スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の一瞬 東郷ターン ロシア・日本戦争 *「史上稀に見る完璧なる海戦」東郷平八郎海軍大将の戦術 *英雄たちの逸話(日米海軍)The unexpected friendship of two naval heroes *日本海海戦. *紺碧の艦隊 第8話

[You-Tube動画]]



  「もう一つの日本海海戦.」英雄たちの逸話(日米海軍)


 日本に救いを求めたハワイ王国のために、東郷平八郎の乗った巡洋艦ともう一隻の軍艦をハワイに派遣したことがあります

 アルゼンチン観戦武官の記録価値の高いものと思います、これを広く国民に知ってもらいたいと思います。


運命の一瞬 東郷ターン ロシア・日本戦争 その時歴史が動いた

https://youtu.be/VYUkle-8Foo
 2015/07/01 に公開 8分36

「史上稀に見る完璧なる海戦」東郷平八郎海軍大将の戦術が世界でと語り継がれる理由とは?

https://youtu.be/VYUkle-8Foo
 2015/03/18 に公開 8分37

英雄たちの逸話(日米海軍)The unexpected friendship of two naval heroes
.
https://youtu.be/FIZHcXzoEA4
2014/03/20 に公開 4分17 

日本海海戦.

https://youtu.be/OD_5eARbxZk  
 2014/03/23 に公開 46分42

 アルゼンチン観戦武官の記録は価値の高いものと思います、これを広く国民に知ってもらいたいと思います。
 この戦いは我が国にとって文永、弘安の役以来の国難でした。これに敗れたら今日の日本はなっかたでしょうね。

 日本海海戦(にほんかいかいせん、1905年5月27日〜28日)は、日露戦争中に行­われた海戦である。
 日本以外ではこれを対馬沖海戦(つしまおきかいせん)と呼ぶ。ただ­し実際の海戦域は対馬沖に留まらず日本海広域に及ぶ。
 この海戦は日本海軍の連合艦隊と、ロシア海軍の第2・第3太平洋艦隊との間で戦われた­。
 日本海軍連合艦隊は連合艦隊司令長官東郷平八郎の指揮下で、ロシア海軍両艦隊を撃滅­し戦力の大半を失わせたが、日本海軍連合艦隊の損失は軽微という海戦史上まれな一方的­勝利となった。
 これにより両国間のポーツマス講和会議への道を開いた。当時、世界最大­の軍事力を有していたロシア帝国の敗北は世界を驚愕させた。
 なお日本では上記のロシア­海軍両艦隊を指して「バルチック艦隊」と呼ぶことが定着しており本稿でもこの呼び名を­用いる。

 明治の人は、偉かった。一所懸命に相手に向かっていく姿を何故、昭和のお偉いさんは学ばなかったのかな?
 戦略、戦術ともお粗末。気合いだけでは相手に勝てないことは、子供でも分かることなのに!! 
 今の阿部さんも学んでいないようだけど、戦争したいならまず率先垂範して自分がヤルベキ。

紺碧の艦隊 第8話 - Konpeki no kantai Episode 8 HQ

https://youtu.be/purjq4KLmAU
 40分41 


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。