スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家保護策を止めろと安倍首相にねじ込んでいたオバマ大統領ー(天木直人氏) ★阿修羅♪ 掲示板 

★阿修羅♪ 掲示板


 農家保護策を止めろと安倍首相にねじ込んでいオバマ大統領ー(天木直人氏)



投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 12 月 10 日 01:13
http://www.asyura2.com/15/senkyo197/msg/785.html

http://www.twitlonger.com/show/n_1so0n4k
9th Dec 2015 市村 悦延 · @hellotomhanks


 鹿児島の講演からたったいま帰ってきてこれを書いている。


 今朝(12月9日)の鹿児島の地方紙「南日本新聞」が一面トップで大きく書いていた。


 フィリピンで開かれたTPP首脳会合の直後に行われた


 安倍首相とオバマ大統領との首脳会談(11月19日)で、


 なんとオバマ大統領が安倍首相に注文をつけていたというのだ。


 つまりTPP合意によって被害を受ける畜産農家に対し収入補てんなどの保護策を講じ、


 これをTPP対策大綱に盛り込んだ安倍首相であったが、


 これが米国畜産農家の怒りと失望を買ったというのだ。


 それを見たオバマ大統領が安倍首相に対し、畜産農家保護は止めろ、


 それは非関税障壁だ、TPP合意違反だ、とねじ込んだというのだ。


 日米関係筋が8日に明らかにしたという。


 これは特大級のスクープだ。


 かつて行われたちゃぶ台返しが再び行われていたのだ。


 TPP合意など、あっさりと米国の圧力団体の一声でひっくり返されるのだ。


 報道によれば安倍首相は予想外のオバマの発言に


 怪訝そうな表情をうかべながら耳を傾けていたという。


 日本の政府筋は「大統領が一度決まった事を蒸し返すなんて前代未聞だ。


 内政干渉も甚だしい」と怒りをあらわにしたという。


 しかし、いくら怪訝な顔をしてごまかそうとしても、そして前代未聞と怒って見ても、


 米国の業界団体が怒ればどうにもならない。


  日本が譲歩するか、さもなければTPPは米国議会の承認を得られずに潰れるか、どちらかだ。


 栃木に返って下野新聞で確認したら、やはり下野新聞も、一面トップではなかったが報じられていた。


 おそらく通信社の配信に基づいたスクープだろう。


 多くの地方紙が書いていることだろう。


 ところが大手新聞は一切報じない。


 こんなことが日本国民に知れ渡れば、大筋合意は砂上の楼閣のようなものだとバレルことになる。


 厳しく追及すれば、甘利大臣の引責辞任につながりかねない醜態だ。


 だから絶対に報じないのだ。


 それにしても大手メディアの情報隠しは、もはや犯罪的だ。


 しかし、すでに地方紙が報じた。


 隠しきれるものではない。


 このちゃぶ台返しは、TPPの日本語訳が存在しない事とあいまって、


 TPPの合意そのものの正統性を根底から覆しかねない「不都合な真実」である。


 はたしてダメ野党はこの千載一遇の敵失を厳しく追及できるだろうか。

            ◇

 オバマ氏、豚肉保護の見直し要求 先月首相に異例の注文
http://373news.com/_news/compactnews.php?newsitemid=2015120801002381
2015年12月09日 南日本新聞



安倍晋三首相、オバマ米大統領(UPI=共同)


 オバマ米大統領が安倍晋三首相との11月19日の首脳会談の際、環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受けた日本の国内対策をめぐり、豚肉を扱う畜産農家保護策の見直しを働き掛けていたことが分かった。首相は明確な返答を避けた。翌20日には米農務長官も森山裕農相に同じ要求を突き付け、森山氏が拒否した。日米関係筋が8日、明らかにした。


 日米は10月のTPP合意を堅持する方針だが、日本側の国内対策変更に踏み込んだ異例の注文といえる。米側はTPPの議会承認を円滑に進めたい思惑から米豚肉業界に配慮したとみられる。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。