この戦記である。終戦直後、ラバウルの原住民と交流しながら、その地で描いた貴重なデッサン二十点もあわせて公開する。



敗走記 (講談社文庫)

水木 しげる(著)講談社 戦争を生き抜いた著者がつづる生と死の物語 戦記ドキュメンタリー完全復刻!

 昭和19年、南太平洋ニューブリテン島中部、部隊は壊滅的打撃を受けたものの、ひとり生き延び、仲間の鈴木と合流することに成功する。そして断崖を通り抜け道なき道を進み、敗走を続けた。敵に追われ、飢えや渇き、暑さに苦しみながらも九死に一生を得た著者が綴る、生と死の物語。戦記漫画の傑作を6編収録。



姑娘 (講談社文庫)

水木 しげる(著)講談社

 中国侵略の途上、日本軍のある部隊が山村にいた若い美女・姑娘を発見、捕虜とする。だが姑娘と出会ってしまったことで、分隊長と上等兵の運命は予想もしなかった方向へと向かい出す(表題作)。その他、戦艦大和艦長・有賀幸作の苦悩を描いた「海の男」など4作品を収録。戦争を体験した著者が描く戦争の悲劇。

 関連記事

日本軍「従軍慰安婦」制度に対する誤解を解き、問題点をわかりやすく解説する

 ほか

「従軍慰安婦」=戦時性奴隷シリーズ


参考記事

追悼・水木しげるさん 「妖怪が身近にいた時代のほうが幸せだったと思う」

 巨星、水木しげる逝く。

 物心ついた時から、水木先生の「ゲゲゲの鬼太郎」があり、「悪魔くん」があり、「河童の三平」があり。

 5年前、大病で苦しんでいた時、朝のテレビ連続小説「ゲゲゲの女房」にどんなに癒されたことか。

 もう、自身の戦争体験から漫画を描いてくださる方はいなくなりました。

 心からご冥福をお祈り申し上げます。

 よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。