スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血小板減少って? R K's blog 2015/12/09

Richard Koshimizu's blog


 血小板減少って?



Richard Koshimizu's blog 2015/12/09 10:56
コメント 53

人気ブログランキングへ

 RKブログをご覧いただいている医療関係の皆様にご相談です。

 RKの側で働いている28歳の女性なのですが、手足に紫斑が生じ、ぶつけた訳でもないのに内出血が発生。過去に「血小板が極めて少ない。」と診断されている。白血病になりやすいとも言われた。

 従兄に二人、白血病患者がおり、一人は死亡。一人は治療で生存中。


 今回、新宿あたりの総合病院で受診。投薬で、血小板数は6万個まで上昇。(1マイクロリットル当たり。正常値は14万から44万個。)副作用が出るはずなので、投薬を中止したところ、3万個まで下落。医師は、2万個までは何とか大丈夫と言っているらしい。

 4回ほど、あらゆる検査をした。胃カメラも飲んだ。異常なし。だが、血小板減少の理由が特定できず。「脾臓が腫れている?」といった話もあったようではあるが。

 本人、もう「死ぬなら死ぬでいい。病院はいかない。」「胃カメラをもう一度飲むくらいなら死んだ方がいい。今の病院は信用していないが、ほかの病院で再度、ゼロから検査するのは死ぬより嫌だ。」とか、超然としていますが、そうもいきません。

 なにか、診察しないでもできるアドバイスはありませんか?


 明るい、気持ちのいい女性なので、何とかアシストしてあげたいので。

 よろしくご助言を。

 RK

 追伸: 実は、患者が中国人女性(カクちゃんの友達の友達)であるからか、主治医から理解できるような説明が十分なされていないという問題もあるようです。言葉の問題ですね。今度は、病院についていこうと思ってますが。

 主治医が週一しか、当該病院で診療をしないので、診察に何週間もかかって疲れ果てている面もあるみたいです。病院の診察で、一日丸ごと潰れてバイトもできないし。費用もかさむし。

 中国で診察・治療を受けると、医療費前払いだし、お医者さんにお金を個人的に積まないと、まともな医療は、なかなか受けられない。日本の健保制度と高い水準の医療を受けたいと本人も希望はしているのですが....。

 いろいろとアドバイス、ありがとうございます。いろんなご意見、それぞれ、役に立つと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。