スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の姿がまったく見えないまま終わったCOP21 新党憲法9条 2015年12月13日

天木直人のブログ


 日本の姿がまったく見えないまま終わったCOP21



新党憲法9条 2015年12月13日

 きょう12月13日の各紙がCOP21会議の合意成立を報じている。

 一言で言えば先進国と開発途上国の妥協がはかられたという事だ。

 温室効果ガス削減の責任を先進国だけでなく開発途上国にも共有させる見返りに、開発途上国に対する援助を増やすというわけだ。

 しかし、いずれも明確な数値義務はない。

 どちらかといえば先進国側が押し切った印象を受けるのは私一人だろうか。

 しかし、私がここで言いたい事はその事ではない。

 COP21の報道の中で日本の姿がどこにも見えないことだ。


 前回(1997年)の世界会議は日本が議長国だった。

 その時合意された京都議定書の意義が、いまでも京都府庁の前に高らかに掲げられている。

 その京都議定書が、今度のあらたな「枠組み合意」にとってかわられるというのに日本の姿がない。。

 しかも、安倍首相がわざわざ出向いて行って、途上国援助をぶち上げたというのにそれでおわりだ。

 日本が取りまとめに動いたという報道は皆無だ。


 インドの強硬姿勢が合意を遅らせたという報道がなされたが訪印中の安倍首相がモディ首相と話し合ったという報道はない。

 そのかわり、今度の会議で報道されたのは米中の協調ぶりだ。

 合意直前の12月11日に、習近平主席とオバマ大統領は電話会談している。

 習近平主席が「中国と米国は各国に協調を求め、共に努力して会議の合意を達成しなければならない」と言えば、オバマ大統領は「米国は中国と協力を深めて会議の成功を推進する」と応えたという(12月12日東京)

 そしてきょう12月13日の読売新聞は大きく書いている。

 「遺産」づくりのためにオバマは中国と水面下で交渉したと。

 中国の海洋進出、サイバー攻撃、人権問題などをめぐる対立をいったん脇においての合意だったと。

 そして読売新聞のその記事は、今度の合意を祝福するどころか、水をさしている。

 「米中両国が温室効果ガス削減の取り組みを約束する初の枠組みとなるが、実際に機能するかどうかは、2大排出国である米中の今後の行動にかかっている」と。

 これが京都議定書を作った前回の議長国日本の18年ぶりの姿である。

 会議の後、日本のテレビの前で、環境大臣が語った一言は、意義ある合意だというひとことだけだ。

 悲し過ぎる

(了)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。