スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルガーガー米国1%ユダヤ保険が、本社機能を札幌に移転。 R K's blog 2015/12/13

Richard Koshimizu's blog


 アヒルガーガー米国1%ユダヤ保険が、本社機能を札幌に移転



Richard Koshimizu's blog 2015/12/13 15:05
コメント 24

人気ブログランキングへ

 アヒルガーガー米国1%ユダヤ保険が、本社機能を札幌に移転。

 米国1%が、2016年4月以降に、東京で人工大地震を計画しているということですね。わかりました。

 東京湾のベクテル島のあたりの海底は粘土質で、大地震を起こし憎いと思うのですが、新しい手口でも開発しましたか、マイケル・グリーンさん?

 ま、どうせまた失敗するでしょう。せいぜい震度5強。棚の上のアポロ11号の模型が地べたに落ちるくらいの軽微な被害でしょう。情報感謝。


 アメリカンファミリー生命保険(アフラック)は9日、来年4月に日本の東京本社機能の一部を札幌市に移転すると発表した。
 東京で大地震が起きた場合などに事業を続けやすくするため。

 移転するのはITシステム開発の業務。現在は東京都府中市に集中しており、一部を札幌市に移して災害リスクを分散させる。

 移転当初の人員規模は20人程度で、2017年12月までに約100人に増やす。100人のうち60~70人は札幌市で採用する予定という。

 記者会見したアフラックの山内裕司社長は「札幌市は自然災害が少ないだけでなく、有望な人材が豊富にいるため移転を決めた」と説明した。

 会見に同席した北海道の高橋はるみ知事は「新たな雇用につながると期待している」と歓迎。札幌市の秋元克広市長も「札幌市は教育機関が多く、企業は若く優秀な技術者を確保できる」と強調した。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。