スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所得別の栄養調査をした厚生労働省のコメントが、18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットの言葉とされる「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」に通じるインパクトがあると、ネット上で話題になっている。

真ニュース速報



 所得別の栄養調査をした厚生労働省のコメントが、18世紀のフランス王妃マリー・アントワネットの言葉とされる「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」に通じるインパクトがあると、ネット上で話題になっている。



真ニュース速報  2015/12/14

■低所得者ほど栄養バランスが穀物に偏る傾向

 厚労省は12月9日、2014年の国民健康・栄養調査を発表した。所得別に栄養状態を分析したところ、所得が低い家庭は、高い家庭に比べて食事が米やパンなどの穀物に偏っていて、栄養バランスが欠けている傾向が出ていた。

 時事ドットコムによると、今回の調査は2014年11月に実施した。全国約3600世帯の回答を元に集計したもので。食べている品目を詳しく尋ねて、所得と食生活の関係を調べたのは初めてだという。

 米やパン、麺など穀類の1日当たり平均摂取量は、世帯所得が600万円以上の男性は494グラムだったのに対し、200万~600万円未満は520グラム、200万円未満は535グラムだった。女性もそれぞれ352グラム、359グラム、372グラムで低所得ほど多かった

 一方で、野菜の摂取量は所得600万円以上は男性322グラム、女性313グラムだったが、200万円未満では男性253グラム、女性271グラムだった。肉の摂取量も低所得ほど少なかった。

■厚労省のコメントとは?

NHKニュースでは、今回の統計について厚生労働省のコメントを以下のように報じている。

厚生労働省は「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい」と話しています。

所得低いほど栄養バランスよい食事取れず NHKニュース 2015/12/13 04:39)

 このコメントが、ネット上で非常に話題になっている。マリー・アントワネットの言葉として伝わる「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」というフレーズを例に出して、「200年ぶり更新するすごい名言」などと評する声が挙がっている。







【※】「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」という言葉は、実際にはマリー・アントワネットが発言したことを示す記録はなく、後世の捏造という可能性が高くなっています。

【関連記事】

  • ネットをやりすぎると肥満で高血圧に?(調査結果) | TechCrunch Japan


  • 孤独は肥満より健康に悪い(大西睦子) | ロバスト・ヘルス


  • 肥満大国アメリカでヘルシー弁当を売り、世界の飢餓を救うということ 東京の内科医・関由佳さん


  • 関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    行雲流水

    Author:行雲流水
    FC2ブログへようこそ!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。